虎穴 (フーシュエ):昼は担々麺、夜はおまかせ中華料理が楽しめるお店

  • 中華料理
  • 住所:東京都中央区東日本橋3-5-16 仙石ビル 1F

「虎穴 (フーシュエ)」は、都営新宿線馬喰横山駅A3出口徒歩1分、都営浅草線東日本橋駅B2出口徒歩2分、スタイリッシュな外観が目を惹くお店です。

このあたりは、洋服の問屋街のすぐ近く。繁華街などはありませんが、小さなお店が多く、街歩きをしながらお店を発見するのも楽しいエリアです。

こちらのお店は、東日本橋エリアで担々麺が有名なお店として人気があり、11時半の開店とともに多くに人が訪れ、ウェイティングも出る人気ぶり。ランチタイムには濃厚でクリーミーな担々麺と辛味がピリリときいた汁なし担々麺、さらに辛い麻辣麺3種類の麺メニューが注文できます。
fushe1

こちらは汁ありの坦々麺。ラー油と、スパイスの香りが食欲をそそります。

夜は創作中華料理。素材の1つ1つにこだわったお料理は遊び心もあり、ワインなどお酒もすすむ味わいです。コース料理とアラカルトがあります。

数日前から予約でいただけるコース料理は予約がはいってから食材と仕入れるため、普通のお店ではいただけない料理がいただけたり、本場の味が楽しめます。麻婆豆腐やよだれ鶏など中華料理の定番メニューをはじめ『北海道鰯と白レバー』、『鮎のパートフィロ春巻』など創作系メニューなど、出てくる料理の1つ1つにワクワクしてしまうようなコースです。

アラカルトももちろんおすすめ。

前菜、本日の特選食材、野菜料理、虎穴定番料理、デザート、お食事とあり、それぞれ季節やそのときの食材によって内容は変わります。

まず頼んだのは「鮎の春巻き」。

夏の魚、鮎。日本食ではよく頂きますが、中華に、しかも春巻きに使うのですね!野菜の食感とフワッとした鮎、パリッパリの春巻きがたまりません。

fushe3

続いて、ハチノスの麻辣醤和え。お手製のラー油、そしてプリプリとしたシンプルなハチノスがたまりません。

fushe2

おもしろいメニューというか、食材が多くて色々頼みたくなってしまったのですが、続いて頼んだのは「へちま」。人生で初めていただきましたが、柔らかく煮込まれたへちまは食感もおもしろく、自然味溢れる味。

fushe4

続いて特選食材から、すっぽん料理を注文です。すっぽんと言えば日本でいうと鍋で頂くくらいでしょうか。中華風に調理されたすっぽんは、身の味もしっかりあり臭みもなく、本当に美味!
fushe6

そしてこちらは鰻。鰻も日本の丼ものや白焼きとかしか頂いたことがなかったのですが、中華風の鰻の美味しいこと。

fushe7

最後は杏仁豆腐。市販の杏仁豆腐の味が浮かぶ方は、きっとこちらを食べたら笑みがこぼれるでしょう。杏仁豆腐とは杏(アンズ)の種の中にある仁と言う種子をつかったもの。本物の杏仁豆腐をいただくと、市販の杏仁は食べれなくなるかもしれません。

fushe8

予約させていただいた際、お店の方はお1人で営業されているので、お料理にお時間がかかったり、飲み物の提供が遅かったりするということを伝えていただいたのですが、決してそんなことはなくちょうど良いスピードでお料理も飲み物も提供うただきました。もちろん忙しいタイミングがあると思いますので、ゆっくりと食事を楽しむことが出来る人やタイミングで伺ったほうが良いでしょう。

お料理はもちろん、ドリンクも紹興酒や紹興酒を使ったハイボールなどお店自慢の料理に合うアルコールメニューが取り揃えられておりますので、お腹をすかせてたくさん飲んで、お料理を楽しみたいですね!

中華料理というと餃子やショウロンポウ、マーボー豆腐など定番料理ばかりが浮かびますが、こういった美味しいこだわりの中華を頂くのも楽しいもの。こちらは馬喰町ですが、浅草にも美味しい中華料理のお店がたくさん。街の中華から、高級中華まで、色々な中華をめぐってみましょう。

スポンサーリンク

店名 虎穴(フーシュエ)
住所 〒103-0004 東京都中央区東日本橋3丁目5−16

スポンサーリンク

by
カテゴリ:飲み屋 タグ:

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択

メッセージ