「浅草観光のオトモ」へようこそ

浅草専門の観光情報サイト「浅草観光のオトモ」へようこそ。
浅草観光ってどんなイメージですか?家族や恋人、友人等、様々なシチュエーションの方がいると思われます。

台東区の調査結果によると浅草観光の平均滞在時間は3時間と言われています。あくまで平均ですから、極端に短い人も長い人も含んでいます。

この3時間という数字どうお感じでしょうか?私達が、客人を浅草に案内する時などは、意外と浅草って狭いねと言われます。そう、この3時間という数字も浅草のメジャーな観光スポットだけを巡った場合に必要になる時間といったところです。
気合を入れて、朝一から出かけようものならお昼には一通り完了してしまうのですね。
※午前中は浅草、午後はスカイツリーや上野エリアへ行くというコースも勿論ありです。

ただ、これでは浅草を100%堪能できたとは言えません。せっかくの休日を浅草観光に使うわけです。遠方よりお越しになる方も多いと思います。この1日、1回はどうせなら満足のできる観光にしてもらいたいと思います。

観光客であれば必ず雷門から仲見世を通り、浅草寺への参拝は行うはずです。
ただ、いつでも人混み。お正月やGW、連休の時などはだいぶゆっくりでないと前に進めない程です。参拝が終わる頃には結構疲れているはずです。そこから次にどうしようかと考えても良いですが、事前に計画があると素敵ですよね。

ここは立ち寄ってほしい、ここは見て欲しい、食べて欲しいというスポット、コンテンツを中心に紹介していきますので是非、お役立てください。

スポンサーリンク

浅草観光カテゴリー別おすすめ

浅草観光するなら食べたい食事・カフェ・スイーツ

浅草観光の楽みの1つが食事でしょう。
基本はその時に食べたいものを選べば良いと思いますが、やはり有名店はどこもお客さんで一杯になります。
朝ごはん、ランチ、ディナーから、ちょっとした食べ歩き、休憩でおすすめのカフェやスイーツまで、浅草のおすすめフードを紹介しています。定番の食事から、地元の人しか知らないようなお店までありますので、チェックしてみてくださいね。

浅草朝ごはん

朝ご飯、モーニングが食べられる喫茶店、カフェ、お店の紹介です。昔ながらの喫茶店から最新のカフェ、定食まで、朝の時間を楽しみましょう。

浅草ランチ

浅草でランチを食べたい方におすすめのお店を一覧で紹介します。有名店からガイドブックに乗っていない地元に愛されるお店まで様々!

食べ歩き

浅草を観光しながらの食べ歩きや、テイクアウトのおすすめなお店を一覧で紹介。老舗から新店まで気になるお店に行ってみましょう。

浅草食事

浅草は観光地価格のお店も多い反面、美味しくてリーズナブルな食事もたくさん!500円ランチや1,000以下の美味しい食事を紹介です。

浅草昼飲み

都内の昼飲みスポットと言えば浅草でしょう。昼から開いているお店も多く、土日には多くの人が飲んでます。そんな昼飲み出来るおすすめのお店紹介です。

浅草スイーツ

女性にも男性にも人気のスイーツ!浅草は和菓子も洋菓子もなかなか種類が豊富です。老舗から新しい美味しいショップまでおすすめのスイーツを紹介です。

浅草居酒屋

浅草でチェーン店は行きたくない!浅草らしい居酒屋やお店で飲みたい!という方はこちらを参考にどうぞ。

洋食オススメ

昔の「ハイカラ」な町であった浅草は、その名残か洋食屋が多くあります。ハンバーグやシチューなど、こだわりの洋食をいただきましょう。

浅草お寿司オススメ

浅草には寿司屋通りという通りがあるほどお寿司屋さんが豊富。しっかり食べたい、老舗に行きたい、安ウマなどお好みで選びましょう。知っているのと大きな差の出るポイントです。

蕎麦オススメ

浅草と言えば美味しいおそば屋さんが多いことでも有名です。老舗の蕎麦屋から、最新の人気蕎麦屋まで、おすすめのお蕎麦屋さんの一覧です。

浅草もんじゃ

もんじゃ焼きと言えば下町のソウルフードです。地元の人が行くお店も多く、月島と比べてもリーズナブルな気がします。

浅草ラーメン

ラーメンの隠れた激戦区である浅草。最近は新店もオープンしており、味もボリュームも様々なラーメン屋から選べます。

浅草うなぎ

浅草は美味しい鰻屋さんがたくさんあります。リーズナブルで美味しい鰻や、老舗など様々。土日は混み合いますので色々事前に吟味しましょう。

浅草バー

夜の浅草で一杯飲みたい時便利なバー。初心者にも行きやすいバーから、オーセンティックなバー、夜景の綺麗なバーまで、おすすめを紹介です。

浅草珈琲

浅草で一休みにぴったりなコーヒー。老舗の喫茶店はもちろん実は新鋭のコーヒー屋さんやカフェも多いので巡ってみるのも楽しいですよ。


スポンサーリンク

浅草観光の定番!お寺・神社・公園など見る遊ぶ

浅草観光に来たのに仲見世を通って浅草寺でお参りだけではちょっと寂しいですよね。
時期によってはお祭りやイベントもあります。そのシーズン以外にも足を伸ばしてみると良い神社や伝統芸能スポットなどもあります。せっかくの浅草ですから他のエリアでは楽しめない事を楽しんでみると良いでしょう。浅草に来たら必ず立ち寄るであろう浅草寺からその他神社や歴史的建造物、また公園や、お笑いなど、見る・遊ぶ関連はこちらをどうぞ。

浅草寺情報

浅草寺にただ行くだけでも楽しいですが、予備知識や豆知識を持っているとさらに楽しいですよ!歴史やおみくじ、ご利益などを紹介しています。

浅草お笑い

浅草は昔ながらのお笑いや演芸のメッカ。昔から続く演芸場や、新しいお笑いシアターなどが豊富にあります。リーズナブルに楽しめるのが嬉しいですね。

浅草デート

デートで来ても楽しみやすい浅草。おすすめの場所やコースの紹介です。朝から夜まで、小さく見えて実は1日中過ごせる観光地ですよ。

浅草マッサージ店

見て遊んで疲れた!という方はマッサージでほっこりしてみてはいかがでしょうか。浅草観光のオトモ編集部も散々お世話になってるマッサージ屋紹介です。

お祭りイベント

三社祭やサンバカーニバルなど、年中お祭りやイベントでにぎわう浅草。毎年開催されるおすすめイベントを一覧で紹介します。


浅草観光のお土産に雑貨洋服和服

浅草観光に行ったらお土産の購入は必須でしょう。自分達への記念や職場や友人へのお土産も必要になると思います。
お土産を購入できるお店は沢山あります。ただ、どれを買うか迷ってしまうのも観光にはつきものです。吟味する時間もまた楽しいですが、滞在できる貴重な時間をムダにしてします事もあります。
事前にある程度、目星をつけておくとお店まわりもスムーズになると思いますし、お土産を渡した相手にも喜ばれるはずです。ザ・浅草土産といったものから、日常使いできるお洒落なグッズまで幅広く見つけておくと良いでしょう。
貰って嬉しいお土産や、おすすめの雑貨、着物のレンタルなどはこちらをどうぞ。

浅草土産

浅草にはお土産屋さんがたくさん!食べ物や小物などの種類、あげる人に合わせて、おすすめなお土産を紹介します。

和菓子おすすめ

日本らしい風景が広がる浅草。やはり和菓子がとっても似合います。老舗の和菓子や、気軽に食べ歩ける和菓子など、おすすめを紹介します!

着物レンタル

夏は浴衣、冬は着物での観光を楽しむ方も多い浅草。持っていない、家から来てくるのは大変という方は、浅草でレンタル&着付けがオススメ!


浅草に行くなら知っておきたい宿泊交通旅行観光情報など

浅草に安く泊まりたい、便利な交通方法を知りたい、観光や旅行に便利な情報などを紹介します。浅草に宿泊予定の方はチェックしてみると良いでしょう。

浅草ビューホテル

浅草にあるホテルの顔と言ってもよい浅草ビューホテル。宿泊のみならず、最近はバイキングでも非常に人気です。

浅草ゲストハウス

徐々に増えていっているゲストハウス。相部屋などで安く泊まれる便利なホテルです。安く旅行したい!海外の方と接点を持ちたいなどを求めている方に是非。

浅草ビジネスホテル

出張でこのあたりに泊まるなら、ビジネスホテルが良いでしょう。安く泊まれるホテルやカプセルホテルなどもあります。


おすすめの浅草観光スポット情報

次は浅草観光のおすすめスポットを紹介していきます。浅草には本当に沢山のお店が並んでいます。すべてが浅草ならではですし、どこも賑わっていますが、ある程度目的を決めて巡っていくと満足度の高い浅草観光にすることができます。
どんな1日にしたいのかイメージしながら下のおすすめスポットを見ていくと良いと思います。

  • 浅草に初めて旅行で行く
  • 東京旅行で立ち寄るので定番の場所を知りたい
  • ツアーで時間がないので重要な場所だけ抑えたい

そんな方はまずこちらでチェックしてみてください。

浅草らしくテイクアウトや食べ歩きを楽しむ

浅草で食べ歩きなら!浅草寺前に九重の揚げ饅頭。

浅草寺に行く途中必ず買ってしまうもの、それが九重の揚げ饅頭です。饅頭を油で揚げたシンプルなおやつなのですが、中のアンのバラエティー豊富さ、サクッとした食感、揚げたて温かさ、食事を邪魔しないちょうど良い大きさ、120円という気兼ねない値段。まさにちょうど良い!食べ歩きスイーツです。色々味がありますので、まずはシンプルなこしあんの揚げ饅頭を食べ、次は好きな味を行ってみると良いでしょう。黒ごま、抹茶、胡麻とサツマイモ、かぼちゃ、カスタード、桜餡、もんじゃなど色々ありますのでいつ来ても新鮮に食べられますね!

テイクアウトにおすすめ!九重の揚げまんじゅう。

テイクアウトランチならキングステーブルヒレカツサンド

浅草駅からだと1.4kmほど歩きます。お店の名前はキングステーブル。こんなにおいしいサンドウィッチなかなかありません。折角、浅草観光に来たのにサンドウィッチかよって思うかもしれませんが、後悔しないだけのクオリティです。
また、浅草エリアは飲食店は数多くあるのですが、昼時になるとどこも待ち時間が長くなります。計画的に観光しているのであれば問題ないのですが、お昼難民になってしまったなんて場合は今いる場所をチェックしてキングステーブルさんが近いのであればチョイスしてみも良いでしょう。さくっと食べて観光を楽しむ時間を確保できますしね!

大正3年創業のキングステーブルで肉々しいヒレカツサンドを喰らう!!

浅草寺周辺で食べ歩きなら「浅草メンチ」がおすすめ!

メンチカツは170円ほどで、いろいろ食べたい浅草の食べ歩き中には嬉しい小ぶりなサイズ。しかし、小さいながらもしっかりと厚みがあるので、ずっしりしています。まず驚くのはそのあふれる肉汁!!!!
肉汁がたれて洋服が汚れてしまった…なんて人もよくいるそうなので、食べるときは細心の注意を払うようにしましょう!

浅草寺周辺で食べ歩きなら「浅草メンチ」がおすすめ!

「縁」の美味しい唐揚げを食べ歩きやテイクアウトで!

この唐揚げ縁、実はフランチャイズ展開もやっているので中野や三軒茶屋にもあります。しかし、「なんだチェーン店かよ」と思わないでください。この浅草が最初のお店であり、あまりに美味しいのでフランチャイズの問合わせが絶えない状態になったのだとか。
食べ歩きの場合は紙袋に入れ、楊枝をつけてくれます。個人的におすすめはカリッともも!ニンニクダレがかかったものも美味しいのすが、このカリカリ感を味わうなら、何もかかっていないカリッとももが1番です。

「縁」の美味しい唐揚げを食べ歩きやテイクアウトで!

浅草で和菓子の食べ歩き!きびだんごの「あづま」

仲店通りでも、いくつか食べ歩きが出来るお店があるのですが、甘いものが食べたくなったら、断然「あづまのきびだんご」でしょう。
きびだんごと言えば桃太郎のお腰につけた、あのきびだんご。実は江戸時代にはこのきびだんごが食べられていたようで、それが現代でも食べられるというお店です。

浅草で和菓子の食べ歩き!きびだんごの「あづま」

たい焼き「写楽」で薄皮のあんこたっぷりたい焼きを。

写楽

浅草でおすすめの食べ歩きグルメにたい焼きはいかがでしょう。言問通り沿いにある『たい焼き 写楽』では尻尾まで粒あんがたっぷり詰まった薄皮のたい焼きが購入できます。こちらのお店はテレビ番組にも取りあげられた浅草の有名店です。店頭にはその季節に使う小豆の産地や種類も表示されていて安心感も持てます。
看板メニューのたい焼きは、食べてみるとパリパリ食感の香ばしい皮とあんこの程よい甘さが絶妙な塩梅。たい焼きのほかにも小豆たっぷりの白玉ぜんざい、夏には米粉生地のもなかを使ったもなかアイス、変わり種メニューとして白玉委入りのシェイクなど色々な小豆スイーツも楽しめます。

ぎっしりあんこの美味しい鯛焼きを!

伊太利亜のじぇらぁとや

伊太利亜

浅草駅からすぐ、かんのん通りにある「伊太利亜のじぇらぁとや」。こちらのお店ではカフェオレやチョコチップなどのメニューに加え、きなこ、抹茶など和風のジェラートなどが20種類以上のフレーバーが販売されています。アイスクリームよりカロリーが低いと言われるジェラートですが、さらに豆乳ベースや野菜を使ったフレーバーもありヘルシー志向の方にもおすすめ。
店頭のショーケースには色とりどりのジェラートが並び、どれを選ぼうか迷ってしまいそうですが、小サイズは2種類、大サイズは3種類まで選べるので色々な味が手軽に楽しめます。期間限定商品もありますので、浅草観光はもちろん浅草駅を利用される際にはぜひ足を運んでみてください。

浅草の美味しいアイスを制覇しよう!

サクっと食感がたまらない!「花月堂」のメロンパン。

浅草寺近くにある「花月堂」は『元祖ジャンボめろんぱん』の看板が目印の甘味店です。店内に入るとレトロな家電や看板などもありとても懐かしい雰囲気。カウンター越しの棚にずらっと並べられた発酵中のメロンパンは圧巻です。1日3000個も売れる人気の『ジャンボめろんぱん』は、外側のクッキー生地がサクサクで内側はしっとりしている懐かしい味わいのメロンパンです。
夏にはメロンパンにアイスをサンドした限定品も登場。店内ではパンとよくあう牛乳なども販売されています。そのほかかき氷や20種類近いバリエーションが楽しめるソフトクリームなどもありますので、浅草観光の休憩がてら立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

食べ歩きなら浅草花月堂のメロンパン!

揚げたてジューシー!「豊福」のカレーパンを食べ歩き!

浅草の新名物になりそうなのが「豊福」のカレーパンです。定番は黒毛和牛を使用した甘口のオリジナルカレーパン。数量限定で辛口のスパイシーカレーパンもあります。定番の甘口カレーパンは甘いだけでなく濃厚でしっかりとした味わい。辛口は、はじめ甘めで後からスパイシーさがくる欧風カレーティストで食べているうちに口の中がひりひりしてくるかも。どちらのカレーも肉がゴロゴロ入っていて食べ応えがあり、揚げパンならではのさっくりもちもちのパン生地とのハーモニーがたまりません。
こちらのお店は店頭販売のみとなっており、熱々のカレーパンを購入することが可能です。ぜひ揚げたてを食べながら浅草の町をゆっくり散策してみてはいかがでしょうか。

国産黒毛和牛で作った無添加人気のカレーパンを浅草で食べ歩き!

「入山せんべい」で1つ1つ手焼の出来立て煎餅を

入山煎餅

雷門通りから少し入った場所にある「入山煎餅」は創業当時の面影を残す下町の煎餅やさんの雰囲気。そして店内に右側には煎餅の焼き場があり職人さんが炭火を使い1枚1枚丁寧に煎餅を焼き上げている姿も見学できます。
こちらで販売されている煎餅は堅焼きの醤油煎餅のみ。煎餅の焼き時間は決まっていて、時間になると職人の手によって焼かれた煎餅がある程度の枚数揃ったところで、販売開始となります。そのため行列が長くなることもあり、完売してしまう日もあります。購入される場合には10時の開店を目安にお店を訪れることをおすすめします。また店頭では規格外の徳用袋入りコゲせんが販売されていることもあります。少し焦げがある程度なのでお買い得ですよ。

手焼き煎餅を食べ歩き!出来立ての入山煎餅を食べよう。

千葉屋「大学いも」をお土産に。ふっくら大学芋派?カリッと切り揚げ派?

千葉屋「大学いも」

浅草の和スイーツ点で忘れてはいけないのが言問い通り沿いにある1950年創業の「千葉屋」です。世代を問わず人気のお店で営業時間は行列ができることもしばしば。店頭では大学芋、切り揚げ、ふかしいもが販売されています。大学はザクザクにカットしたさつま芋を油で揚げ、蜜を絡めた定番の味。切り揚げは薄切りのさつま芋をパリッと揚げて蜜を絡めた商品です。
どちらも完熟したさつま芋に蜜がたっぷりかけられていています。蜜もバリバリの固めたタイプではなく、どちらかというとみたらし団子の蜜のような味わい。店頭表示は400gのグラム販売となっていますが、200gから購入できますので、食べくらべも楽しんでみませんか。

観光の思い出になるお昼ごはん、夜ごはん

「駒形どぜう 本店」で浅草下町庶民の味どじょう鍋を堪能!

浅草から蔵前方面に少し歩いたところにあるのが「駒形どぜう」。どじょうというと「なんだか泥臭そう…」なイメージがあるかもしれませんが、まったくそんなことはありません。本当に臭みの無い美味しいどじょう鍋がたべられます。元々どじょうは、この浅草あたりでたくさん取れていました。庶民でも手軽に手に入り、しかも美味しい!ということで、昔から人気の味だったのだそう。この「駒形どぜう 本店」の歴史はなんと200年。お店では昔ながらにこだわり、扉を開けたらまさにタイムスリップしたような空間が広がります。値段も意外にリーズナブルなので、気軽に楽しめますよ。

東京下町名物!どじょう鍋を食べるなら人気の「駒形どぜう」へ!

浅草観光といえば。江戸っ子に愛された「並木藪蕎麦」を食べよう!

雷門から目の前の道沿いで、一際行列を作っている日本風な作りのお店をみかけたら、それが並木薮蕎麦です。薮蕎麦というのは日本各地にあるものの、神田薮蕎麦、上野にある池の端薮蕎麦とともに、この並木薮蕎麦は御三家と呼ばれています。人気なのはシンプルな蕎麦と、天ぷら蕎麦。天ぷら蕎麦もシンプルに海老だけ!しかも小ぶりでプリっとした海老という上品な感じです。辛めの出汁にサッとつけて食べる蕎麦はまさに江戸の味。浅草は食べ歩きも楽しい場所なので、お昼は軽めにお蕎麦にして、胃袋に余裕を持たせておくというのも手ですよ。

浅草一行列の出来るそば屋、藪蕎麦御三家の1つ、並木藪蕎麦!

うますぎて申し訳ない!?浅草ヨシカミで洋食を食そう

人が集まるところには旨いものが集まります。寺が集まる京都では旨い豆腐が食べれますし、江戸から昭和にかけて文化が賑わった浅草では、その当時流行りであったハイカラな洋食が美味しいと評判。そんな洋食激戦区の浅草の中で特に人気なのがヨシカミです。昭和26年、元々は本当に小さなお店からスタートした洋食屋。今では規模こそ大きくなったもの、池波正太郎も大好きだったという美味しいデミグラスソースは昔と変らず健在です。カニサラダなどのサイドメニューもおすすめですよ!

人気の洋食店はデートにもオススメ!

 

ちんや?今半?米久?浅草で牛鍋・すき焼きを食べよう!

牛鍋、すき焼き。それは明治時代にはぐくまれた文化の1つです。砂糖に醤油、そして牛肉に野菜というシンプルな材料で完成するのに、大変旨いと、きっと当時の下をうならせたのでしょう。明治10年には488もの牛鍋を食べられる店が東京にあったといいます。そんな牛鍋・すき焼き屋が浅草に登場したのは。明治13年(1880年)にちんやさん、1886年に米久さん、1895年に今半さんがそれぞれ創業されて、今もなお愛され続けているというのがスゴイことです。1番甘めの割り下のちんやさん(でも甘!というわけでなく、ものすごく旨い)、ある意味慣れ親しんだ安定の美味しさの今半さん、そして値段や店構えなど1番昔に近い状態に思えるのが米久さん。どこも個性があって美味しいので、全店制覇を目指してみては?

浅草ですき焼き・牛鍋なら!

 

ザ!江戸のサク飯。まぐろ人で美味しいお寿司を!

気の短い江戸っ子が早く食べられるもの、それが丼、蕎麦、そして寿司でした。ある意味日本古来のファストフード。そんなサクっと食べるお寿司なら、まぐろ人へ行きましょう。座って食べたい場合は新仲見世通りにある「まぐろ人」、立ち食いでさらにサクッとな方は 「まぐろ人雷門出張所 」がおすすめ。こちらは立ち食いタイプのお寿司です。その値段でこんな旨い寿司が食えるのか!と驚くこと間違いなし。ちゃんと旬な魚が食べられるので、黒板に書いてあるおすすめの寿司をいただきましょう。観光客も多いですが、地元の方も多いというのがいいお店の証拠ですよね。

有名な「まぐろ人」が立ち食い寿司で!「まぐろ人雷門出張所」

 

浅草小柳うな重でちょっと特別なお昼ごはん

浅草らしいものを食べたい。そう考えた時の候補のひとつが鰻なはずです。浅草には鰻を食べられるお店が多くありますが、観光という視点からはこの小柳さんをオススメします。本格的なうな重を楽しむ、高級感がありすぎない、待ち時間、お値段という点から選ばせていただきました。
営業時間は記載時点では、平日11:30~15:00 16:00~21:00、日祝11:30~21:00との事、平日は一回休憩に入るということですね。気をつけましょう。

浅草小柳うな重でちょっと特別なお昼を。老舗の鰻に舌鼓。

 

金のオブジェが目印!アサヒビール本社でビール三昧!

浅草でビールといえばやはりアサヒビールです。吾妻橋を渡った墨田区側にあるアサヒビールの金のオブジェは、やはり浅草の風景の象徴とも言えるでしょう。アサヒビール本社では、1階の23BANCHI CAFE(隅田川バル SUPER”DRY”)、景色を楽しめる23階のラ・ラナリータなどで、美味しいアサヒビールを楽しめます。普通のスーパードライももちろんですが、クラフトビールの隅田川ブルーイングもいちおしです!ちなみにあの金色のオブジェは、ビールの泡をイメージして作られているんですよ。勘違いはいけません。

アサヒビール内の飲食店、酒肆、吾妻橋(シュシアズマバシ)がおすすめ!

 

「大黒家天麩羅」で待ってでも食べたい天丼を

大黒家天麩羅

伝法院通り沿い、区立浅草公会堂の近くにある創業明治20年の老舗店「大黒家天麩羅」は食事時になると行列ができる人気店です。料理メニューは天麩羅、刺身などの1品メニューもありますが、お店の一番人気は3種類の天丼です。素材旨みを逃さないよう厚めの衣で作られている天麩羅を使った天麩羅をのせた天丼は、丼の蓋で蒸した状態で提供されます。丼の蓋を開けると天麩羅を揚げる時に使われるごま油の良い香りが漂います。
そしてごはんが見えない程ボリュームのある天麩羅。天丼には濃厚で甘めの味わいがたまらない、代々お店に伝わる真っ黒いタレがたっぷりかけられていてどんどん箸も進みます。お店は11時10分からの通し営業ですので、気になる方は食事時間を外しての利用がおすすすめです。

大黒家天麩羅の口コミ

 

「江戸もんじゃひょうたん」で東京名物下町もんじゃを堪能!

浅草のソウルフードといえばもんじゃ焼き!浅草で一番人気の「江戸もんじゃひょうたん」は、オープン30分前から予約表を店頭に出される程の盛況ぶり。店内は1階がテーブルとお座敷、2階は全てお座敷となっており、家族連れにも利用しやすい雰囲気のお店です。
こちらのお店のもんじゃは、はじめに具材で土手を作ってから中に生地を流し込むスタイル。特選もんじゃ、明太チーズもんじゃなどメニューも豊富。その中でもちょっと斜め上を行く『ピザ天』は、「想像以上に美味しい」と大人気!ドリンクには浅草名物の電気ブランやキンキンに冷えたビールもあり、暑い日にもほっとできるひと時が楽しめるもんじゃ焼き店です。

浅草でもんじゃ焼き、お好み焼きならオススメなお店はここ!

 

「モンブラン」でチーズたっぷりオランダ風ハンバーグ!

モンブラン

銀座線浅草駅雷門出口から5分の場所にある洋食店「モンブラン」は、浅草を訪れたらぜひ一度は利用していただきたい洋食店です。国産牛100%の手ごねハンバーグを鉄板で焼き、テーブルにも熱々で提供されます。ハンバーグの種類はワインとマッシュルームの『フランス風ハンバーグ』などのラインナップがあり、その中でも濃厚なチーズソースがたっぷりトッピングされた『オランダ風ハンバーグ』は特に人気があります。
こちらのお店ではメニューにある8割の料理が食べ放題で楽しめるコースも注文可能。さらに飲み放題付きのプランもあります。大人数でシェアしながらお店自慢の料理を心ゆくまでお楽しみください。

ハンバーグで人気の店モンブランで地元の人がおすすめするメニューとは!?

 

芸能人御用達の焼肉屋「本とさや」で焼肉三昧!

本とさや

大人数で楽しめる焼肉店をお探しならつくばEXP浅草駅すぐの場所にある「本とさや」はいかがでしょう。こちらの焼肉店は炭火焼きで焼くスタイル。美味しそうなにおいと各テーブルからもくもくと煙が上がる店内の壁には芸能人のサインも多数飾られています。
肉は単品での注文をはじめ『とさや盛り』などの盛り合わせメニューも数種類用意されています。お値段は少し高めのお店ですが、カルビも程よいサシの入り具合で美味しく、ロースやハラミも丁寧に下処理がされているので柔らかく旨みもたっぷり!豚足などちょっと変わったメニューもあります。浅草エリアの人気店ですので、利用される場合には事前に予約をしておくことをおすすめします。

浅草の焼き肉「本とさや」が旨い!

 

まったり歩く、それが浅草。散歩やウォーキングを楽しもう

見て、食べて買って!浅草仲見世通りを歩く!

雷門から浅草寺までまっすぐに続く仲見世。89店ものお店が並ぶ250mもの通りです。浅草寺の参拝客が賑わいだした江戸時代。人が集まるところにお店が集まり、やがて大きな商店街となりました。食べ物屋、土産屋、雑貨屋…来る客をワクワクさせる小さなお店は、数百年経った今でも、同じように観光客を楽しませてくれます。行きはきび団子や揚げ饅頭などをつまみながら、参拝の帰りはお土産などを買いながら、昔ながらの仲見世通りを楽しんでください。

浅草仲見世でおすすめな店を厳選紹介!

 

浅草観光のお土産探し。買い物なら新仲見世通り商店街をお散歩

仲見世通りに対して垂直に続くのが、新仲見世通り商店街です。手前は浅草松屋の周辺からスタートし、ロックスなどがある国際通り周辺まで続くアーケード商店街。浅草らしいお土産になる小物や、食事、食べ歩きはもちろん、実は昔ながらの洋服屋さんや靴屋さんなども豊富。地元の方もよく利用する下町情緒溢れる商店街は歩いているだけでも楽しめます。アーケードなので雨の日でも歩きやすいのが嬉しいですよね。昔から人気のお店なら牛鍋の今半本店、肉まんのセキネなどが、最近だとロックス3Gも新しくオープンしました。新旧入り混じる商店街です。

浅草の新仲見世通りを徹底解説!お土産、食事所など便利なアーケード商店街

大吉が出たらラッキー!?浅草寺でおみくじをひこう!

浅草寺に行って、お参りをするのはもちろんですが、それだけでなくおみくじも引いてかえることをおすすめします。普通おみくじをひくと、けっこうな割合で大吉が出ると思いませんか?しかし浅草のおみくじはそんなに甘くありません。昔ながらのおみくじの割合をそのまま踏襲しているため、大吉の割合がすくなく、吉や凶が多いのです。たしかに。そんなに人生甘いはずはありません。皆さんもここで本当の運を試してみては?

浅草寺観光なら!おみくじやご利益など見所紹介。

浅草観光の定番。日本屈指の調理器具問屋街かっぱ橋道具街を歩こう!

浅草から徒歩10分。上野方面に歩いたところにあるのが、合羽橋道具街です。ここは日本屈指の料理・調理の道具街。レストランで使われているような大型調理器具から、家庭で使える便利グッズまで、とにかく食に関わる道具はなんでも揃うといっても過言ではありません。昔ながらのお店から、モダンなグッズが揃うお店、お土産にも人気の食品サンプルショップまで、歩くだけでも楽しめます。料理好きな人なら1日居ても飽きません。目移りしてついつい買いすぎてしまった…という声も多いみたいですね。食器などが安く手に入るのも問屋街の良いところですよね!

かっぱ橋道具街の歴史

観光の思い出に!浅草公会堂スターの広場で有名人の手形を見つけよう!

床に埋められた手形と言えば、ハリウッドが浅草でしょう。浅草のオレンジ通りにある公会堂、その1階表にあるのがスターの広場です。ここでは、ビートたけしを初めとして名立たる芸能人の手形が埋められています。浅草に縁がある人かと思いきや、台東区が“芸の文化に貢献した人”と定めた芸能人を5名選出。その人の手形が設置されるのだそうです。記念すべき第1回は美空ひばりや三波春夫、最近でいうと2014年に堺正章、なぎら健壱、2012年は加山雄三、北大路欣也などが加わっています。目当ての人と手形を比べてみましょう。

有名人、芸能人の手形を見ていこう!「浅草公会堂のスターの広場」

人力車で「へぇ~」と言いながら浅草を観光する!

浅草寺の周辺で、粋な格好をしているお兄さんち(姉さんもいます)。このお兄さんたちには人力車の方です。人力車に乗って、浅草をぐるりと回れば、また違った視点で楽しむことが出来ます。特に、浅草の歴史や豆知識なんかを要所要所で停まりながら解説してくれますので、終わるころには浅草にかなり詳しくなっているはず!夏は暑く、冬は寒いものの、それもまた醍醐味。粋なトークを聞きながら浅草観光はいかがでしょうか?

浅草で人力車に乗ろう!乗れる場所やおすすめコースなどを紹介!

冬は着物、夏は浴衣で浅草散歩!

浅草を歩いていると、ちらほら見かけるのが、着物姿や浴衣姿の女性。祭りでも花火でもない日に和服を嗜めるのは、やはり浅草ならではですね。最近はレトロな柄や、渋い和柄など、和服のレパートリーも豊富。女性だけでなく、男性も和服を楽しんでいる姿を目にします。家から着ていくのが大変!という場合は、浅草にあるレンタルショップを利用しましょう。手ぶらで行っても、和服を選ぶところから、着付け、髪のセットからメイクまで、全部お任せできてしまうお店も多いので気軽に楽しめますね。着物や浴衣を着て、お茶したり、散歩したり、買い物をしたり…人力車に乗るのも雰囲気でますね!

着物・浴衣が購入・レンタルできる浅草のお店一覧。浅草を着物で楽しもう!

観光をよりディープに!浅草地下街で昭和にタイムスリップ

古きよき時代を感じたい、現実逃避で異世界に行きたい、怪しい通りを歩いてみたい・・・そんな要望をすべて叶えてくれるのが、浅草地下商店街です。日本で1番古い地下商店街とも言われており、その影を今も色濃く残す独特の雰囲気が魅力です。地下街には、タイ料理やベトナム料理の有名店、安く焼きそばが食べられるふくちゃんなどがあり、食事を取るのもおすすめ。場所は、浅草の銀座線出口や、松屋の地下、新仲見世どおりの銀だこ横の階段などから入れるのですが、意外とたどり着けない・・・!なんて声も聞かれます。迷ったら地元の方に聞いてみましょう。

悪いところが直る!?牛嶋神社で撫で牛を!

浅草から隅田川を渡って左に進んだ場所にあるのが牛嶋神社。春は桜が咲き誇る、本当に美しい場所です。この牛嶋神社、その名前にもなっているあるものが有名。それが、悪いところを直す、良くする、といわれている撫で牛。牛をなでると、そのなでた場所が良くなるといわれています。子孫繁栄の意味もあるので、特に妊娠中の方がお腹をなでにきたりもしているんですよ。牛嶋神社自体も、859年前後から続く歴史の深い神社。周りの墨田公園と相まって、非常に赴き深い場所なので、お散歩がてら寄って見るとよいでしょう。

隅田公園の牛嶋神社

三社祭でもお馴染み。浅草神社に参拝しよう。

浅草のお祭りと言えば三社祭。そしてその三社祭といえば、この浅草神社です。三社様とも呼ばれますね。場所は浅草寺の隣にあるため浅草寺と一緒くたにされてしまいがちですが、やはり神社は神社、お寺はお寺。こちらの神社もしっかり参拝していきましょう。三社祭があるのは5月の第3金~日曜日ですが、それ以外にも元旦、節分、除夜なども盛り上がりますね。伝統の継承にも力をいれており、着物の着付け教室を開催していたり、巫女さんの舞を教えていたりと、文化的な役割も大きい浅草に根付いた神社です。

縁結びで有名な浅草神社の歴史

浅草をウォーキングで楽しむなら浅草名所七福神巡り

仲見世だけでなく広く浅草を楽しみたいという場合には浅草名所七福神巡りがオススメです。浅草寺・浅草神社は勿論縁結びの今戸神社やパワースポットの待乳山聖天(まつちやましょうでん)等合計9箇所を巡る観光コースです。
歴史ある吉原エリアも通過していきますので広く、深く浅草を知っていくことができるはずです。

浅草名所七福神巡りで浅草の表裏すべてを見て回ろう!

浅草観光記念写真。吾妻橋から定番の東京スカイツリー撮影!

浅草のお隣に出来たスカイツリー。スカイツリーの根元まで行ってしまうと写真の撮影が難しいのですが、浅草からであればキレイにその全景を写真に収めることが出来ます。やはりおすすめは吾妻橋周辺から撮影。吾妻橋の手前からですと、金色のオブジェが輝くアサヒビールの本社、そして左にスカイツリー、手前には隅田川が納められます。吾妻橋の赤と、空の青、そして白くそびえるスカイツリーはなかなか絵になります。タイミングがよければ、松本零士氏がデザインした船、ホタルナとヒミコが隅田川を通るのもあわせて撮影できますよ。

浅草で写真なら!おすすめの撮影スポット一覧

ライトアップで雰囲気がガラリと変る!夜の観光地浅草を楽しむ。

浅草と言えば昼間活気があるイメージですよね。確かに夕方を過ぎると徐々にお店が閉まり始め、人もまばらになってきます。しかし、ひと気のいない浅草で見れるのがライトアップ!日暮れから11時ごろまで、浅草寺がライトアップされるのです。浅草寺ももちろん素敵ですが、1番のおすすめは雷門から仲見世通り。赤く輝く雷門の大きな提灯、そして仲見世の両サイドも提灯が灯り、なんともいえない雰囲気に。平日の夜は人も少ないので、素敵な夜を独り占めできますよ。

夜の雷門~浅草寺はライトアップが美しい撮影ポイント!

浅草の老舗喫茶店や新鋭カフェでコーヒータイム!

文豪に愛された浅草観光必須のカフェ、アンヂェラス

浅草のオレンジ通りにある黒い外壁の1軒の喫茶店・・・それがアンヂェラスです。戦後まもなくの1946年にオープンした老舗の喫茶店なのですが、なんといっても伊豆の踊り子で有名な川端康成、漫画の神様手塚治虫、歴史ものや時代小説で人気の池波正太郎といった、数多の文豪、文化人に愛されてきたお店として有名です。入口には年季の入ったなつかしの食品サンプルが飾られ、古びた洋館風の建物がよりお店を味わい深くしています。人気メニューはお店の名前にもなっているケーキ、アンヂェラス。そして梅ダッチコーヒー。梅といっても梅味のコーヒーではなく、梅酒が添えられたコーヒー。意外な組み合わせですが、さっぱりしてとっても美味しいんですよ!60年以上たった今もなお、客足が絶えない人気のお店です。

川端康成、手塚治虫と喫茶店 アンヂェラス…文豪、文化人の通ったお店とは?

「バターブレンドコーヒー」が美味しい!浅草DANKEでコーヒータイムを

美味しいコーヒーが飲める浅草に最近出来たのが「DANKE」さん。今まで浅草に無かった「バターブレンドコーヒー」を提供してくれるお店なのです。ちょっと贅沢なコーヒータイムを体験してみてください。
テイクアウトやギフトでも利用することができます。コーヒー好きの人は是非立ち寄ってみて下さい。

浅草のカフェDANKEで美味しい「バターブレンドコーヒー」を飲もう!

「コーヒー天国」有名なホットケーキはもちろん、コーヒーも美味しいレトロな喫茶店

天国のホットケーキ

浅草はホッピー通りの近くにあるレトロな雰囲気の喫茶店「天国」。メディアなどでも取り上げられたホットケーキが有名なお店です。ホットケーキは銅板で焼かれるため注文から10分ほど時間がかかります。テーブルに提供された焼きたてのホットケーキは『天国』の焼き印が押されています。2回重ねのホットケーキからは鼻をくすぐるたまらない香りがし、食べてみると自然な甘味で懐かしい味わい。ホットケーキはテイクアウトもでき、お土産にもぴったりです。このほか特大ソーセージをサンドしたホットドックも人気!こちらのお店では1フード、1ドリンク制になっていますので、セットメニューがオトク!また丁寧にドリップされたコーヒーもすっきりとした味わいで飲みやすい。ぶらり浅草散策の休憩にぜひ足を運んでみてください。

浅草でパンケーキなら。ふわふわホットケーキの天国!

「純喫茶マウンテン」高さ約30㎝!フルーツたっぷりのスカイツリーパフェが話題の喫茶店

mountain2

つくばEXP浅草駅から5分、雷門通りにある「純喫茶マウンテン」は11時30分から深夜23時まで営業をしている利便性の良いお店です。店内は浅草観光の合間にもほっとできそうなレトロで落ち着いた雰囲気。お店の2階はもんじゃ焼き店になっており、1階でも注文すれば食べることができます。また東京スカイツリーがオープンしてから約30㎝もあるフルーツたっぷりのスカイツリーパフェも登場!この巨大パフェはメディアでも多く取り上げられています。このほかクリームぜんざい、小倉ホットケーキなど甘味も充実。お店の名前から気づかれた方もいらっしゃるかもしれませんが、コーヒーにもこだわっているお店で、日替わりでレギュラーメニューより安くコーヒーが飲めるサービスもあります。

「ロッジ赤石」終電を逃した時にも嬉しいオールナイト営業の喫茶店

カツカレー

言問通りを渡り、裏観音の路地へと入った場所にある「ロッジ赤石」は、火~土曜日は朝4時まで営業をしているので、終電に乗り遅れた時にも助かる喫茶店です。外観はシンプルなコンクリートの建物ですが、店内に入るとレトロ感あふれる素敵な空間が広がります。朝は全日9時オープンでモーニングセットもあります。お昼の時間帯にはランチメニューが数種類あり、レギュラーメニューも懐かしいナポリタンスパゲティ―や丼ものなどいろいろなフードメニュー並んでいるので、どれを食べようか迷ってしまいそう。食事の後にはサイフォンで淹れた美味しいコーヒーを飲みながらのんびり寛いでくださいね。

昭和の洋食が食べれる!朝まで営業する喫茶店「ロッジ赤石」

「若生」カレートーストが評判の浅草の雰囲気漂う喫茶店

wakasa

つくばEXP浅草駅からすぐの場所にある「若生は和風の外観のお店ですが、知る人ぞ知るカレートーストが美味しい喫茶店なのです。耳をカットした厚切りのトーストにバターが塗られていて、さらにカレーとミルクがたっぷりかけられています。カレーは甘口でサラッとしたタイプ。一見食べにくそうですが、6つにカットされているのでご安心ください。カラートーストにはアイスコーヒーがおすすめ。女性の方や小食の方には食事替わりになるボリューミーなメニューです。売り切れになる日もありますので、休日のブランチや早めのランチにどうぞ。また手書きのメニューにはドリンクも充実。浅草観光の合間の休憩にもおすすめのお店です。

「デンキヤホール」元祖オムマキが看板メニューの喫茶店

denkiyahole

千束通りに面した「デンキヤホール」は、店名から想像される通りレトロでムーディな雰囲気が素敵な老舗喫茶店です。こちらのお店の看板メニューは100年前からある焼きそばをオムレツで巻いた「オムマキ」。太めのもちもちとした焼きそばは少し甘めのソースで味付けされていて、キャベツと玉ねぎというシンプルな素材の味も楽しめる一品。寒い時期には甘味の「名代 ゆであずき」もおすすめ。こちらは茹でた大納言小豆が入ったホットドリンクで、グラスでいただくおしゃれな和スイーツです。このほかピラフやホットケーキなどのフードメニューもあり、ドリンクメニューには昔ながらの喫茶店を感じさせるレモンスカッシュ、コーラフロートなどもあります。チェーン店とは一味違う昔ながらの喫茶店の雰囲気をお楽しみください。

「デンキヤホール」でオムマキやゆであずきを。レトロゲームもある100年続く老舗喫茶店!

「ギャラリー・エフ (Gallery ef)」浅草で有名なペリカンのパンが食べられる駅チカのほっこりカフェ

アイリッシュコーヒー

高いビルの合間にちょこんと建つ可愛らしい雰囲気のギャラリーエフ。地下鉄浅草駅からすぐの場所にあり、地震や空襲からも逃れた蔵を改装したカフェバーです。店内のあちこちに可愛らしい猫のインテリアがちりばめられており、アメリカのアンティークなども飾られています。そして本物の看板猫もいます。こちらのお店では浅草で有名な「ペリカン」のパンをバターたっぷりのトーストやシナモントーストで味わえ、パンに合うコーヒーも南千住にある「バッハ」の豆が使われているそう。また土日祝も12時からランチタイムがあり、コーヒーもプラス料金でお得にいただけます。金曜日と祝前日は深夜2時まで営業をしているので、カフェバーとしての利用もおすすめ。アルコールメニューも充実していますよ。

ギャラリー・エフの口コミ:無料で展示が見れるカフェ!

「カフェ・ムルソー」手作りスイーツと美味しい食事が人気のリバーサイドカフェ

meursault16

隅田川沿いにある「カフェ・ムルソー」はツタの絡まる洋館の様な雰囲気のカフェです。店内に入ると大きな窓から日中は心地よい日ざしが射し込み、夜になるとライトアップされたスカイツリーなどの夜景も楽しめます。こちらのお店で提供されているケーキは約20種類あり、すべて手作り。ケーキなどのスイーツ類は地下にあるショップでテイクアウトも可能。平日のお昼にはランチ、土日祝にはブランチメニューがあり、女子会やデートの食事にもぴったり。お店は通し営業をしていますので、時間帯をずらしての食事やアフタヌーンティーにもおすすめのお店です。浅草駅からもすぐの場所にあり、定休日もありませんので、ぜひ一度足を運んでみてください。

浅草の隅田川沿い、カフェムルソーでスカイツリーを見ながらお茶やランチを!

「ローヤル珈琲店 本店」ホットサンドが人気!昔ながらの喫茶店メニューが楽しめるお店

喫茶店

浅草寺手前にあるホッピー通りへ入口近くにある「ローヤル珈琲店 本店」は、1962年創業の老舗喫茶店です。お店の間口が狭いためあまり席数がなさそうですが、店内に入ると奥行があり、ゆっくりくつろげそうな雰囲気。レトロ感あふれる店内のインテリアもタイムスリップしたような不思議な空間を演出してくれます。お店は朝9時から夜9時まで営業をしており、モーニングメニューはもちろんレギュラーメニューもリーズナブルな価格で味わえます。お店自慢の「ロイヤル珈琲」は、ヨーロッパ風焙煎のコーヒーに100%乳脂肪の中沢茉奈クリームがたっぷりと添えられています。フレッシュジュースも生果汁のみを使用。昔の喫茶店の良さを残しながら若い人にも利用しやすい喫茶店です。テレビでも人気のホットサンドと昔ながらの雰囲気を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ホットサンドが有名な喫茶店「ローヤル珈琲店」で朝ごはん!

浅草で遊ぶなら!家族やデートにもおすすめなプレイスポット

「スマートボール三松館」東京の真ん中でスマートボールが楽しめる貴重な施設

スマートボール

温泉街で見かけるスマートボールが東京で唯一楽しめるのが浅草にある「三松館」です。場所はウインズ浅草の向かいにあり、つくばEXP浅草駅方向からは左手に位置しますがよく見ないと通り過ぎそう。細長く奥行のある店内は、まるで昭和時代にタイムスリップしたかのような雰囲気を感じます。スマートボール以外にも懐かしい手ではじくパチンコ台もずらっと並んでいますが、換金はできないためお子様と一緒に利用される方もいらっしゃいます。営業は土日祝のみでお昼から19時までという短い時間となっていますが、浅草観光の際に足を運んでみてはいかがでしょうか。

東京都内唯一スマートボールで遊べる店、浅草の「三松館スマートボール」。

「東洋館」浅草観光の合間に漫才を楽しんでみませんか?

浅草東洋館の口コミ

浅草六区ブロードウェイ商店街にある東洋館。こちらの施設は萩本欽一やビートたけしなど歴代のスターを輩出した寄席で有名な浅草演芸ホールに隣接して平成12年オープンした劇場です。こちらでは落語以外の漫才や漫談、マジックなどが楽しめ、TVで活躍する若手芸人も多く出演しています。こちらでは365日公演が行われており、公式HPではおよそ1ヵ月先までのスケジュールも発表されていますので、お気に入りの芸人さんをお目当てに訪れてみるのもおすすめ。東京スカイツリーからも6分ほどの場所にありますので、浅草観光のプランに織り込んでおいてはいかがでしょうか。

お笑いライブ!安く楽しめる 東洋館。

浅草とんぼ玉工房でとんぼ玉作り体験

tonbodama_Fotor

つくばEXP浅草駅から3分の場所にある「浅草とんぼ玉工房」は下町の雰囲気を感じる場所にある工房です。1時間のとんぼ玉作り体験プランには、最大3個までトンボ玉を作る体験があります。いろいろな模様をちりばめたミルフィオリ玉、細かく砕いたガラスから作るフリット玉、そしてガラスの中に泡を入れた泡玉を作ることができます。
中でも特に人気があるのは泡玉。夏には水槽に泳ぐ金魚をイメージしたものなど季節感あふれるとんぼ玉作りが楽しめます。工房で作成してから、とんぼ玉が冷めるまでに約30分かかりますので、この時間も考えて利用プランを考えておくことをおすすめします。

着物・浴衣に着替えて浅草散歩&撮影会

yukata

浅草エリアには着物のレンタル店が数件あります。レンタルできるのは着物だけでなく着物を着る際に必要な一式のセットになっていますので、とても便利。着物に着替えるだけでなく、ヘアセット付きのプランなどもあります。せっかく着物を着たので記念に残しておきたいという方には浅草エリアでの撮影が可能なお店も。
また夏には浴衣プランがある店もあり、浅草観光を楽しむ小道具としてだけでなく、お祭りの時にも便利。ランチタイムの女子会を着物で楽しむのもおすすめです。どのお店も3,000円円前後からのリーズナブルな価格設定になっており、グループで利用するとさらにお得になるお店もあります。ネットでの予約もできますので、浅草を訪れる前に事前予約をしておくと良いでしょう。

着物・浴衣が購入・レンタルできる浅草のお店一覧。浅草を着物で楽しもう!。

江戸きり子体験で伝統工芸を学ぼう!

江戸きり子

浅草の伝統工芸といえば、江戸切子。銀座にある東急プラザの外観も江戸切子をイメ―ジしたデザインになっています。竹細工を組み合わせたような繊細なデザインは、さぞや時間がかかりそうに感じますが、『浅草 早吉』では約90分の江戸切子体験ができます。体験は1名から利用できてブルーの色被せ(いろきせグラスでの体験も可能。切子体験は公式HPから要予約となっています。
少し難しそうな江戸切子ですが、自分だけのオリジナルグラスづくりにぜひ挑戦をしてみてはいかがでしょうか。店内には江戸切子を施したグラスなども販売されており、見ているだけでもうっとり。雷門近くのお店ですので、観光の際にぜひ覗いてみてください。

「アメシンでアメ細工体験」ハサミ一つで美しい造形を生み出す伝統技術を体験

ameshin

ハサミ一つを使って熱した飴から美しい造形を作り出すアメ細工は、江戸時代以前から続く日本の伝統技術。その技術を守り発展させるべく2013年に今戸神社の目の前にオープンしたのがアメシンです。店内には金魚、花、パンダ、獅子など、これが飴とは信じられないような作品が展示してあります。2015年にオープンした東京スカイツリータウン・ソラマチ店ではアメ細工の実演を見たり購入することが出来ますし、浅草本店ではアメ細工の世界をより多くの人に体感してもらおうと体験教室を開催しています。熱して柔らかくなった飴を棒の先につけ、ハサミで切ったり手で整えたりしながら形作っていきます。飴は数分で固まってしまいますから、素早い作業が必要です。体験は要予約ですが、個人でも団体でも受け付けてもらえますから、ご家族で、あるいは仲間同士で一度体験してみてはいかがでしょうか。

「花やしき」子供から大人まで誰もが楽しめる日本最古の遊園地

hanayashiki3

江戸時代の1853年に花園として開業した浅草花やしき。現存する国内最古のコースターや本当に幽霊が出ると噂されたお化け屋敷など幾多の話題を振りまき、現在でも浅草観光の目玉の一つとして多くの人々に親しまれています。ローラーコースターやメリーゴーランドといった遊園地の定番から3Dシアターや巨大迷路などの流行のものまで数々のアトラクションが楽しめ、子供たちの歓声が響き渡ります。縁日コーナーやゲームプラザなどは大人たちも童心に帰って楽しめることでしょう。店内はショップやレストランも充実していて、本格和食からクレープやたこ焼きなどの軽食まで、バラエティに富んだメニューを味わえます。手ぶらでOKのバーベキューガーデンもありますから家族連れにぴったりですね。様々なイベントやショーも行われており、みんなが楽しめる一大エンターテインメントスポットとなっています。

浅草の花やしき-日本でもっとも古い遊園地を遊び倒そう!

「雷おこし作り体験 [雷5656茶屋]」東京を代表するお土産、雷おこしを製造体験

kaminariokoshi

東京を代表するお土産として全国に知られる雷おこしは、江戸時代には人々に親しまれていたといいます。創業250年余という常盤堂雷おこし本舗は、現代的な新しい工夫も織り込みながらその伝統の味を守り続けています。究極の材料を使用した厳選和菓あさくさや人気のときわ、現代風の洋風おこしチュララなど、バラエティに富んだラインナップはどなたでも美味しく頂くことができるでしょう。浅草寺境内にある雷5656茶屋では、そんな雷おこしの製造を体験することが出来ます。水飴を煮詰めて蜜を作り、おこしの種を入れて混ぜ、平らに伸ばして裁断するという一連の作業を丁寧な説明を受けながら実体験。もちろん作ったおこしは持ち帰れますから、自作のおこしをゆっくり味わうことが出来ます。自宅でもう一度ここし作りができるおこしキットも付いていますから、さらに楽しみが広がりますね。

「食品サンプル作り体験 [元祖食品サンプル屋]」本物より美味しそうな食品サンプル作りに挑戦

1

プロ御用達の調理器具・料理用品のお店が並ぶかっぱ橋道具街は外国人も多数訪れる観光スポットのひとつ。その中でも人気なのが食品サンプルを作るお店です。本物と見分けがつかない、本物より美味しそうな食品サンプルには誰もが驚かされます。元祖食品サンプル屋は昭和7年の創業。蝋や樹脂でリアルに作られたサンプルは日本独自の文化として海外でも注目を集めています。ミニチュアのサンプルを使用したキーホルダーやストラップはお土産としても大人気ですよ。そんなリアルな食品サンプル作りを、こちらでは体験することが出るんです。通常のコースは天ぷらとレタス作りに挑戦。職人さんが丁寧に説明・指導してくれますから初めての方でも安心です。期間限定やスペシャルデーではさらに請ったメニューにも挑戦。これまでにパフェやワッフル、お寿司や天丼なども製作しました。物づくりの楽しさを体感することで仲間とのコミュニケーションも深まりますから、学校やサークルなど様々なグループのイベントにも最適ですね。

飲兵衛に嬉しい浅草でお酒をたしなもう

「正ちゃん」牛スジ煮込みが名物のホッピー通りの人気店

煮込み

浅草WINSの目の前にある正ちゃんは、ホッピー通りの中でも特に煮込みが美味しいと評判の人気店です。店内は10名も入れないぐらいですが、店頭に出されたテーブルは屋台感覚で楽しむことが出来ます。大きな鉄鍋でじっくりと煮込まれた牛スジは甘辛さが絶妙で、とろけるような柔らかさ。しょう油ベースのタレが絶品ですし、そのタレがたっぷりとしみ込んだお豆腐も堪らないお味です。お酒のおつまみにもぴったりですし、ご飯に乗せて牛めしで食べても最高ですよ。
種類は少ないですが手羽先煮、肉じゃが、厚揚げ焼き、ぜんまい煮などお酒が進むメニューが並び、いつもお客さんがいっぱい。大将の飾らない人柄もお店の大きな魅力の一つですね。浅草で牛スジ煮込みといったら正ちゃんで間違い無しですね。

ホッピー通りNO1の煮込み!正ちゃんの口コミ。

「カンピオンエール(Campion Ale)」店内でオリジナルビールを醸造する英国人が営むブリティッシュパブ

ale

お好み焼き染太郎の隣に出来たブリティッシュパブ。店内に入るとすぐにズラリと並んだ醸造タンクが目に入りますから、ビール通はワクワクすることでしょう。常に3~5種類のオリジナルビールを醸造しており、伝統的な苦味のあるビター、アルコール度数の強いストロング、黒ビールのコーヒースタウトなどを味わうことが出来ます。1/2パイント、2/3パイント、1パイントの3種類のサイズが用意されていますから、同じ種類をガッツリ飲みたい方も、いろんな種類を味わってみたい方もどちらも満足ですね。
お会計はキャッシュオンでカウンターで支払い、1階で醸造設備を眺めながら味わうも良し、2階の広々としたテーブル席でゆったりと味わうのも良いでしょう。2階席は調度品も英国風アンティークで、フードもフィッシュ&チップスやミートパイ、ステーキなどが揃っており、ブリティッシュの雰囲気にたっぷりと浸れること間違いなしですよ。

浅草でビールの美味い店10選!クラフトビール、ビアバーなどオススメ紹介。

浅草らしさを堪能するならホッピー通りにて煮込みで乾杯!

浅草寺と国際通りの間に位置するホッピー通り。煮込み通りとも呼ばれる、飲み屋街です。通りにはみ出すテーブルと椅子。溢れる人。飛び交う笑声や野次。そして酌み交わされるお酒。片手にはホッピー、そしてつまみはお店それぞれで違う煮込みです。昔からあるお店や、新店、小さな立ち飲み屋など色々あるので、好みの場所に入ってみましょう。ちなみにダントツで人気なのは煮込みが人気の正ちゃんです。

ホッピー通りのお店一覧!煮込みの美味しいお店やおすすめをチェック!

浅草神谷バーで電気ブランを観光の思い出に。

日本最古のバーとも言われる、浅草神谷バー。浅草の吾妻橋の交差点にある黄色い看板が目印です。この神谷バー、明治13年続く老舗のバー。バーと言ってもカクテルが出てくるしっとりとしたものではありません。イメージするなら洋風な大衆食堂といった感じでしょうか?食券を購入し、レジでお会計を済まし、あとは相席覚悟でごちゃっとした空間に飛び込みます。頼む飲み物はもちろんこの店発祥の飲み物電気ブラン。そしてチェイサーとしてビールです。ナポリタンやフライ、サラダなど、いかにも「ハイカラ」な食べ物をつまみながら、下町のお父さんたちに囲まれてお酒を楽しみましょう!ただし、電気ブランは強いお酒ですので飲みすぎは禁物です。

神谷バーでの電気ブランの飲み方!ビールをチェイサーに昼から飲もう。

「HUB」ジャズバーの聞ける浅草のカジュアルバー

hub1

つくばEXP浅草駅から徒歩3分、営業は夕方18時から5時間あまりですが、仕事帰りのサラリーマンで賑わうダイニングバー「HUB」があります。店内ではジャズの生演奏も聞けて、ちょっとアダルトの雰囲気が楽しめます。アルコール類も充実していて、このお店でしか飲めない季節限定のエールビールをはじめカクテルも含めると100種類以上のドリンクが楽しめます。
アルコールにぴったりのアラカルトメニューも充実。1人で気軽に飲みたい時はもちろん仲間でわいわい楽しみたい時には2時間飲み放題つきのコース料理メニューもあります。飲めない方もジャズの生演奏聞きたくなったらぜひ足を運んでみてください。

浅草のJAZZBAR(ジャズバー)HUBでライブ演奏を楽しもう!

「正直ビアホール」気さくなママさんとの会話が楽しい古き良き浅草を今に残す店

beer2

六区からひさご通りを抜けて言問い通りを左折してすぐの正直ビアホールは、やってるんだかないんだか分からない、どこから入ればいいのか分からないという入りにくいお店ですが、一度ドアを開けるとそこな親しみやすいママさんと昭和ノスタルジーたっぷりの、なんとも落ち着く空間なんです。ビアホールとは言うものの、席はカウンターのみで7~8席でしょうか。メニューは無く、ビールを注文すれば駄菓子やベビーチーズなどのちょっとしたおつまみが出てきます。料金はビール代のみでおつまみはサービスとのこと。気さくな女将さんが丁寧に時間を掛けて注いでくれるビールはたまらない美味しさ。またビールサーバーが年季が入っていて味があるんですね。創業は昭和25年とのことですが、その時代の浅草の良さがそのまま残っているようなお店です。

正直ビヤホール。浅草の老舗で美味しい生ビールを!

「酒の大枡 雷門店」日本全国の銘酒が揃った酒屋さん直営店

千束通りの酒のダイマスといえば浅草周辺では日本酒の品揃えで知られた酒屋さん。そのダイマスが直営する日本酒バーが酒の大枡雷門店です。ドアを入ると右にお酒の販売コーナーがあり、左がテーブルとカウンターのバーとなっています。日本酒はさすがの品揃えで、全国から集められたお酒100種類以上が手ごろなお値段で味わえます。お酒は単品だと90mlからオーダーできますし、45mlずつ3種類のお酒を頂ける飲み比べセットもありますから、いろんな種類のお酒を楽しむことが出来ますね。また販売コーナーで購入したお酒を小額の持ち込み料でバーに持ち込めますから、ガッツリ飲みたい方にもお徳です。フードもお刺身や焼き魚などの他、お酒のお供にぴったりの珍味が揃っています。お一人でも仲間同士でも、日本酒好きならぜひ足を運んで頂きたいお店ですね。

お土産はやっぱり美味しい食べ物を!

早めの時間に!観光のお土産に亀十のどら焼きを買おう!

浅草の雷門通り、雷門を背にして左手にあるのが、和菓子やの亀十です。土日ともなると行列をなしているのですが、その目当ては1日3,000個限定のどら焼き。1日3,000個もあるならと侮る無かれ。早いと2時、遅くても4時には売切れてしまっているのです。普通のどら焼きをイメージして買うとその食感や味に驚きます。並んでみたものの意外と普通…なんて外れにはなりません。生地はふんわり、餡子はしっかり…びっくりするくらいおいしいです。確実に買いたい場合は午前中に行きましょう!

和菓子でおすすめのお土産なら「亀十のどら焼き」!

「舟和の芋ようかんとあんこ玉」明治の創業以来庶民の舌を楽しませてきた伝統の味

あんこ

浅草を代表する甘味のお店、舟和の創業は明治35年。以来、浅草の地を見続けるとともに、多くの庶民たちの舌を楽しませてきました。芋ようかんとあんこ玉は創業以来の伝統の味。着色料、保存料などを一切使わず砂糖と塩でシンプルに味付けされた芋ようかんは、柔らかく口の中でホロリと溶けて、心地よい甘みが広がります。素朴なお芋そのままの風味が活かされており、どなたでも美味しくいただけることでしょう。
甘みを抑えたあんこを寒天でくるんだあんこ玉も定番の人気商品です。プチッとした寒天の歯ざわりと餡の甘みが絶妙で、ついもう一つ口に運んでしまいますね。小豆、白いんげん、抹茶、苺、みかん、コーヒーと6種類ある味のバリエーションも嬉しいですね。お土産にも必ずや喜ばれる浅草を代表する銘菓ですね。

女性へのお土産和菓子なら舟和のあんこ玉を!!

「梅園のあんみつ」江戸安政元年創業の浅草を代表する甘味処

梅園

江戸時代末期の安政元年(1954年)に開いた茶屋をルーツに、160年余りに渡り浅草を代表する甘味処として伝統の味を守り続けてきた梅園。餅きびを使ったあわぜんざいが創業からの人気メニューですが、現在はあんみつもたいへんな人気です。
たっぷりの寒天はプリプリの食感。そこにあんこ、求肥、みかん、あんずを入れて黒蜜をかけて頂きます。あんこは甘すぎず、上品な甘さが口の中に広がります。豆の塩気がほど良いアクセントになり、みかんのサッパリした味わいもバランスがぴったり。店内で頂いても良いですし、お持ち帰りにして家で食べてもそのままの味が楽しめます。喫茶甘味のほかに豆大福やきんつばなどの和菓子、どら焼きなども大好評。もちろんお土産にしても喜ばれること間違い無しですよ。

梅園の口コミ:浅草で甘味ならあわぜんざいがおすすめ!

「梅むらのまめかん」名店ひしめく浅草でも「豆かん」といったらここ

umemura

浅草寺から言問通りを渡った観音裏の路地にある甘味処、梅むらは。甘味処の名店が多い浅草ですが、その中で豆かんてん、通称「豆かん」といったらまず梅むらの名前が挙がります。寒天が見えないぐらいたっぷり盛られた豆はふっくらとした食感。その下から歯ざわりの良いプリプリの寒天が出てきます。
黒蜜は甘すぎず、最後までさっぱりと食べられてしまいます。店内はカウンターが6席と4人掛けのテーブルが2つ。すぐにいっぱいになってしまいますが、もちろんテイクアウトもOKです。もちろんシンプルな豆かんだけでなく、風味豊かな餡子がのったあんみつやアイスクリームの冷たさがたまらないくりーむあんみつなど、どれも甘味ファン納得のお味。さらに宇治金時や氷あずきなどかき氷メニューが一年中頂けるのも嬉しいですね。

梅むらで絶品の「豆かん」が食べたい!浅草おすすめの甘味処です。

「満願堂 本店(まんがんどう)」江戸川柳にも歌われた芋きんの味を今に伝える

江戸時代には川柳にも読まれたという芋きんは、芋ようかんのきんつばです。厳選したさつま芋を使い、素材の味を活かした伝統的な手法で手づくりされており、いつも行列の人気となっています。もちもちっとした食感とほど良い甘さ、そしてさつま芋の風味のバランスが絶妙で、ファンが多いのも納得ですね。店頭では職人さんによる実演販売も見ることが出来ますよ。
また、お土産用には芋きんの味や風味をそのままに日持ちするよう作られたうす皮芋きんが最適です。いまや芋きんは浅草を代表する甘味のひとつですから、地方の方にも喜ばれますよ。さらにお芋と栗の相性がぴったりの栗入り芋きん、つぶ餡と芋きん餡を組み合わせて生地で挟んだ芋きんどら焼きなど、様々な味わい方で芋きんが楽しめますから、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

浅草のお芋スイーツ満願堂で芋きんをお土産に!おすすめや口コミを紹介。

「リスト 浅草店」オレンジピールチョコレートが話題!スイーツ好きならチェック必須の専門店

浅草公会堂の脇、伝法院通りに面したチョコレートとドーナツのお店、リスト。周辺は下町らしい風情のお店が並びますが、ここだけは可愛らしいメルヘンの香りが漂います。時間をかけて作り上げられたオレンジピールをチョコでコーティングしココアパウダーをかけたオレンジピールチョコレートはリピーター続出のお味。レモンの香りをホワイトチョコレートにとじこめたレモンピールチョコレートも人気です。
浅草ベイクドドーナツはフンワリとした食感がたまらない焼きドーナツ。玉子のコクとバターの豊かな風味が特徴です。ヒマラヤ岩塩を組み合わせたプレーンとオレンジピールの2種類の味を楽しむことが出来ます。ラムレーズン入りのクリームを挟んだクッキーサンドもとっても美味しいんです。その他にもチョコレートやクッキー、ドライフルーツなどの種類がとっても豊富。どれを選ぼうか悩んでしまう、スイーツ好きには堪らないお店ですよ。

「元祖木村家人形焼本舗」浅草のお土産といったらこれ!木村家本舗の人形焼

仲見世には人形焼の木村家が2軒ありますが、こちらは仲見世と伝法院通りが交わる角にある「本舗」。手づくりの人形焼は浅草を代表するお土産として有名ですね。店頭では焼き型を返して人形焼を焼く職人さんの姿を見ることが出来るんですよ。
形は五重塔、雷様、鳩、提灯の4パターン。浅草にちなんだこの形は初代ご主人のアイディアだそうです。フワフワした食感と自然な甘みが美味しいですね。創業は明治初年。以来大切に守られてきた上品な味わいは、今も多くの人々を魅了しています。餡の入っていないカステラ焼きは記事のほのかな甘みが口当たり良く、いくつでも食べられてしまいます。デパートなどでの販売は一切せず出来たてのみを提供してくれますから、是非ともお店に足を運んでみてください。

「徳太楼の金つば」遠方からはるばる訪れるファンも多い和菓子の名店

創業明治36年、初代主人の生家が徳川家とご縁があったことから徳の字を屋号に戴く徳太楼は、観音裏のかつての料亭街に位置します。一番人気はなんといっても金つば。甘すぎず上品なお味で、皮のもっちり感と餡子の歯ざわりがたまりません。小豆の風味がしっかり感じられる極上の一品です。餡子菓子が苦手な方でもここの金つばだけは好き!という人もいるほどなんです。
豆の塩味が餡の甘さをひき立てる豆大福や皮のパリッとした食感が心地良い最中、しっかりした皮の味わいと餡のバランスが素敵などら焼きなど、どれも和菓子好きには堪らないお味です。桜餅や柏餅など季節の和菓子も登場しますし、夏場には水羊羹もさっぱりと美味しいですよ。またもっちりと炊き上げられたお赤飯も人気のひと品。手間ひまかけて手作りされた上品なお味を楽しむことが出来る名店です。

浅草の裏にある老舗和菓子店、徳太楼の人気のきんつばをお土産に!

「やげん堀七味唐辛子本舗」江戸庶民も愛した風味豊かな七味唐辛子

やげん堀

江戸時代初期の1625年、現在の中央区東日本橋にあたる薬研堀に創業し、昭和18年に浅草に移転した老舗中の老舗。初代ご主人が漢方薬の調合にヒントを得て考案したという七味唐辛子は江戸で人気となり、現在までその調合販売の伝統は受け継がれているのです。唐辛子、山椒、陳皮、黒胡麻などを調合した風味豊かな七味唐辛子は、どんなお料理にもよく合い、その味を一段と引き立ててくれます。標準的な調合の中辛が一番人気ですが、辛党には大辛、辛味ではなく風味を楽しみたい方には小辛が最適。
また、山椒はちょっと苦手、黒胡麻をもう少しきかせて、などといった好みに応じてオリジナルの調合も可能です。ひょうたん型や樽型など容器も各種揃っていますから、お土産にもぴったりですね。七味以外にも一味唐辛子や粉山椒、ふりかけやお茶漬けなどもファンが多いんですよ。食卓の主役ではありませんが、こういった脇役にこだわると食卓がより豊かになるでしょうね。

自分で調合できる七味唐辛子「やげん堀」はお土産におすすめ!

お土産にもおすすめな小物や雑貨、伝統工芸品

手ぬぐい ふじ屋でお土産にも可愛い手ぬぐいを!

手ぬぐい

浅草寺近くにある手ぬぐいのお店「ふじ屋」は、戦後まもなく営業をはじめた老舗のお店です。こちらのお店では注染(ちゅうせん)とよばれる手染めの手ぬぐいが販売されており、歌舞伎や落語家にもたくさんのファンがいます。手間と時間をかけて作られた手ぬぐいは、約200種類の品ぞろえがあり、江戸小紋や季節感溢れる手ぬぐい、さりげなく駄洒落になっているデザインなど様々。額縁に入れて飾っておいても見栄えがよく、素な図柄が揃っています。自分用や浅草のお土産に購入するだけでなく、お正月など日本の四季をデザインした手ぬぐいも多く販売されていますので、海外のお客様へのお土産にもおすすめですよ。

お土産におすすめ!手作りの手ぬぐい店、ふじ屋。

鯉口などお祭グッズを浅草で。お土産にもなるグッズがたくさん!

sanjya1

三社祭が有名な浅草には祭衣装を扱うお店もたくさんあります。手軽にお祭り気分を味わえるうちわやハッピは、お土産にもぴったり!本格的にお祭り衣装を揃えるなら小物や草履、小物まで一式揃えることも可能です。男性用、女性用はもちろん、子供用、ペット用まであるので家族でお揃いコーデを楽しむことも可能。しかしたくさん種類があるので何を選べば良いのか迷うこともあると思います。あるお店のサイトを覗いてみると鯉口とダボシャツを間違って買われる方がいらっしゃるよう。もし必要な品物が分からなければ老舗店も多く集まっていますので、お店の人に気軽に聞いてみるのもおすすめです。きっと祭衣装の知識も広がりますよ。

かっぱ橋・箸『みくら』で普段使いにもお土産にも便利なお箸を

hashi

かっぱ橋道具街には、業務用の商品などを販売する店が軒を連ねています。その中にある(株)武蔵屋製作所2階のお店『箸 みくら』は落ち着いた佇まいの店内に豊富な種類の箸が壁一面に並べられています。こちらで取り扱われている箸は500種類以上にものぼり、業務用の箸はもちろん、自宅での普段使いの箸も充実。また誕生日や長寿のお祝いなどギフト用もたくさん取り揃えられています。商品の中には名前やメッセージを刻印できる箸もあり箸袋の販売もありますので、セットアップして新社会人の方やお弁当が必要になった方へのプレゼント用に購入されるのもおすすめです。

「ブラシ」なら何でも揃う!かなや刷子

「かなや刷子(ぶらし)」は、ハケとブラシの専門店です。ハケは業務用、家庭用はもちろん趣味に使うものまで豊富な種類が取り揃えられ、ブラシも歯ブラシから服のケア用ブラシなどそれぞれ『ないものはない!』というくらい多岐多様の品揃えがされています。店内を見てどんなハケやブラシがあるのかをチェックするのも楽しく、中にはマッサージ用ブラシ、孫の手ならぬ孫の毛ブラシなどもあります。ハケやブラシは一般小売店でも購入ができますが、専門店の商品は少し高いけれど、シンプルで実用的。そして持ちも良さそう。少しづつこの店の商品で家の中を統一してみても良さそうです。

昭和に戻れるマルベル堂で懐しいプロマイドを!

仲見世にある「マルベル堂」は大正時代に創業した老舗のプロマイド店です。こちらのお店の店内には往年のスターの写真がずらりと並べられており、現在では手に入りにくそうなプロマイドもたくさんあります。カラー写真の商品もありますが、モノクロの写真は昭和のレトロな雰囲気も醸し出しなんども言えない味わい。一世を風靡したアイドルの若い頃の写真、解散したグループなどのお宝写真が見つかるかもしれません。美空ひばりなど戦後の有名スター、銀幕を飾った高倉健などのプロマイドも販売されていますので、おじいちゃん、おばあちゃんへのお土産にもおすすめです。またこちらのお店では芸能人に会えることもあるかもしれません。ぜひ近くを通りかかったら覗いてみてくださいね。

浅草のプロマイド専門店、マルベル堂で昭和にタイムスリップ!

黒田屋本店で和雑貨や和紙グッズを

washi2

雷門の右手にある「黒田屋本店」は安政三年創業の歴史あるお店です。店内は日本和紙や扇子など日本の伝統文化を感じる商品が所狭しと並べられており、観光客が商品を選ぶ姿も見かけます。壁沿いに並べられた色とりどりの和紙は100種類以上取り揃えられており、色違いも含めると3万枚以上の品ぞろえがあるとか。和紙はサイズごとに切って販売をしてもらえますので、ブックカバーなどに使うのもおすすめ。また和紙を使った商品の中には便箋などお土産にもぴったりのステーショナリーグッズ、小物も充実しています。そのほか季節商品や土人形、素焼きの招き猫など和ティストのグッズも販売されていますので、日本らしいお土産をお探しの方はぜひ足を運んでみてください。

和紙の黒田屋本店で。和紙を使った小物やステーショナリーが人気の老舗店!

新しいお店が続々!おしゃれな浅草のニュースポット

「粉花」自家製酵母を使ったパンやベーグルが大人気

姉妹二人で営む観音裏の小さなパン屋さん。店名は「このはな」と読みます。オーガニックレーズンと水で育てた自家製酵母、北海道産の小麦粉、沖縄の塩で作られた手づくりパンやベーグル、スコーンは美味しくて可愛らしいと大評判。小さなオーブンで少量ずつしか焼けませんが、素朴ながらもしっかりとした味わいで大人気なんです。土曜日にはお昼過ぎに完売になってしまうこともあるようです。山食、丸パンは小麦の味がしっかりと感じられるお味。ふんわりもっちりとした食感がたまりません。小ぶりなベーグルは見た目よりも食べ応えがありますね。スコーンはちょっと柔らかめの食感ですが、優しく上品な味わいはお店の雰囲気どおりですね。カフェコーナーは席数が少ないですが、運よくあいていれば焼きたてのパンの香り漂うの店内でコーヒーと一緒に頂くことも出来ますよ。

「フェブラリーカフェ」気軽に立ち寄れる隠れ家的なカフェ

tendon

田原町駅近くの路地裏にある小さなカフェ。白を基調としたお洒落な外観は入店前から期待が膨らみますね。店頭にテラス席もあり、コーヒーやラテを飲みながら歓談する方の姿も風景に溶け込んでいます。イタリア製の専用のマシーンで入れた本格エスプレッソはアメリカーノで飲んでもカフェラテにしてもしっかりとしたコクが味わえます。ハート型のラテアートも綺麗ですね。カフェモカやキャラメルマキアートはほんのり甘い香りが美味しいですね。ハンドドリップの本格コーヒーはお店の名前を冠したブレンドとエチオピアモカ。どちらも香ばしい豆の風味が堪能できます。店内の棚には近くの人気店ペリカンのパンが並んでおり、こちらはトーストで頂くことができます。シンプルにバターで頂くのも、チーズやシナモン&ホイップクリームで頂くのもどちらも魅力的。朝のパンセットや午後のスイーツセットもお得ですし、ふらりと立ち寄って心地よい時間が過ごせるカフェですね。

ペリカンのパンとコーヒーを!FEBRUARY CAFE(フェブラリーカフェ)でモーニング。

「壽々喜園 浅草本店」世界一濃い抹茶ジェラートが食べられる行列店

susukien

浅草寺から観音裏に抜けた言問通りに休日に必ずできる行列は、すずき園の世界一濃い抹茶ジェラートを求めるファンたち。抹茶ジェラートは濃さによってNo.1からNo.7まであり、一番薄いNo.1は市販の抹茶アイスと同じぐらい。数字が上がるほど濃度も上がりますが、No.1から6までは同じ茶葉を使用しているそうです。そして世界一濃いのがNo.7。こちらは農林水産大臣賞を受賞した茶園の特別な茶葉を使用しているとのことで、濃さも風味もピカイチです。口に含むと濃厚な抹茶の香りが広がり、抹茶好きにはたまりません。それでいて甘みもあり後味はサッパリですから、最後まで美味しく頂くことができます。抹茶以外にもほうじ茶や玄米茶などお茶のジェラート、さらに大納言あずきやいちごなどの定番もありますから、ダブルで違った味を楽しむのも良いでしょうね。

濃い‼︎美味い‼︎行列のできる抹茶ジェラートを壽々喜園で!老舗の日本茶専門店による本物スイーツ。

「otaco(オタコ)」国産米粉100%の身体に優しい手づくりシフォンケーキ

観音裏の言問通り沿いにあるotacoは、米粉を使った手作りシフォンケーキのお店。米粉は100%国産にこだわり、原料の菜種まで国産の菜種油、新鮮な鶏卵、きび砂糖といった自然の素材を活かしたシフォンケーキは、美味しいだけでなく身体にも良いと評判です。保存料や化学薬品を一切使っていませんから、お子様のおやつにもぴったりですね。シンプルなプレーンはひとつひとつの素材の良さが引き立つ飽きのこない味。ホイップクリームやフルーツなどを盛りつけて頂けばバリエーションも広がります。濃厚なミルクティーとベルガモットの香りがお洒落なアールグレイも人気の一品です。モカシフォンはコーヒーリキュールが利いた大人の味。抹茶ミルクシフォンは日本茶にもよく合います。ホールで購入してみんなでワイワイ切り分けるのも楽しいですし、色々な味を楽しみたい方にはカットでも販売していますよ。

浅草の歴史関連スポットで観光に深みを与えよう

浅草観光のついでに縁結びなら!今戸神社は必須です。

浅草には寺や神社が多くありますが、特に今戸神社は浅草駅周辺から離れているにも関わらず、土日になると多くのお客さんが訪れます。その目当ては「縁結び」!!境内にある絵馬掛けには恋愛の願いが書かれた絵馬がびっしりと掛けられています。また、縁結びで有名なだけでなく、このあたりは招き猫発祥の地でもあり、1500年代から“今戸焼き”という名前で焼き物が作られていたのだそう。そのため、神社と思えぬほど大量の招き猫が迎えてくれます。こんな理由で女性に人気の神社ですが、実は沖田総司終焉の地でもある、1063年からの歴史が続く由緒正しい神社です。

浅草今戸神社で「縁結び会」!目指せ恋愛成就。

浅草を愛した文豪を知ろう!池波正太郎記念館。

浅草は文豪に愛された街であり、樋口一葉記念館など、文学に関係する施設も多くあります。代表作の「鬼平犯科帳」や「剣客商売」などを始めとしてテレビなどで彼の作品を目にする事も多いですね。
池波正太郎記念館は台東区と長野県にあるのですが、長野県の方は真田太平記を中心とした記念館となります。ここでは台東区にある池波正太郎記念文庫の方を取り上げます。

浅草を愛した文豪を知ろう!池波正太郎記念館。

観光するなら知っておきたい施設情報

浅草の入り口EKIMISE(エキミセ)を最大限活用して観光しよう

折角浅草に来たのに得体の知れない商業施設に行く時間は無いという方は多いと思います。ただ、観光客向けにもいろいろと取り揃っている施設ですので是非立ち寄ってみると良いでしょう。
お土産から旅の必需品まで幅広く手に入れることができます。

浅草EKIMISE(エキミセ)を最大限活用して旅行を充実させよう。

見る、遊ぶ、食べる新観光スポット「まるごとにっぽん」

浅草に2015年12月オープンした「まるごとにっぽん」テレビなどでも取り上げられていて、話題ですよね!まるごとにっぽんのキャッチコピーは、「日本のふるさとが一同に会す試み」。浅草に来たのに日本まるごと?と思うかもしれませんが、外国の方をもてなす場合などはコースに組み込んでおくと良いと思います。勿論、日本人が見て回っても面白い施設です。浅草では貴重なゆっくり見れる屋内施設ですので、チェックしておくと良いでしょう。

「まるごとにっぽん」をまるごと紹介!見る、遊ぶ、食べる新観光スポット。

浅草観光のオトモ新着情報


浅草観光マップ

浅草観光のオトモ」に掲載している情報は下記マップより閲覧することが出来ます。
地図からではなく特集やカテゴリーから見て行きたいという方は下記から確認してください。浅草観光地図は記事が公開される度にアップデートされていきます。観光を計画する時から当日まで続けてチェックすると良いと思います。
浅草観光マップはこちら

浅草観光のオトモ編集部より

こんにちは。浅草観光のオトモの編集部です。
浅草のより生に近い情報を!と思い作ってきたサイトですが、長く浅草にいても知らない場所があったり、新しく増えているお店も多かったり、意外と知らないことも多いんだなと地元ながらに驚いています。口コミ情報も段々数が増え、飲食店や、撮影スポット、お土産におすすめな雑貨やスイーツ、娯楽施設まで、おすすめ情報がたくさん揃いました。
よくある点数付けする情報サイトではなく、浅草を良く知る人たちが浅草の良いところをおすすめする「浅草観光のオトモ」が、今まで知らなかった浅草を知るきっかけになればと思っています。たくさんおすすめ情報がありますので、是非色々なページを見て回ってくださいね。そして、願わくばツイッターやフェイスブックなどで紹介いただけると、大変励みになります。「浅草観光のオトモ」をこれからもよろしくおねがいします。

公開日:2014年7月19日
更新日:2017年7月17日
こちらから気になるワードでページを探せます。
  • 浅草モーニング朝ごはん
  • 浅草のランチ
  • 浅草のオススメ土産
  • 浅草の寿司はここだ
  • 浅草のカフェで一息
  • 浅草せんべろ
  • 浅草のレストラン
  • 浅草の定番グルメ
  • お店紹介