最近、浅草に家族連れでくる海外の観光客の方も多くなりました。東京のなかでも、歴史的な要素が強く残る浅草は、町並みなども日本的できっと家族連れで楽しめるスポットでしょう。

そんな浅草にくる海外の家族連れにおすすめな食事を、アメリカに住むライターSが紹介していきます。

子どもと一緒に!外国人観光客におすすめのレストラン

親子で食事

お子様との旅行ですとなかなかゆっくりはできないですよね。また格式高いところですとお子様はご遠慮くださいなどの注意書きがあってしまうこともあります。

現地に行ってみて入れるレストランなどがない・・・そんな思いをしないためにも今回は、外国からお子様連れのお客様がいらした際にどこに案内するか考えるときの参考になればと思います。また外国からのお客様の実際の口コミも参考にしたいと思いますので、TripAdvisorから実際の口コミも紹介いたします。

日本らしい食事を紹介するなら!釜めしむつみ浅草店

はじめに紹介するのは、「釜めし むつみ浅草店」です。釜飯といえば日本らしい食事の仕方のひとつです。

釜飯は一人用の釜にご飯、具を入れて炊く食事ができる料理ですので、一つのお皿からシェアして食べることに慣れていない文化からお越しのお客様を案内するときに最適かと思います。また小さいお子様へのとりわけも釜飯なら簡単に行えます。

場所は浅草寺の裏手。少し遠そうに見えますが、意外と浅草駅から徒歩10分以内の近さで、浅草寺からも近い立地になりますので家族連れのお客様を是非案内してみてはいかがでしょうか?

和を感じる店内で天ぷらなら!雷門三定

続いてはこちら「雷門 三定」。創業は170年以上前にものぼり、天ぷら屋さんとしては最も古い暖簾を継承しているお店だそうです。天ぷらといえば日本を代表する料理のひとつです。美味しい天ぷら…ということだけを考えると他にもたくさんお店がありますが、日本らしい店内や老舗の雰囲気は他ではなかなか味わえません。

また使う材料や、揚げ方によっても味が変わる不思議な魅力を持った料理でもあります。

そしてこちらは江戸前天ぷらと呼ばれる種類の天ぷらを提供しているため、他とは違った天ぷらをいただくことができます。

また英語表記のメニューもありますので、外国からのお客様を案内することができます。場所は各路線の浅草駅から徒歩5分の近さで、雷門の隣にて営業しています。

The restaurant is just right next to Kaminarimon and short walk from the Asakusa subway station. It opens at 11:30 am, we reached around 11:15 am and there was already a few persons lining up outside of the restaurant. The service was a bit slow but it didn’t bother us at all, we were enjoying the traditional setting of the restaurant while waiting. The Tendon that we ordered came with a piece of fish, squid, prawn and eggplant. The tempura served was not those crunchy kind, sesame oil was brushed on top the the tempura. The price was not that cheap but worth it.

「こちらのレストランは雷門の真横にあり、地下鉄浅草駅からも歩いてすぐの場所にあります。開店は11:30からですが、私たちは11:15に到着しました、しかしすでに数人の人たちがレストランの外で並んでおりました。

サービスは少し遅いですが、私たちの迷惑にはなりませんし、日本の伝統的な店内で楽しんで待つことができました。

私たちが注文した天丼は、魚・イカ・エビと茄子が乗ったものです。その天ぷらはカリカリとしてはいなく、天ぷらの上からごま油がかけてありました。値段は安くはないですが、その分の価値はありました。」

外国人に人気の高いラーメン屋巡り

そして日本に来て忘れてはならない食事の一つはラーメンではないでしょうか?ニューヨークや世界の各都市で人気のラーメン。美味しいものが食べたいからわざわざラーメン屋へ行く!という海外の方も多いです。

また麺類でしたらお子様連れの方でも食べやすく、釜飯同様、とりわけもしやすいですので、オススメです。多く召し上がられる外国の方や、お子様とシェアをしても十分な量をお召し上がりいただけるかと思います。浅草のラーメン屋さんはこちらを参考にしてみてくださいね。→浅草の美味しいラーメンを知ろう!

例えば、浅草の中心地から近くにある「つけ麺屋利平」だと、こんな感じの感想が。麺の量が並でも大でも料金が同じなつけ麺です。

On a main road(Kaminarimon), near The Gate Hotel, Tsukemen House Rihei is a great choice when you are in Asakusa and feeling hungry. You can eat a lot for about $11-12usd here. The regular, medium and big portion all have the same price and for an extra buck you can get an extra big portion of noodles. Keep in mind, this is a “locals” type shop with a yen coin-op payment machine (in Japanese) for ordering…but there was a kind lady who spoke enough English to help us order.

「こちらは雷門通りのでゲートホテルの近くにあります。つけ麺屋利平はあなたが浅草にきたらお腹を空かせて訪れるべきお店です。

あなたはたっぷりの量を11~12米ドルで食べることができます。並・中盛り・大盛り全ての量が同じ値段で、追加料金を払えばさらに麺を追加することができます。

また覚えていて欲しいのは、ここは「地元の人の」お店であるため日本円の硬貨で支払う機械(日本語)で注文をしますが、ここの優しい女性スタッフは私たちを助けるのに十分な英語を話すことができます。」

気軽に浅草風ファミレスなら!浅草うまいもんあずま

見た目はいかにも観光客向けレストランという感じですが、意外にも昭和15年より続く老舗の食事処です。1階はテーブル席で2階は座敷となっていますので、小さいお子様がいらっしゃる時は、座敷でお召し上がりになるもの良いかもしれませんね。

料理も豊富で、少し料金は高めですが、いろいろなものを選び注文ができるので、ファミレス的な気軽な雰囲気で日本っぽい食事がご希望でしたらこちらがおすすめです。

また甘味も豊富にあるので、お母様方にも喜んでいただけるのではないのでしょうか?場所は、東京メトロ銀座線浅草駅より徒歩3分ですので、お子様と歩いて行ける距離となっています。

After exploring Asakusa temples we stopped for lunch at this place. The restaurant has English menu and offers sushi as well as other Japanese dishes. There is a good choice of sake and most of them are served in elegant bamboo bottles which is fun. Sushi quality was ordinary, but Anago Don (conger eel cooked in broth and served on top of vinegared rice) was delicious. The bill came to reasonable 3,135 Y for two. The place could be recommended for a satisfying lunch.

「浅草寺散策のあと昼食のあとにこちらに立ち寄りました。こちらのレストランは英語表記のメニューがあり、寿司だけでなく他の日本料理も提供しています。

また日本酒の種類もよく、竹のボトルで提供されるのも良かったです。寿司の質は普通でしたが、穴子丼は美味しかったです。料金はリーズナブルで、2つで3150円でした。こちらにはランチで来ることをおすすめします。」

番外編!日本の親子カフェを体験するならぱんだカフェ

 

レストランではありませんが、地元の親子連れやお母さんと子どもで賑わう親子スペースです。遊び道具も豊富で、観光に飽きてしまった小さな子どもさんと一緒に少しゆっくりすることが出来るかもしれません。

浅草駅よりは田原町駅からのほうが近いですが、こちらは小学生未満のお子様をお連れのご家族なら利用可能と少し変わったカフェになります。全面畳の店内になりますので、お子様とごゆっくりと過ごすことが出るのではないでしょうか?

ご家族みんなでわざわざ行く…という場所ではないものの、ビジネスマンのお父様と一緒に来日されたのでしたら、お母様とお子様とのふたりでもゆっくりと食事をすることができます。また英語表記のメニューもありますので、日本語が読めなくても安心して訪れることができます。

場所は東京メトロ銀座線田原町駅から徒歩1分の駅チカで、また雷門からも歩いて訪れることができます。しかしこちらは料金体制が少し変わっておりますので、ご案内される前に一度確認の電話をすることをオススメいたします。

以上5店舗を外国からお子様連れのお客様がいらした際にご案内していただきたい、オススメスポットを紹介いたしました。5店舗全てに特色があり、看板商品も違いますので、ぜひお越しになられるお客様のことを想いながら選んでいただければと思います。

浅草の観光や食事の情報をもっと見たい!という方は、トップより探してみてくださいね。

▲ このページのトップに戻る

by
カテゴリ:旅行のハウツー, 食事 タグ:

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択

メッセージ