昔は浅草観光に、母と伯母はよく連れ立って出かけていて、私はお供で付いていったっけ。二人の昼食は決まって「大黒屋天麩羅」の天丼で、小学生の高学年まではよく行っていた。

黒い天麩羅で丼からはみ出していたから、小さな私には「すごいご馳走」のランチだった。

浅草名物、江戸前天丼の大黒家天麩羅

tendon

成人して主人とデイトで浅草にはよく出かけたが、「大黒屋天麩羅」を訪れることは無かったのだ。訳は「大黒屋は美味しくない」という彼の意見から…。彼の美味しいという天麩羅は、カリッとサクサクに揚った江戸前の味らしい。

だから私も現在の60歳になるまで、「大黒屋」の暖簾をくぐったことはなかった。

老舗のお店だし人気もあるから、行列はできているけれど、横目にみながら通り過ぎるだけ。
「中清」とか「葵」とか、別の店に入ることもあるし、寿司や鍋、釜飯など食べたいものが満載の浅草だから行くこともないし…。

けれどそんな中、縁があって再び訪れることが出来た。

久しぶりにくぐる暖簾は、昔の印象と変わらず老舗らしい風格が漂っている。

店内も、木の温もりが漂い、昭和からそのまま現代に来たような電球。そして胡麻油の香ばしい香り。味や香りなどの五感は忘れないというのは本当みたいだ。

そして運ばれてきた天丼の大きさ!

小さい頃に見て大きいとおもったものは、大人になると小さく見えるというが、とんでもない。大人になってこそ判る、十分すぎる大きさだ。

一口頬張ると、ふわっとした衣に丸々とした海老。そして濃く見えて、しょっぱくないタレが絡まり、大変美味しい。

大黒屋天麩羅の口コミ評価

口コミを見てみると、

「有名だから食べてみたい」
「浅草に来たら寄りたい」
「老舗の味に興味がある」

…等々の書きこみが多く、味わいよりも、その人気だから食べた方が多いようだ。

中には、衣が厚い、サクッとしていない、重たいなどの感想も見える。

…でも、私の料理好きの母や伯母は大好きで絶賛した味なのだから、まずいというのは果たしてどうかな?

カリッとサクサクではないのは、「蓋をした蒸らし天丼」だからなのだそうだ。
タレが黒いのは、江戸っ子好みの濃い蕎麦つゆに合わせているから、なのだそうな。
130年間続く秘伝のタレ、美味しいと感じるのは「江戸っ子」だから、とか。
私の母と伯母は岩手出身だから、江戸っ子ではない田舎者だ。
その田舎者をも虜にした味わい、大好きな人もいるから老舗なのだ。

浅草で江戸前天丼の体験を

天丼は「サクサク」が好きな人は行く必要は無いけれど、変わった味わいの江戸の天丼に興味のある人にはおススメ。

行列しても、出来上がりが遅くても、多少は高くても、それが老舗の味と思えば最高の味わいになるはず。口コミの人は、大体が観光客で興味があっての食事の結果のこと、期待が大きすぎると点数も辛くなるもの。
江戸っ子が好きな『蒸らし天丼』に興味がある人は、食べてみて…。

子供の頃の記憶では、黒いのは胡麻油で揚げているから、と聞いた覚えがあったのだが、やはり胡麻油を使用しているようだ。書いていて昔ながらの味わいの天丼、母と伯母を偲んで行ってみたくなった私だった。

他にも大黒屋の口コミが見たい方は、どうぞこちらもチェックしてみてください。
江戸前天丼の大黒家天ぷらの本店へ!

店名 大黒家天麩羅 本店(だいこくやてんぷら)
住所 東京都台東区浅草1-38-10

▲ このページのトップに戻る

by 浅草観光のオトモ
カテゴリ:食事 タグ:提供:Kさん/60代女性
応援コメントをどうぞ!※現在投稿はできますが、反映はされません。

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

メッセージ

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択