更新日:2015/02/27

浅草のお土産の定番といえばやはり和菓子。

行列のたえない亀十のどら焼きや、手焼きのお煎餅、まんじゅうなど、昔ながらの和菓子が定番です。

色々あって迷ってしまうのですが、もし女性の方へプレゼントをされるのであれば、舟和のあんこ玉をおすすめします。

女性に喜ばれるおみやげの定番

kamejyu
あんこ玉とは、あんこを様々な味で味付け、それを寒天でくるんだもの。

まるごとあんこのお菓子なのですが、1つが小さく、さらに甘さが控えめなので、和菓子が苦手な方でもこれなら食べれる!という場合も多いそうです。

きれいで可愛い!目にも美しい和菓子

お土産の基準は色々ありますが、このあんこ玉のすばらしいところは、“目にも美しい”というところ。

ふたを開けたら、おもわず「わっ」と声が出てしまうこと間違いありません。

フレーバーは通常のあんこが入ったあずき、柔らかい甘さの白いんげん、みんな大好き抹茶、さわやかなみかん、甘酸っぱいいちご、そして飲み物との相性も良い珈琲味の全部で6種類。

6つ揃うと、黒、白、ピンク、黄色、緑、茶色と、鮮やかで宝石のよう。

あんこだけの一色もあるのですが、絶対にこの6色のほうを選びましょう。

おすすめは芋羊羹とあんこ玉のセット

芋羊羹

このあんこ玉を打っているのは、創業120年以上となる老舗のお菓子や、舟和さん。

アーケードの新仲見世通りとオレンジ通りとぶつかる角に本店があります。2~3階は喫茶店になっているのでそちらのメニューも楽しめますよ。

この舟和さん、もともと芋ようかんが有名なお店さんです。

明治30年代に、高価であった羊羹の代わりに、庶民の食事芋で羊羹が作れないかと試行錯誤をして作り出したのがこの芋ようかん。

そこから美味しい美味しいと有名になり、現在でも「初代芋羊羹の店」として有名なのです。

そんな歴史あるお店なので、芋羊羹もお土産にははずせません。

芋羊羹

そこで、おすすめなのが、芋羊羹とあんこ玉のセット。見た目も美しく、味も美味しい二つのお菓子を同時にお土産にできる嬉しいセットです。

あんこ

新仲見世だけでなく、浅草寺へ続く仲見世通りにもお店がありますので、立ち寄ってみましょう。仲見世通りでおすすめのお店紹介もチェックしてみてくださいね!

スポンサーリンク

店名 舟和 本店 (ふなわ)
住所 東京都台東区浅草1-22-10

スポンサーリンク

by
カテゴリ:お菓子 タグ:
応援コメントをどうぞ!
  1. icon

    きんと より:

    女性 (40代)

    2015/09/03 17:54

    舟和本店喫茶室(みつ豆ホール発祥地)元祖みつ豆。今から20年以上前、母と二人でこのお店に行きました。

    私は以前からこのお店の芋ようかんについて知っていました。
    作家の群ようこさんが、ここの芋ようかんとあんこ玉をお茶請けとして良く利用するというのを読んだ事があり、一度食べてみたいと思っていたのです。

    私たちが訪ねた時は他のお客さんが誰もいませんでした。
    仲見世通りから近いにも関わらず、とても静かだったのを覚えています。
    お抹茶と芋ようかんのセットがあるというのでそれを注文しましたが、待っている時わくわくしたのを覚えています。

    芋ようかんはお抹茶と好相性で、とても美味しかったです。
    甘すぎず、お芋の味わいを損なわずで、毎日食べても飽きがこないと思いました。
    早く無くならないように、出来るだけゆっくり噛んで食べました。
    母とは食べ物の好みが合わない時があるのですが、この芋ようかんは高評価で、二人の意見が一致しました。

    店員さんのさりげない気遣いが嬉しい、良いお店です。又行ってみたいと思っています。

  2. icon

    ビーロッド より:

    男性 (40代)

    2015/10/10 17:00

    舟和本店喫茶室。参拝客で喧騒溢れる浅草寺の中で、静寂の流れるオアシスのような場所。
    店内も木目調で統一された昭和モダンな雰囲気の店内です。

    芳醇な芋の香りが口いっぱいに広がる、舟和の名物・芋ようかん。
    すぐに頂きたい、でもゆっくりお話をしながら、という方にはお薦めのお店です。

    それ以外にもみつ豆など昭和の和菓子メニューも充実しているので、懐かしい昭和を味わいたい方にもお薦めのスポットです。

  3. icon

    食道楽 より:

    女性 (30代)

    2015/10/31 16:15

    浅草では、甘味処として人気のある喫茶店です。あんみつや蜜まめ、抹茶アイスなど、和の食材をメインとしたスウィーツを楽しむことが出来るため、子供からお年寄りまで客層が幅広く、休日の午後のお茶の時間(3時前後)は、多少混み合うほどの人気ぶりです。甘いものが苦手な方でもお薦めしたのは、芋ようかんです。一人分の大きさにカットされていて、甘すぎず、お芋の美味しさがそのままぎゅっと濃縮された品の良いお味のようかんです。

  4. icon

    しゅん より:

    女性 (20代)

    2015/11/12 19:06

    浅草寺雷門すぐのふなわかふぇに行ってきました。芋ようかんやあんこ玉で有名な和菓子屋さん「舟和」のお菓子が飲み物といっしょにいただけるカフェです。店舗にしかないパフェやあんみつもあり、浅草めぐりでちょっと足が疲れたとき一休みするのに最高の場所でした。洋風な店内も落ち着いた空間でついつい長居してしまいました。

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択

メッセージ