浅草といえば観光地。土産物屋が食べ物やが圧倒的に多いのですが、そんな中歩いていると気がつくのは、実は靴屋が非常に多いということ。浅草は明治時代に靴の伝習所ができ、靴屋の町となっていきました。今でも、大手靴メーカーや卸の会社、また新旧含め靴職人さんが多い場所なのです。

そんな浅草だから、リーズナブルに靴が手に入ったり、町の靴屋さんが多かったり、オーダーメイドなどの靴が作れる場所が豊富にあります。靴をお探しなら、デパート…ではなく、浅草を歩いてみるのもお勧めですよ。

目次

浅草で作るオーダーメイドシューズやこだわりの靴

リーズナブルな町の靴屋さんから打って変わり、ここからは靴職人の仕立てた革靴や、サイズのぴったりあうオーダーメイドの靴まで、浅草で出会えるこだわりの靴を紹介します。

RENDO:日本人の足型に合わせた美しく流行に左右されない作品


「RENDO」は浅草にアトリエ兼ショップを構え、オーダーシューズを製作するブランドです。2013年に立ち上がったばかりのブランドではあるものの、出来上がったオーダーシューズは履き心地の良いおしゃれなもので、非常に高い評価を得ています。
製作は日本人の足の特微を踏まえた靴型を作ることから始まります。その靴型をもとに靴が作られていくわけですが、流行に左右されない上品なデザインとするために、つま先をあえて主張しすぎない形に仕上げるのが「RENDO」の特徴です。
靴型、そして靴の製作を担当するのはそれぞれプロとして活躍する人たちです。靴のデザインはオーソドックスなものがメインですが、その他にもチャッカーブーツやベロア素材のものなどもオーダーできます。
所在は東京都台東区浅草7-5-5で、営業時間は13時から19時です。定休日は火曜日と水曜日となっています。

The Asakusa Cobbler:靴の修理からフルオーダーの靴制作まで


「The Asakusa Cobbler」のメインジョブは靴の修理です。創業者である石郷岡博さんは2007年に独立して靴修理専門店を立ち上げ、その6年後の2013年にハンドソーンをメインとしたオリジナルシューズの販売を開始します。オーダーシューズのデザインは、お客さんが自由に決めることができます。またウェブサイトにはデザイン例の画像なども添付されているために、それらを参考にすることもできます。加えて雑誌などに載せられている靴の写真を添付すれば、それと同じものを作ってもらえます。
また修理を行っているお店であるがゆえに、靴ひもやクリーム、それにシュートゥリーなど、消耗部品や靴を長持ちさせるためのアイテムも豊富に取り揃えています。住所は東京都台東区橋場1-2-11で、営業時間は10時から19時となっています。定休日は火曜日です。

ヴァーブクリエーション:数ある靴型から自分にぴったりの履きやすい靴を


オーダーシューズのできは靴型によって大きく左右されるわけですが、「ヴァーブクリエーション」は数百もの靴型を所有しています。そのためお客さんの好みにマッチした、履きやすい靴を作ることができるのです。また靴型は所有しているものだけを使うのではなく、お客さんのニーズに合わせて作製することもできます。
またこの会社は5つのブランドを立ち上げています。これらのブランドで販売されている靴の種類は様々ですので、使用シーンにマッチしたものを見つけることもできます。当然のことながら、これらのブランドの靴も「ヴァーブクリエーション」の自社工場で製造されています。
本社の所在は東京都台東区浅草6-20-8で、第2工場(ショールーム付き)は東京都台東区浅草6-23-1、オーダーシューズのお店 「toe style works」は東京都文京区千駄木3-37-4、そして自社ブランドのお店「U-DOT SALON INOMA」は東京都新宿区新宿3-1-32、新宿ビル3号館5Fとなっています。

サロン・ド・シアン:シューフィッターのいるシューズサロン


このお店の最大の特徴は、一般社団法人「足と靴と健康協議会」よって認定されたシューフィッターがいることです。お客さんが来店するとシューフィッターは足を計測するわけですが、長さ、そして幅に加えて、足の裏の状態もチェックします。足の形状をしっかりと把握した後、お客さんに靴に関するアドバイスを行うわけです。
お客さんが靴のモデルをチョイスした後、シューフィッターの計測、そしてアドバイスに基づいて靴が製作されます。お客さんが出来上がった靴に改善が必要であると感じた場合、調整を行うことも可能です。また修理も行ってくれるために、お気に入りのオーダーシューズを長期にわたって使用することができます。
「サロン・ド・シアン」の所在は東京都台東区雷門2-20-2で、営業時間は10時から19時、定休日は月曜日と祝祭日となっています。

フスウントシューカルチャー:セミオーダーインソールで靴をさらに履きやすく

靴バン産商の小売店に当たるこのお店、小売店なのでこだわりの商品があるだけでなく、中敷き(インソール)により、靴を履きやすい状態にしてくれるのがここ「フスウントシューカルチャー」なのです。浅草の本店を加えた都内4店舗ではフットケアを行っており、靴や中敷きに関する適切なアドバイスをしてもらうことができます。「フスウントシューカルチャー」ではオーダーメイドインソールの製造、そして靴の修理も行っています。ここはお気に入りの靴をさらに履きやすいものにしたいという人におすすめできるお店です。
所在は東京都台東区駒形2-5-7で、営業時間は10時から18時30分です。年末年始を除くけば、年中無休で営業しています。

Naot Tokyo:イスラエル発、履くほどに足に馴染む靴


Naotはイスラエル発のシューズ。砂の上を裸足で歩くかのような心地よさを得られるブランドです。ここで作られる靴の特徴は、柔らかなインソールが使用されていることです。しなりのある素材が用いられているために、つま先の動きを邪魔しません。また土踏まずの部分はアーチ状の立体構造になっており、インソールと土踏まずの隙間が埋められています。そしてかかと部分には窪みがあり、これによって足がしっかりと靴に固定されます。また使用されている素材は肌触りの良いスエード革で、裏面にはコルクの微粒子が施されているために、吸湿発散性に優れています。靴のデザインは飽きの来ないシンプルでおしゃれなものがメインで、流行に左右されずに履くことができます。所在は東京都台東区駒形2-1-8楠ビル301で、金曜日と土曜日の12時から19時のみの営業となっています。

ザ・ブーツショップ:職人による最高のオーダーブーツ


こちらは名前が示す通り、ブーツ専門店。ROLLING DUB TRIOというブランドの本店となります。店内はアメリカのブーツショップを思わせるおしゃれなデザイン。そしてそこで出会えるブーツは完全ハンドメイドのブラックカラーやブラウンカラーがメインのレザーブーツですが、物柔らかな印象を与える女性用ブーツもオーダーできます。また店内では革を使用した小物なども販売されています。
所在は東京都台東区花川戸2-3-3で、営業時間は月曜日と金曜日が15時から20時、そして土曜日と日曜日が15時から20時となっています。その他の曜日に関してはアポイントメントを取ってからの営業となりますので、事前の電話連絡が必要となります。

リーズナブルで種類も豊富!浅草にある街の靴屋

靴の丸善:浅草最大級!リーズナブルで種類も豊富な靴屋

浅草の激安靴専門店といえば「靴の丸善 浅草」です。ここは元靴問屋です。そのため現在も流通にかかる費用のカットなど、商品価格を大幅に値下げする販売方法を受け継いでいます。ビルの1階から4階までが全て靴売り場となっており、販売数は13,500足を超えます。
ビジネスシューズ、カジュアルシューズ、スニーカー、そしてサイズの大きな靴や小さな靴を取り揃えており、レディースシューズはそれらに加えてドレスシューズのレパートリーが用意されています。また最近では外反母趾用の靴も販売されるようになり、老若男女問わず訪れることのできるお店となっています。
所在は東京都台東区花川戸1-2-4で、東京メトロ銀座線・都営地下鉄浅草線・東武鉄道の「浅草駅」を下車してすぐのところにあります。

ユニバース靴店:安くておしゃれな使い勝手の良い靴屋

1970年に創業した「ユニバース靴店」は浅草の新仲見世商店街にある女性用の靴を専門的に販売するお店です。おしゃれで機能的なものやブランドシューズ、そして流行に左右されないモデルの靴を格安で販売しているために、多くのお客さんが訪れるお店となっています。店構えもオープンで、外までリーズナブルな靴が並んでいるので、観光客も地元の方も多いお店です。また1998年には男性用の靴を扱う、「ユニバース靴店Ⅱ」がオープンしました。コンパクトな店舗ではあるものの、ビジネス、そしてカジュアルシューズを豊富に取りそろえています。
所在は東京都台東区浅草1-28-5新仲見世商店街で、「ユニバース靴店」、「ユニバース靴店Ⅱ」、そして「ユニバースC店」の3店舗が連なっています。営業時間は10時30分から19時で、年中無休で営業しています。店舗はアーケードの下にあり、雨の日でも訪れることができます。

旅靴屋浅草店:メイドイン神戸の靴をはいて旅に出よう


新仲見世商店街を歩いていると、赤地に白くて可愛らしい文字で「神戸 旅靴屋」と書かれた看板が見えてきます。ここは有名な「旅靴屋 浅草店」です。そして看板に掛かれている店名の横には、「歩きやすい靴」、「旅行用の靴」、そして「made in Japan shoe shop」という文字が書かれています。ほとんどが靴が、神戸のメーカーです。
これらか示す通り、このお店は日本製(特に神戸)で歩きやすい靴を販売しているのです。足に負担のかからない靴を探している人や、旅行用の靴を探している人におすすめのお店です。また幅広足や甲高足、そして外反母趾の人もここで履きやすい靴を見つけることができます。店舗の入り口は狭いものの、おしゃれな店内にはたくさんの靴が並べられています。住所は東京都台東区浅草1-22-7です。営業時間は10時30分から19時30分までで、年中無休です。

カロール新仲見世店:活気あふれる名物店

新仲見世通りにあるドラッグストア、「マツモトキヨシ」の向かいには「カロール 新仲見世店」があります。ここは誰もがすぐに見つけることのできるお店です。なぜならお店からあふれんばかりの靴がずらっと並べられており、さらに名物のお店の方が「どんどん履いてみてー」と呼び込みをしており大変目立つからです。
サンダル、メンズビジネスシューズ、ブーツ、そして女性用のパンプスなど、様々な種類の靴が販売されています。とりわけ格安で販売されているものは外に並べられており、店前は格安シューズを求めて来店するお客さんであふれかえることもあります。シンプルなデザインのものも多く販売されており、飽きの来ない靴を購入したいという人にもおすすめできるお店です。住所は東京都台東区浅草1-20-12で、営業時間は9時から20時となっています。

シカゴ靴店:無料で足圧測定ができる町の靴屋

「シカゴ靴店」では、紳士靴、婦人服、そしてケミカルシューズなどを取り扱っています。ここも価格がリーズナブルな商品を多々揃えているために、気軽に立ち寄れる靴店です。また「シカゴ靴店」ではお客さんの足圧を無料で計測するサービスを行っています。加えて膝への負担を軽減させる靴、「アサヒメディカルウォーク」の販売も行っています。
この靴は膝の関節を守り、尚且つ歩くときに使う筋肉をサポートする働きがあります。そのため膝が痛くて歩くのが困難であるという人におすすめできるものです。
「シカゴ靴店」の住所は東京都台東区浅草1-28-2で、営業時間は10時30分から19時です。定休日は水曜日となっています。

サンエス靴店:下駄がお土産にも人気な仲見世通りの靴屋

仲見世通りの雷門近くにある「サンエス靴店」は夫人靴、男女スニーカー、下駄、雪駄、そして草履を取り扱っています。このお店での注目商品はやはり下駄や雪駄でしょう。とりわけ下駄の種類は非常に豊富で、浅草観光に訪れた人たちの目を引く商品となっています。またお土産用として和柄のスニーカーなども販売されています。
観光名所の近くにあるために、浅草の靴屋のなかでもユニークな商品を取り扱っているお店の1つです。最近では通販でも商品を販売している「サンエス靴店」ですが、味のある看板や店内は非常に興味深いものですので、浅草を訪れた際には足を運ぶことができます。
住所は東京都台東区浅草1-18-1で、営業時間は9時20時です。定休日はありません。

トヨダヤ靴店:ダンスシューズも揃う浅草の靴店

トヨダヤ靴店
仲見世を歩いていると、味のある文字で「トヨダヤ靴店」と書かれた看板が見えてきます。ここでは紳士靴、そして婦人靴の他に、ダンスシューズを販売しています。
また観音通りにも店舗があり、ここでも紳士靴、婦人靴、そしてダンスシューズを販売しています。また「観音通り店」はサイズの小さな靴を豊富に揃えていることで知られています。そのため足が小さな人は、ここで自分好みの靴を見つけることができるかもしれません。
住所は「仲見世店」が台東区浅草1-37-1で、「観音通り店が」台東区浅草1-2-12です。営業時間はともに9時30分から19時で、定休日はありません。

鈴忠シューズセンター:リーズナブルで豊富な種類のすずちゅう


「すずちゅう」とひらがなで書かれた看板がトレードマークの「鈴忠シューズセンター」は、子供靴、スニーカー(NIKE、NEW BALANCE、adidas、CONVERSEなどのスポーツブランド)、パンプス、ブーツ、そしてサンダルといった様々なジャンルの靴を取り揃えています。また価格もたいていのものは定価から値引きされており、消費者にとって購入しやすい条件が整っています。ちなみに「鈴忠シューズセンター」も通販での商品販売を行っています。
お店の住所は東京都台東区浅草2-1-2で、営業時間は9時30分から19時30分となっています。

coche et coche浅草ROX店:流行を抑えたレディースシューズなら


ここはコスメや雑貨など、おしゃれにかかわる商品を販売しているお店がひしめき合う「浅草ROX」の中にある靴店です。そのため店舗内は非常におしゃれです。取り扱われている靴もトレンドを押さえたものが多く、スポーティーな印象を抱かせるカジュアルシューズから可愛らしさを前面に出したものまで、様々です。
住所は東京都台東区浅草1-25-15、浅草ROX2階で、営業時間は10時30分から21時となっています。

パンジー浅草ROX店:歩きやすい靴をお探しなら

「パンジー浅草ROX店」は女性専用の靴を取り扱っているお店です。流行を取り入れたおしゃれなパンプスやブーツを販売していますが、これらは履きやすさを追求してデザインされています。そのためおしゃれで、尚且つ足に負担のかからない靴を購入したいという女性におすすめのお店です。「パンジー浅草ROX店」は浅草ROXの1階エスカレーターのすぐわきにあります。そのため見つけるのも容易です。
住所は東京都台東区浅草1-25-15、浅草ROX1階で、営業時間は11時から21時となっています。

浅草EKIMISEのa.r.u.c

ここで販売されている靴はおしゃれなものが多く、浅草らしい和柄のスニーカーなどもあります。また種類も豊富であり、可愛らしい小物も販売されていることから、おしゃれに敏感な若者たちに人気のお店です。「a.r.u.c」の靴は個性的なデザインだけが売りではありません。履き心地の良さを考えて作られているために、長期にわたって使用できるのです。
所在は東京都台東区花川戸1-4-1、EKIMISE4Fで、営業時間は10時から20時となっています。

浅草の靴祭りとは?

浅草に多い靴屋、しかしそれだけでなく、靴の祭りも行われるのをご存知でしょうか?1974年にスタートしたのが靴のめぐみ祭り市。靴作りの職人やメーカーが集まっているこの浅草だからこそ、靴に感謝をする意味でスタートした祭りです。

靴のめぐみ祭り市:いい品を激安で


「靴のめぐみ祭り市」は東京都台東区の浅草玉姫稲荷神社で行われる祭で、靴対する感謝を示す目的で行われます。当日は靴、カバン、そしてベルトなどの皮革製品が割引価格で販売されます。中には8割引で販売されるものもあり、多くの人が訪れる祭となっています。この祭りが行われるのは冬の時期ですが、春の時期には「こんこん靴市」が開催されます。ここでも皮革製品の安売りが行われ、玉姫稲荷神社は多くの人で混み合います。
玉姫稲荷神社の所在は台東区清川2-13-20です。「靴のめぐみ祭り市」は2日間にわたって行われ、開催時間は9時から17時です。開催日は台東区のホームページなどで事前に確認する必要があります。

▲ このページのトップに戻る