浅草観光といえば、日本屈指の観光地という事もあって歴史、食、お土産ととても充実して過ごす事ができます。

最近ではスカイツリーもできましたので、この主要2箇所を回れば一日のスケジュールは埋まってしまう事でしょう。

しかし、「子連れ」で浅草観光をしようとすると、なかなか子供が楽しめるスポットというのが見つからないものです。小学校も高学年になれば歴史や有名スポットをまわるだけでも理解してくれると思いますが、低学年となると、やはり子供向けコンテンツでなければ楽しむことが難しいものです。

その点、浅草は古き良き観光スポットである為、そういったニーズを満たしてくれる施設というのはとても限られています。加えて、情報などもまとまっていないので行き当たりばったりになってしまい、子供も不機嫌になるという事になりかねません。

そこで今回は、点在している子供が楽しめるスポットをまとめましたので紹介します。是非チェックしてみてください。

がっつり子供を浅草で遊ばせるなら【目安2時間程度以上】

まずは、しっかり子供も遊ばせたいという場合の選択肢を見ていきましょう。大人としてもせっかく来たのだから寄りたいという場所があるはずです。

花やしき

浅草花やしき

浅草で子供をがっつり遊ばせるならやはり「花やしき」が最初に出てくるでしょう。さすがに紹介するまでもないと思いますが、ポイントだけ触れておきたいと思います。

料金は、フリーパスで大人2300円、子供(小学生)2000円となっています。回数券もありますが、2時間程度遊ぼうという場合はフリーパスで良いと思います。

アトラクションは身長制限があるものもあるのでお子様が130cm以下の場合は注意が必要ですね。身長制限のアトラクションは4種なのでそれ以外は付き添いなどをすることで楽しめます。

その他、注意点として◯◯県民の日というのがたまにあるのでその日は非常に混雑します。事前に確認すると良いですね。

加えて、基本的には屋外のアトラクションがメインとなるので夏は暑く、冬は寒いです。広い園内ではないものの、体力はきっちり消耗しますので他の観光計画も踏まえて利用をするか判断すると良いでしょう。

すみだ水族館

すみだ水族館

こちらはスカイツリータウンの中にある、水族館となります。当然新しい施設となりますのでとても綺麗で人気スポットです。料金は大人2000円、高校生1500円、中小学生1000円、3歳以上600円となっているので地方や郊外の水族館と比べると少々割高です。

大人がデートに利用しても雰囲気がよく通常の水族館よりはシックにまとまっていると思います。やはり生き物を見るというのは子供は夢中になってくれますので、屋内で少し休憩がてら利用してみるというのが良いです。

土日祝となると混雑しているタイミングも多いですので、事前にウェブサイトで混雑状況を見ておくと良いと思います。

目安2時間程度に分類しましたが、さくさく見ていく人は1時間程度でも回れてしまう規模感です。

上野動物園

上野動物園入り口

こちらも浅草のお隣、上野の有名動物園です。
何かと話題も多くテレビにも露出していますので、やはり土日祝は混雑しています。
非常に広く2時間でも足りるかなという感じですが、入園料はお安め。一般600円、中学生200円、小学生以下は無料となっています。

ここに子供を連れて行くという場合はやはり半日は最低でも覚悟しておいたほうがよいでしょう。東園、西園とありますが、すべてまわって、西園から退園するとまた歩いて駅方面へいかないといけないのでかなり足にくるはずです…。

見所沢山でとても良いスポットですが、1日だけの浅草観光の計画に組み込む場合はすこし注意が必要ですね。

水上バス(TOKYOCRUISE)

隅田川水上バス

こちらは隅田川を走る水上バスです。観光としてはお台場方面に行くことが多いかと思います。東京観光の一環として浅草やお台場を回る際には子供の嬉しく良い移動手段かと思います。

料金は便や距離にもよりますが、およそ1500円程度、子供は半額となります。所要時間は60分~70分(片道)となるのでなかなか良い思い出になるのではないでしょうか。

ただし、こちらも土日祝となるとだいたい行列ができています。船も種類がありますが、「ホタルナ」、「ヒミコ」あたりが人気なようです。男の子は確実にこの2つが良いと言うでしょう。

子供向けスポットもきっちり計画に組み込むなら【目安1時間程度】

次は観光の途中に1時間程度、子供が遊べる時間を作りたいという場合について見ていきましょう。

こどもの湯

こどもの湯

こどもの湯はスカイツリータウン内にあるボールプールを温泉に見立てた屋内型遊戯施設です。ボールプール部分は小学校2年生以下が対象となっていますので注意してください。

ボールプール以外にもなりきり商店街、射的コーナーなど、まさに子供が嬉しいものが揃っています。大人にもマッサージチェアがあるなど、歩くことも多い浅草・スカイツリー観光には有り難い施設と言えますね。

疲れて子供を自由に遊ばせたいという時には最適な施設ではないでしょうか。

kids US LAND

ekimise内kidsisland
出典:kids US LAND

こちらは浅草EKIMISE内にある子供向け屋内型遊戯施設です。EKIMISEは浅草の観光拠点のような場所ですので立ち寄りやすい点がおすすめです。会員登録費として300円かかりますが、15分100円から遊ばせることができるので調整もできて良いのではないでしょうか。

2017年12月にオープンした施設ですので意外と穴場かもしれません。また、EKIMISE内は休憩用ベンチなども多いので疲れた時は立ち寄ってみると良いでしょう。

地味ですが、お気に入りのショッピング施設です。

郵政博物館

簡易保険の子供向けゲーム

スカイツリーへ行くのであれば、この郵政博物館も要チェックです。小学生は150円で入場できますし、日曜日でも空いています。夏休み期間中などは子供向けのイベントもあるので混雑も考えられますが、通常の日曜日であれば問題なかったです。

郵便や通信の歴史や発展をテーマにした博物館となりますが、所々、子供でも楽しめるようにシミュレーターやアトラクション、ミニゲームなどが設置されています。

40分~1時間は子供を遊ばせることができると思います。

実際に行ってみたレポート記事がありますのでこちらも参考にしてみてください。

たばこと塩の博物館

塩作りの模型

スカイツリーを利用の際はこちらもターゲットになるかと思います。ネーミングから子供がまったく楽しめなさそうですが、そんなことはありません。

様々な展示がとても工夫されていて入場料大人100円、子供50円とはとても思えません。何かとお金のかかる浅草観光ですから、この穴場博物館を攻めてみても良いのではないでしょうか。

詳しくは、別記事にて紹介しています。どの程度子供が楽しめるのか、どういった博物館なのか分かるかと思います。

隙間時間に子供を楽しませるなら【目安30分以下】

最後は、30分程度の時間で子供が楽しそうなスポットの紹介です。

ハイカラ横丁@ロックス3G

ハイカラ横丁

ハイカラ横丁はROX3Gというショッピング施設内にある駄菓子屋さんです。昭和レトロなディスプレイを意識していて、楽しく買い物ができます。

おもちゃや雑貨もあるので予算を決めて子供に選んでもらうのも良いでしょう。

こういったコンセプトのお店は大人が見ていても楽しいですよね。浅草の中心地にありますのでどういったコースをとっても立ち寄りやすいのも良い点です。

子供がグズった時など、緊急避難してみてはいかがでしょうか。

花川戸公園

浅草寺、二天門から隅田川方面に歩いていくとある花川戸公園。小さい公園ではありますが、作に囲まれたアスレチック遊具があります。天気の良い日であれば、ここで子供に遊んでもらうのも良いでしょう。

あまり大きくないので混雑している場合は隅田川まで出て、隅田公園内、言問橋の手前にある遊具コーナーまで行くのも良いと思います。

大横川親水公園

スカイツリー方面へも足を伸ばす場合は、この大横川親水公園も子供にとっては良いスポットです。細長い公園となっているので錦糸町方面まで伸びてはいるのですが、一番スカイツリー寄りの部分に地元民から「船の公園」と呼ばれている場所があります。

大きな船をモチーフにした公園なのですが、大きなローラーコースターがあります。

他には小さな滑り台くらいしかないのですが、この大きなローラーコースターはなかなかおもしろいはずです。

うちの子も行けば最低3回は滑ってきます。15分くらいは遊んでいますし、これだけでも一度遊べると満足するものです。軽く遊ばせるという点ではおすすめできる公園です。

タイトーステーション

タイトーステーション
画像出典:タイトーステーション

浅草の中心地にはゲームセンターが2箇所ありますが、子供向けなのがこちらのタイトーステーションです。
ROXからすぐ近くに位置しているのでアクセスも非常に良いと思います。

そしてなんといっても子どもたちが大好きなキッズカードゲームがある事が良い点ではないでしょうか。ただし、多くの種類が設置してあるわけではないので目的の機種がある場合は事前にチェックするようにしてください。

テレビ局キャラクターショップ@スカイツリー

ツリーヴィレッジ
出典:ツリービレッジ

最後は、スカイツリータウン内のテレビ局キャラクターショップを紹介して終わりたいと思います。
アンパンマンからぐでたま、ドラえもん、ちびまる子ちゃん、NHK番組等人気のキャラクターグッズが買えるコーナーがあります。

値段は結構するものが多かったように記憶していますが、旅の思い出に何か買うなら子供は喜ぶのではないでしょうか。

子供に限らず多くのファンの人たちが訪れています。子供は見るだけでは我慢できないかもしれませんが、15分ほど立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

以上、浅草を観光する際のおすすめ子供向け施設、スポットの紹介でした。

せっかくの観光ですから、子供にも楽しかったよと言ってもらいたいですよね。
自分たちの計画に合いそうな場所をピックアップして、可能であれば組み込んでみてください。

では、良き浅草・スカイツリー観光を!!

子連れの食事については下記ページを。

▲ このページのトップに戻る

by

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択

メッセージ