暑い暑〜い夏。冷たいかき氷やアイスもいいけれど、冷た〜い冷やし麺や冷やし中華でキリッと体を冷やし元気になる、そんなご飯もいいですよね!

冷やし中華に、冷やしラーメン、最近では冷やしまぜ麺に冷麺など、美味しい冷やし麺を挙げればそれだけで気持ちが高まります。今回は浅草、また台東区の浅草近辺で美味しい冷たい麺がいただけるお店を紹介したいと思います。

浅草の夏は冷やし中華や冷し麺を!

何を隠そう、冷やし麺が大好きな私。10数年前に初めて盛岡のぴょんぴょん舎が東京に来た時は、何度も並んで食べたものです。年齢を重ねても冷やし麺熱は収まらずむしろ高まる一方。台東区はラーメン屋やいい中華屋も多く、美味しい冷やし麺をいただけるお店も豊富なので、冷やし麺好きは是非お好みのお店を探してみましょう。

あさひ(浅草)で定番醤油ベースの美味しい五目冷やしそば

asahi
浅草の浅草寺を通り過ぎた先、観音裏の住宅街の中にあるお店「あさひ」。言わずとしれた日式中華の名店です。ここの料理は何をいただいても美味しいと有名。名物と書かれるとろとろのネギがたっぷりのねぎそば、クミンの香る麻辣ちゃんぽん麺、チャーシューになると目玉焼きの乗った中華丼、ご飯が止まらない肉ニラ炒め・・・そして、今回の五目冷やしそばです。
五目冷やしそばはなんと1年中いただけます!麺の上にはたっぷりのきゅうり、ねぎ、なると、ハムそしてクラゲ!全てが千切りになり、上にこんもりと積み上げられ、なんとも美しい…。醤油ベースのすっきりしたタレに、しっかりした麺、そして具材の相性が抜群です。夏に冷たくて辛いものを!と言う方には、四川冷やしそばがおすすめですよ。

麺みつヰのラーメン後に食べるおろし蕎麦

mitsui5
西浅草にオープンした麺みつヰ。オープンしてすぐ美味しいということで話題になり、今では行列の絶えない人気店となっています。こちらのラーメンは、醤油と塩があり、ベースは鶏と魚介の清湯。非常にシンプルなラーメンなのですが、1つ1つの仕事が丁寧で、バランスも抜群。ため息が出る美味しいラーメンなのです。そんな人気店でラーメンと一緒に頼んでいる人が多いメニューが福井の名物「おろしそば」。100gの麺には鰹節がこんもりとのせられ、汁は大根おろしが入っています。さらに味を少し変えるためのネギオイル。一見蕎麦に見えますが、もちろんラーメン屋なのでラーメン。全粒粉の配合が多く香りもたまりません。出汁の香りが高いつゆに麺をくぐらせると、その上品な味で思わず顔がほころびます。ラーメン屋のおろしそば。是非1度味わいたいお店です。

馬賊(浅草)の担々麺のゴマダレを使った手打ち麺冷やし中華

mazoku
「冷やし中華はじめました」の文字に心おどる人は私だけではないでしょう。冷やし中華だけでも色々種類があり、定番のハム、卵、きゅうりが乗った「ザ・冷やし中華」は外せないですし、クラゲやバンバンジーなどがのった細麺が魅力の、少し高級な中華料理屋などでいただける「ゴージャス冷やし中華」ももちろん素晴らしい。しかしこちらの冷やし中華を食べてしまうと、その中毒性から抜けられず、毎回その味を求めて来てしまう・・・と言う状態に囚われます。
こちらにある冷やし中華の数は4種類。定番風の冷やし中華(900円)、具沢山の五目冷やし中華(1100円)、五目の具に担々麺で使うゴマだれベースの馬賊冷やし中華(1300円)、さらに辛味を加えた韓国冷やし中華(1500円)。全てモチモチの手打ち麺なので美味しいのですが、担々麺が売りのこのお店ですから、やはり馬賊冷やし中華がおすすめ!具は、定番のハム、卵、きゅうりに加え、もやし、チャーシュー、イカ、エビ、かいわれ、メンマ、わかめとかなり具沢山!モッチモチの麺とゴマダレ、たっぷりの具が相まってとにかく止まらない旨さ。後半は卓上にある自家製ラー油で味チェンするのもおすすめです。とにかくボリューミーなので、お腹を空かせて臨みましょう!

麺食堂一真亭でガッツリ冷やし拌麺を

banmen1
冷やし麺というと、とにかくさっぱり、同じ麺量でもどこか物足りなかったりする人もいるのでは?そんな方におすすめしたいのが一真亭の冷やし拌麺。拌麺というのは、お店の説明を使うと「濃いめのタレに絡めて食す中国では一般的な麺料理」とのこと。汁なしそばで、日本の油そばの原型とも言われています。さて、この拌麺通常温かい状態で食べるものなのですが、夏の間は冷やしでも頂けるのです。お店は下谷神社の裏あたり。お店もいい意味で現地感がありいい雰囲気。
冷やし拌麺はレモンにチャーシュー、メンマにねぎが乗っています。かき混ぜていただくと、油もしっかりしていて食べ応え抜群!しかしレモンのおかげでさっぱりいただけます。後半は辣油をたっぷりかけるのもおすすめ!トッピングも豊富なので、色々試してみたくなりますね。

珍満茶楼(蔵前)の自家製麺が美味い!冷やし担々麺

chinman
今でこそおしゃれと盛り上がる蔵前ですが、昔はお店が少なく食事をする場所というイメージはあまりありませんでした。そんな蔵前で1936年から営業を続けている老舗が、「珍満茶楼」。蔵前の地元で愛される日式中華食堂のお店です。珍満茶楼でいただけるのは、中華丼や、ラーメン、チャーハン、餃子、炒め物など、ザ・日式中華の料理た地。日式中華のお店は、オイリーでとにかくガッツリ!な男性人気のボリュームタイプが人気になることが多いですが、こちらは言うなれば「家族で来たい日式中華」。丁寧で味もしっかり、ボリュームもあり満足度もあるけれど、脂っぽすぎたり塩っぱすぎたりすることはなく、ほっこりする美味しさ。そんな中人気なのは、自家製麺を使った坦々麺です。担々麺は辛味は強くなく、ひき肉とゴマがたっぷりでクリーミー。それにムチムチな自家製麺がからみます。夏限定で登場するのがその人気メニューの冷やしバージョン。冷たい麺はさっぱり系が多い中、冷やし担々麺はコクも抜群にありクリーミーで満足度抜群です。残ったタレをご飯につけて食べるのも楽しみの一つですよ。

馥香(フーシャン)浅草橋の中華の冷やし担々麺や冷やし麺を

fuxiang2

浅草橋から蔵前方面へ歩いていく途中にある中華料理馥香。フーシャンと読みます。こちらは手打ち麺の担々麺が有名な本格高級中華のお店。コースでいただく夜の中華は、1品1品がクオリティ高く、しつこくなく美味なものばかり。お昼の担々麺も、モチモチの麺にたっぷりのゴマ、風味高い辣油が本当に美味しいです。こちらで夏の間提供される冷やし麺も、ぜひ食べていただきたいメニューばかり。メニューは週により変わるのですが、夏の間はいくつか選べるメニューの中に、冷麺が入っていることが多いです。例えば色々海鮮入り冷やしそば。すっきりした細麺でゴマだれ・ユズだれが選べます。写真は和牛肉のしゃぶしゃぶと棒々鶏入り冷やしそば。ゴマだれ・モロヘイヤだれが選べたのですが、迷った挙句ゴマダレに。麺やタレもさることながら、レアに茹でられたしゃぶしゃぶも最高。ランチからこれが頂けるなんて嬉しい限りです。

韓香家で選ぶのが楽しい!種類豊富な韓国冷麺

kankouya-reimen
kankouya-reimen2

焼肉の最後と言えば冷麺。しかし、たまには冷麺だけを求めてランチへ繰り出すのも楽しいものです。冷麺は2種類ありますが、盛岡冷麺はじゃがいもなどのデンプンが入ったもので、韓国冷麺は蕎麦粉が入ったもの。今回は韓国冷麺です。浅草橋と蔵前の間に出来た一軒の韓国料理屋さん「韓香家」。ここでは、色々な種類の冷麺が頂けます。通常の、韓香家オリジナル冷麺、辛いものが好きな方には激辛冷麺、それ以外にも、海苔がたっぷりのった海苔冷麺、坦々冷麺、そして豆乳冷麺。おすすめは、この豆乳冷麺に卓上のコチュジャンをたっぷりいれて食べること!豆乳の甘みとコチュジャンのまろやかな辛味で食欲がなくてもスルスルと頂けます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

by

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択

メッセージ