浅草に来たら必ず立ち寄るであろうスポット、仲見世。雷門通りから浅草寺まで続く、お店の立ち並んだ仲見世通りです。

土日ともなれば人でいっぱい!この賑わい、がやがや感が、浅草らしくてたまりません。

【厳選紹介】浅草仲見世でおすすめなお店はここだ!

仲見世通り

そんな仲見世通りですが、現在では89軒ものお店があるとのこと。江戸時代から続く日本でも有数の歴史ある商店街が現在もこのようにたくさんのお店で賑わっているともうと、なんだか感動的なくらいです。

仲見世通りの様子

さて、89軒もあるお店。どこに立ち寄ったらよいのか判らない!というのが本音でしょう。正直地元住まいでも、どのお店が良いのか良くわからなかったりします。ということで、こちらでは仲見世通りで立ち寄るべきお店を厳選して紹介したいと思います!

仲見世踊り、雷門付近のお店

仲見世通りは、大きく分けて3つの区間に分かれます。雷門から新仲見世どおりまでの1部、2部。新仲見世通りから伝法院通りまでの3部、4部、5部。そして、伝法院通りから宝蔵門までの6部、7部。こちらでは、仲見世通りのスタート地点。雷門周辺のお店を紹介します。

豆菓子「豆舗 梅林堂」
豆舗梅林堂

豆好きによる、豆好きのための、豆のお店、豆舗梅林堂。雷門をくぐって仲見世のスタート地点の左側に位置するお店です。ここのあたりは撮影客も多いので見逃してしまいそうになりますが、豆好きなら是非立ち寄ってください。やめられない止まらないこと間違いなしの豆菓子が豊富に揃います。

きびだんご「あづま」
あづま

雷門から数えて6件目の左側、なにやら人が並んでいるお店があります。こちらがあずま。きびだんごのお店です。お店で作りたての黍団子は、きなこがまぶされてなんとも懐かしい味!サイズも小さめなので、お昼前後の食べ歩きにもぴったりです。

浮世専門店「酒井好古堂 山藤」
酒井好古堂山藤

仲見世の雷門から数えて6軒目右手にあるのが、1980年から続く老舗の浮世絵専門店、「酒井好古堂 山藤」です。本店は有楽町にありますが、ここ仲見世にも小さなお店があります。昔ながらの浮世絵がポストカードなどで手軽に入ります。外国の方へのお土産はもちろん、家に飾るのも良いですね。

江戸前のり「いせ勘」
いせ勘

仲見世通りの左手、10軒目くらいにあるのが「いせ勘」。1717年…前年には日本で徳川吉宗が将軍になり、後の神聖ローマ帝国皇后、マリア・テレジアが生まれた、そんな教科書の中の世界に生まれたのが、浅草の江戸前のり専門店、いせ勘です。
浅草で長く商売を続けるお店でも、3代目や4代目が多いなか、ここは圧巻の9代目!まさに老舗中の老舗でしょう。仲見世通りというのは、外観や店構えがほぼ同じなのでこういった老舗が見分けが付かないのですが、事前にしっておくと立ち寄りたくなりますよね。のりの佃煮や、おつまみにもなる山葵海苔などが人気です!

お団子「喜久屋」
喜久屋

雷門をすぎて雷門やなぎ小路を少し過ぎたところ右手にあるお店が喜久屋です。手前から数えて9軒目となります。店頭にはおいしそうなお団子が並び、その場で食べて休憩している人も。みたらし団子、ごま団子などありますが、やはり食べたいのは喜久屋だんご「あん入りみたらし」です。みたらしだんごという甘じょっぱいだだんごの中に、あんこがはいっています。餡子の甘さのお醤油が絶妙にマッチングしています。あとは黄粉のかかったヨモギ団子もおすすめ!柔らかいお団子は一食の価値ありです。

和菓子「舟和」

nakamise51-funawa
新仲見世通りに当たる手前にあるお店。浅草に数多ある和菓子屋さんの中でも、人気、味、見た目の美しさ、種類の豊富さなどの総合力から、お土産におすすめなのが「舟和」さんです。特に、芋羊羹やあんこ玉は、芸術品レベル。友達に配るようなお土産にはなりませんが、自分へのお土産や、目上の方へのプレゼントにも最適です。

仲見世踊り中央付近のお店

新仲見世通りから、伝法院通りまでのブロックにあるお店を紹介です。1番お店が多いエリアでもあり、気がつかないと通り過ぎてしまうような場所も!

日本の和傘「西島商店」

新仲見世どおりを通過して5軒目の右手にあるのが、大正3年から続く老舗の傘やさんです。和傘の歴史は古く、1300年には素手に存在していたとみられています。江戸時代になると、傘のデザインも様々に増えて、雨風をしのぐものだけでなく、「おしゃれ」な実用品に変化していったのです。そんな和傘を大正時代から作り続けているのが、西島商店さん。お店には色とりどりの美しい和傘が並びます。モチーフも、桜などの花、浮世絵、風景、動物、はたまた妖怪までと様々!実用が出来るのはもちろん、オブジェとして家に飾る方も多いようです。和室に和傘を飾る…なんて素敵ですよね。

箸「遊膳 モリタ」
遊膳モリタ

新仲見世どおりを通り過ぎ、4軒目にあるお箸の専門店が「遊膳モリタ」です。こういった観光地にあるお箸やさんってチェーン店がおおかったりしますが、ここはもともと浅草仲見世で婦人店を長く営んでいた「モリタ」さんがスタートとなっています。オリジナルお箸はもちろん、可愛い箸置きも人気ですよ!

扇子専門店「荒井文扇堂」
荒井文扇堂

浅草を歩いていると、着物を着て観光されているかたをよく見かけます。やっぱり和を感じるものは良いですよね。そしてここ荒井文扇堂も、そんな和を感じるお店のひとつ、扇子の専門店です。現在4代目という歴史あるお店でありながら、伝統と新しきが混在する素敵な扇がたくさんあります。オーダー扇子なども出来るようなので、大切なプレゼントなどにも良いですね。

江戸木箸「浅草たけや」
浅草たけや

「遊膳 モリタ」さん同様、お箸の専門店、たけやさんです。「遊膳 モリタ」は気軽なお箸なのに対し、こちらは江戸木箸という昔ながらのお箸を見ることができます。職人さんが手作りするお箸ながらも、手ごろなものは1000円以内で買えるという手軽さ!仲見世オ通り中盤の左手、公会堂東通りの3軒手前にあるお箸専門店です。

手焼き煎餅「壱番屋」
壱番屋

浅草に来たらやはり「食べ歩き」を楽しみたいですね。この仲見世にはその場で食べれるものがたくさんあります。(ちなみに“歩き”は禁止ですので、その場で食べましょう!)その中の1つが手焼き煎餅壱番屋。人気は大判の海苔ですっぽり煎餅を巻いた「海苔煎餅」。香ばしい焼きたての煎餅と薄焼き煎餅は50円から食べられますので、お財布にも優しいですね。

手焼き煎餅「小山商店」
小山商店

居合刀、武器、演技刀などの刀、模擬刀、そして演劇や踊りの小道具…パッと見は、観光地にあるお土産店と見紛いますが、実は浅草で120年続く老舗のお店です。「サムライ、ニンジャ、ハラキリー!」というベタな日本好きの方には是非とも紹介してあげましょう。もちろん、ご自宅用の飾りにも良いですね。

人形焼「亀屋」

浅草の人形焼でおすすめなお店は何軒かありますが、その中の1つが亀屋さんでしょう。仲見世通り、中盤よりもお寺側、公会堂東通りを越えた右手一軒目にあるお店です。自慢のあんこがはいった人形焼は7個で500円とリーズナブル。人へのお土産として便利な箱入り12個1,000円などもあります。あんこが甘すぎず、いくらでも食べれそうな味。焼きたても美味しいですが、1日たつと味が馴染んでさらに好き!なんて声もあるみたいですよ。

人形焼「三鳩堂」
三鳩堂

リーズナブルで美味しい人形焼なら三鳩堂。通常は1個100円、10個で500円ですが、タイムサービスの時には2個100円、10個400円になります。店内で作った美味しい人形焼がこの価格なら嬉しいですよね。個別包装になっているので、お土産にもおすすめです。亀屋のすぐ近くにありますが、亀屋のほうがあんこたっぷり。三鳩堂はふわっとした生地が特徴です。

仲見世踊り後半、宝蔵門付近のお店

伝法院通り、やなぎ通りから先、もう浅草寺の宝蔵が目も前に迫るところにも、是非よって欲しいお店がいくつかあります。特に人気の揚げ饅頭が二店残っていますので、そのために是非お腹を開けておいてくださいね。

揚げ饅頭の「金龍山浅草餅本舗」
金龍山浅草餅本舗

浅草で人気の出来立てお菓子、揚げ饅頭の紹介です。いくつか揚げ饅頭が食べられるお店がありますが、こちらはバラ売りをしておらず6個いりか10個いりなのでご自宅へのお持ち帰りなどにおすすめです。金龍山との名前の通り黄金色に揚がった大きな揚げ饅頭は、緑茶とも相性抜群。自宅ではトースターなどで軽く温めると、揚げたての食感を楽しめますよ。

揚げ饅頭の「九重(ここのえ)」
九重

金龍山と同様おすすめのあげまんじゅうが、こちらの九重。観光本にも掲載されていますので、ご存知の方も多いと思います。サクッとした食感の小ぶりな揚げ饅頭は、その場でパクっと食べるのにぴったり!味の種類も豊富なので、いくつか食べ比べしても良いですね。まずはあんこから食べて、次回以降は胡麻が入ったものや、かぼちゃ、さつまいもなど変り種を食べてみるのもおすすめです。

人形焼「木村家本店」
木村家本店

仲見世の最終地点にあるお店が、木村家本店です。浅草の数ある人形焼のお店のなかでも、1番人気のお店かもしれません。その歴史は古く創業はなんと明治元年!他の人形焼屋とは違うんだ!と言わんばかりに「元祖人形焼」と書かれています。さて、本題の人形焼はあんこ甘めのしっかりなお味。皮ももちっと…というよりはしっかりしており、食べ応えがあります。4つ300円で焼きたてを売っていますので、一緒に来た方と分けて食べると良いでしょう。

【おまけ】仲見世はシャッターも見応えがある!?

最後におまけ的なお話になります。

朝の早い時間や夜に仲見世通りへ行くと閉まっているお店もいくつか見られます。
注目してほしいのは閉まっているシャッターに描かれているイラスト。

少しだけ紹介しますね。

仲見世のシャッターに描かれたまつりの様子 仲見世のシャッターに描かれたお神輿 仲見世のシャッターに描かれた桜吹雪

どれも独特のタッチで写真映えしてくれます。お店が閉店している残念では終わらない所が良いですね。是非、仲見世にお越しの際はチェックしてみてください。

仲見世を過ぎたら次は浅草寺です!浅草寺の情報をチェックしておきましょう。
観光名所、浅草寺の知っておきたい情報

▲ このページのトップに戻る

応援コメントをどうぞ!※現在投稿はできますが、反映はされません。

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

メッセージ

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択