赤ちゃんと旅行で移動する際、どんな乗り物を利用しますか?ご家庭の自動車なら、何処へも制約なく移動できますが、公共交通機関となると、ちょっと気を付けたいもの。そこで、赤ちゃん、幼児が公共交通機関を利用する際の料金をまとめました。

電車や飛行機で赤ちゃんと旅行へ行く方法

akachan
赤ちゃんと旅行する際の料金はどれくらいになるのでしょうか。チェックしてみましょう。

赤ちゃんと電車で旅行

shinkansen

●鉄道(JRの場合)

大人と子供の区分についてまとめますと、以下になります。国内の鉄道会社は、これに準じます。

年齢 電車のルール
おとな 12歳以上(小学生までは、こども扱い)
こども 6歳から12歳未満(小学校入学前の6歳は、幼児扱い)
幼児 1歳から6歳未満
乳児 1歳未満

幼児、乳児は、運賃は、無料ですが、以下の場合、別途料金が必要になります。

  • ”おとな”、”こども”1人に同伴できる人数は、2人までです。そのため、同伴の3人目から子供料金が必要です。
  • 乳児、幼児が一人で、指定席や、グリーン車を利用する場合。
  • 幼児が一人で旅行する場合
  • ●鉄道(関東の私鉄・地下鉄の場合)

    JRと同様です。特急列車に特急券を購入して乗車する場合(座席を必要とする場合)、こども運賃が必要です。

    赤ちゃんと飛行機で旅行

    hikouki

    ●航空機(ANAの場合)

    年齢 搭乗ルール
    生後8日未満 ご搭乗できません。
    生後8日~2歳未満 ご同伴者の座席でご一緒に座ることができます。この場合、幼児運賃です。 お一人で座ることができますが、ベルト着用サイン点灯中は、同伴者の膝の上での一緒にお座りになります。ANAでは、チャイルドシートは、貸出していませんので、ご自分で準備が必要です。この場合、小児運賃です。大人1人につき、子供2人まで同伴可能です。
    2歳~12歳未満 同伴者と一緒なら、お一人でお座りできます。この場合、小児運賃です。
    5歳~12歳未満 同伴者がいないで、お一人での搭乗の場合、大人運賃です。この場合、キッズらくのりサービスのご利用ができます。

    ※大人1人で、かつ3歳未満のお子様を1名以上で搭乗する場合、”エアーポートサポート”というサービスで、搭乗ゲートまで、搭乗のお手伝いをいてもらえます。このサービスは、電話で出発72時間前までに予約が必要です。
    ※小児料金は、大人運賃の75%、幼児運賃は、大人運賃の10%です。2歳前後でご旅行を計画されている場合、2歳未満なら、ちょっとお得に旅行できますよ。

    赤ちゃんを連れての搭乗の場合、チェックイン時に申し出れば、ベビーカーの貸し出しができます。カウンターから、登場口までで、機内では、持ち込みできません。ただし、事前予約ができないし、用意していない空港もあります。

    ●航空機(JALの場合)

    年齢 搭乗のルール
    生後8日未満 ご搭乗できません。
    生後8日~2歳 ご同伴者の座席でご一緒に座ることができます。この場合、幼児運賃です。お一人で座ることができますが、ベルト着用サイン点灯中は、同伴者の膝の上での一緒にお座りになります。チャイルドシートを使用しての搭乗になります。この場合、小児運賃です。
    満3歳~5歳 同伴者と一緒なら、お一人でお座りできます。この場合、小児運賃です。
    満6歳~7歳 同伴者なしでも登場できます。この場合、小児運賃です。この場合、キッズおでかけサポートのご利用が必要です。
    満8歳~11歳 同伴者なしでも登場できます。この場合、小児運賃です。この場合、キッズおでかけサポートのご利用は、希望により受けられます。

    座席を利用しない満3歳未満の幼児(赤ちゃん)の場合、大人1人につき、子供1人の同伴は可能です。座席を利用する満3歳未満の幼児(赤ちゃん)の場合、小児運賃です。
    ※キッズおでかけサポートのご利用は、1区間につき1枚のキッズおでかけサポート申込書が必要です。

    赤ちゃんとバスで旅行

    bus

    ●バスの場合(都バスの場合)

    大人に同伴する6歳未満の小児は、2名まで無料です。3人目からと幼児のみでの乗車は、小児運賃が必要です。

    ●バスの場合(JR関東:高速バスの場合)

    年齢 バスのルール
    おとな 12歳以上(小学生までは、こども扱い)
    こども 6歳から12歳未満(小学校入学前の6歳は、幼児扱い)
    幼児 1歳から6歳未満
    乳児 1歳未満

    乳児は、無料ですが、座席を必要とする場合は、こども料金が必要です。大人に同伴する6歳未満の小児は、1名まで無料です。2人目からこども運賃が必要です。こども運賃は、おとな運賃の半額。10円未満は、切り上げで計算。

    赤ちゃんと旅行、その他

    fune

    ●タクシーの場合

    定員数が、こども3人で、おとな2人で計算して、定員数を超えなければ乗車できます。赤ちゃんも、こどもとして計算されます。車でのチャイルドシートの義務化とされていますが、タクシー、バス乗車時の使用は免除されます。(道路交通法施行令 -第26条の3の2第3項第6号-)

    ●船の場合(フェリーさんふらわあ の場合)

    年齢 フェリーのルール
    大人 中学生以上
    小児(小人) 小学生以上
    幼児 1歳以上で小学校入学前。大人1人につき、幼児1名分が無料で、2人目から小人運賃が必要です。

    乳児、幼児にとって公共交通での移動は、初めてのわくわく感と、ドキドキ感があると思われます。赤ちゃんと一緒での移動は、たくさんの荷物もあることで、慌てることが無いように余裕を持った行動をとるようにしてください。ご両親も赤ちゃんも、疲れが出ないように計画・準備して、楽しい旅にしてください。

    移動手段だけではなく、宿泊先やその他注意点などであれば、こちらもチェックしてみてくださいね。→赤ちゃんとの旅行のコツ!ホテル選びなど

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    ▲ このページのトップに戻る

    by
    カテゴリ:旅行のハウツー タグ:

    お店・スポットへ応援コメントお願いします。

    ニックネーム

    年代

    性別

    アイコンを選択

    メッセージ