創業明治三年という老舗、「中清」は江戸料理の一つである天ぷらや定食を提供している有名店です。建物の外観は江戸時代を彷彿させるもので、時代を感じさせつつもここが由緒あるお店であることが一目でわかる造りとなっています。店内には座敷席、そして椅子席が設けられており、32人を収容できる大きな部屋も用意されています。

中清:明治創業の老舗で天ぷらを!

場所は浅草寺からすぐ、浅草公会堂があるオレンジロード沿い。歩いていると通り過ぎてしまいそうになる、少し奥まった場所にあります。建物と建物の間から見える風景は、浅草でもなかなかお目にかかれない立派な景色です。石畳の奥にある灯篭と、その裏にある数寄屋造りの建物がたまりません。

@openmindskがシェアした投稿

中に入るとこれはまた立派な中庭がお出迎え。赤、白、金と、鮮やかな鯉が泳いでいます。ちなみにこちらの鯉、1984年の長野地震で被害にあった養殖場から預かり受けた鯉なのだとか、30年以上たった今、こうして中清の景色を作る一部になっているのかと思うと素敵ですよね。

天ぷらのメインは車エビや、鱚、江戸前天ぷらでは欠かせないアナゴ、旨味の凝縮したメゴチ・・・。季節によっては稚鮎や幻の魚と呼ばれる銀宝なども。今でこそ天ぷらといえば、野菜やキノコ、お肉などもありますが、昔ながらの天ぷら屋さんは魚介がメインであるそう。野菜を使った揚げ物は、精進揚と言う別料理だったそうです。ごま油を使ってからっと揚げられ、甘辛いタレでいただくのは格別ですね。

@openmindskがシェアした投稿

人気の定食や丼ものは2,500円から4,000円で食べることができます。また少し豪華なメニューとして7,500円からのコースメニューも用意されています。お勧めは芝海老と青柳の貝柱のかき揚げである「雷神揚げ」。驚くこれに大きなかき揚げで、ご飯、味噌椀、そして香の物がセットになった雷神揚げ定食は多くの人によって注文されている人気メニューです。

味はもちろん、雰囲気まであわせて楽しみたい方は、こちらの中清さんでワンランク上のひと時を過ごしてみるのも楽しいですね。土日のランチは行列必須ですので、少しだけ時間をずらすことをおすすめします。

浅草の美味しい天ぷら、天丼のお店はこちらもチェックしてみてくださいね!

店名 中清
住所 東京都台東区浅草1丁目39−13

▲ このページのトップに戻る

by
カテゴリ:食事 タグ:

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

メッセージ

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択