下町の雰囲気が漂う浅草ですが、実のところここは国際色が豊かな地域です。そしてここ「ボナ フェスタ」はそんな浅草ならではとも言える、ロシア料理を扱う珍しいレストランです。

ボナフェスタ:浅草の中心で本格ロシア料理を頂けるレストラン。

場所は浅草の駒形橋付近。このあたりは駅から近いにもかかわらず、浅草の喧騒からは少し外れ観光よりも地元で働く人や住まう人が多いエリア。人混みもないのでガヤガヤした音も少なく、とても落ち着いています。

そんな駒形橋から続く大通り沿いにあり、外見は美しい白壁に存在感のあるドアが印象的で、店内はシンプルでありながらも落ち着いた照明や飾りカーテンなどで美しくデコレートされています。

ボナフェスタでロシアの本格コース料理をランチやディナーで

ロシア料理は日本人の口に合う味であると言われています。たとえばここで提供されるキャベツロールや牛肉の赤ワイン煮、そして野菜を使ったロシアの代表的なスープ、ボルシチなどは日本でも食べられることの多いメニューです。

とても親しみやすい味なのに、ロシア料理というと「ピロシキ」と「ボルシチ」しか浮かばない・・・という方も多いかもしれません。そんな方にはぜひ一度本格的なロシアのコース料理を試してみてもらいたいです。

前菜のアペタイザーにはザクースカと呼ばれる一口で食べられる綺麗なプチ前菜や、魚介料理、ハムなどのお肉の前菜、続いてスープは壺入りのクリームスープや、魚卵を使ったスープ、もちろん定番のボルシチも外せません。

メインディッシュはロシア風ハンバーグや和牛フィレ肉を使用したストロガノフ、ロシア風のロールキャベツなどにくわえ、人気の牛肉料理も。ここで使用されている牛肉はA4ランクの黒毛和牛です。そのためこの牛肉を使用したメニューが「ボナ フェスタ」での一押しとなっています。

ちょっと物足りない方には、魚介料理を追加することもできます。ぷりっぷりのエビを使用した揚げ物や、ホタテのポワレ、贅沢にタラバガニを使用したクリームコロッケなど、心が踊る料理ばかり。

ロシア料理らしいビーツをつかった色味、日本人の口に合いやすいソース。美味しいロシア料理を、雰囲気の良いレストランでいただくなら、ボナフェスタを一度試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

店名 ボナフェスタ
住所 東京都台東区雷門2丁目6−9 ガーデンビル 1F

スポンサーリンク

▲ このページのトップに戻る

by
カテゴリ:食事 タグ:

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択

メッセージ