浅草でお店を探しているときに、いつも迷ってしまうのが二軒目に行くお店です。

ビールを飲み、ある程度食事もして、さて次にどこかサクッと飲めるお店はないかと探すのですが、これが非常に難しい。

2軒目なら浅草六区ばるがおすすめ

お店の数は多いのですが、「食事」をメインとしているところや、「ホッピー通り」にあるようなビールやホッピーがメインのお店は避けて、さらにオーセンティックなバーも避けて、常連さんでにぎわうお店も避けて…と絞っていくと案外ピンポイントのお店がなかったり。

そんな困ったときは「浅草六区ばる」に来てしまいます。

浅草六区バル
そもそも「浅草六区」とは、浅草寺の周辺を一区から7区まで区分けした中の1つである「浅草公園六区」をさします。この六区は、有名な“ロック座”なども構える日本屈指の歓楽街でした。初めて映画館が出来たり、浅草花月劇場などのお笑い演劇を行ったり、道からはみ出るほどの人でにぎわっていました。

浅草六区

今はすべての映画館も閉鎖し、劇場も減り、かつての華は影を潜めましたが、それでも“ロック”という名前は受け継がれています。そんな浅草六区のうんちくなんかを話しながらお酒を楽しめるのが浅草六区ばるかもしれません。

ワインも日本酒も焼酎も豊富で美味しい!

浅草六区のメニュー

浅草六区ばるは、スペイン料理やスペインワインが楽しめるバル。国際通り、浅草ビューホテルの向かいに位置します。

店構えは小さそうなものの、スタンディングの一階席(ちょっとしたイスもあります。)から着席の2階席、3階席まであり、禁煙・喫煙が分かれているので、女性でも安心です。

さて、ここの良いところは、スペインバルであるのに、ジャパニーズメニューも多く、誰を連れて行っても2軒目としてのハイパフォーマンスを発揮するところ。

1軒目でビールを飲み、2軒目であるここでスペインワインとタパスを楽しんでもよし、ビール派でも豊富なスペインの瓶ビールが用意され、日本酒や焼酎好きにもお酒が豊富な上に、いぶりがっこや、たたみいわしなど、日本のおつまみも楽しめます。

観光地にある料理やお酒が手広いバー=たいがい美味しくない(失礼)なのですが、ここは料理もお酒もわりと本気。スペインメニューも日本メニューも美味しいです。

お酒や食事の好みの違う人と一緒にいっても、誰でも楽しめるのが嬉しいですね。

おすすめはもちろんスペイン料理と酒

スペインバル
日本食も、スペイン料理も、と書きましたが、もちろんおすすめはバルなのでスペインのお酒と料理。

タコのガリシア風や、アヒージョ、カジョス(スペイン風モツ煮込み)、スペイン風オムレツなど、スパニッシュらしいメニューが並びます。私は食べませんでしたが、隣の方が食べていた鶏レバーのアヒージョが美味しそうでした。(にんにくの匂いだけでお酒飲めます。笑)

前回うかがったときは、オリーブ、サラミ、チョリソーという塩漬けメニュー祭りな感じで食べてしまったので、写真が寂しくて申し訳ないのですが、メニューの種類は豊富なのでご安心を。(ちなみにサラミとチョリソーは似てたのでどちらか1つで十分です。焼いたソーセージをイメージして頼んでしまいました。)

このときは2人で行って、スペインビール1杯、赤ワイン2杯ずつ。グラスワインもハウスワイン以外に赤白それぞれ5種類ほどから選べるというのも嬉しいポイントですね。

お会計は、つまみを3品ほど頼んでお会計5000円ちょっとくらい。安!とは思いませんが、観光地としては適度なお値段なんじゃないでしょうか。

浅草で一杯飲もうというとき、2軒目に困ったとき、おすすめのバルでした。

浅草のバル

浅草には、他にもバル(バール)っぽいお店がいくつかあります。例えば浅草ロックバルの向かいあたりにあるヴィンゴ。料理も色々あるワイン酒場です。日本酒のように枡酒で飲むワインがあったりして楽しいですよ。

続いて国際通りをさらに田原町方面へ進んだところにある「カラカラ」。比較的新しいお店なので、綺麗めです。ハッピーアワーだとワインが200円で飲めるのでお得ですね。

浅草は歩いてみると良さげなお店が多くあります。色々探してみて下さいね。また、浅草でおすすめのバルもまとめたのでチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

店名 浅草六区ばる
住所 東京都台東区浅草2-12-5 1F~3F

スポンサーリンク

▲ このページのトップに戻る

by
カテゴリ:バー・お酒, 食事, 飲み屋 タグ:

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択

メッセージ