国内旅行に出かける際、万一に備えて保険に加入していますか?その時、どんな基準で、どこで申し込んでいますか?国内旅行の保険について、知っているようで、よくわからない部分についてまとめたいと思います。

国内旅行傷害保険とは?

keiyaku

自宅を出てから、帰宅するまでの国内の旅先での死亡事故、ケガ、手荷物の盗難等を補償するものです。海外旅行傷害保険と、国内旅行傷害保険は、補償対象が別ですので、国内旅行であれば国内旅行傷害保険になります。たとえば、事故によるケガ、死亡事故、スキーでの骨折、他人の物を破損した際の損害賠償責任、盗難、携行品の破損、救援者費用(ケガ等で、親類が現地に赴く際の交通費、宿泊費など)が当たります。

主な保険の補償対象は以下のようなものとなります。

死亡:旅行中になんらかの原因で死亡にいたった場合の保険料です。
後遺障害:旅行中に事故などにあり、後遺症が残った際にかかる費用に冠する保険料です。
入院日額:旅行中に病気や事故などにあい、入院が必要となったときの費用です。
通院日額:同様のケースで通院が必要になった場合の費用です。
賠償責任:旅行先で破損などをしてしまったときにかかる賠償責任の費用です。
携行品損害:旅行に持っていったものの盗難や破損などの損害に関する費用です。
救済者費用:遭難などで救援が必要になった際にかかる費用です。

国内旅行傷害保険の取扱会社の比較

保険会社によって、価格(保障内容)が異なります。この違いは、補償額に関連するので、一概にどれがお勧めなのかは、言い難いものがありますが、比較検討する価値はあります。

参考で掲載しているのは死亡保障の1番低い金額です。

名称 期間 金額 死亡保障
au損保 1泊2日 199円 300万円
エイチ・エス損保  1泊2日 340円 500万円
ジェイアイ損害火災 1泊2日 750円 2,303万円
AIU保険会社 1泊2日 934円 850万円
東京海上日動 3泊4日 1,000円 1,772万円

※加入年齢に制限がある場合がありますので、注意してください。

国内旅行傷害保険の申し込み

国内旅行傷害保険は、保証する内容なそれほど違わないものの、そのカテゴリーによって保証金額が変ってきます。(例えばA社は死亡保険が少ない分入院保険が多い、B社は逆…など)…国内旅行傷害保険を選ぶ際には自身の健康状況や旅行先の事件・事故の発生状況、今までの旅行での傾向などから何が危機になりそうか考え、加入するか決めましょう。

申込方法は手軽にネットからも申し込めます。ネットで申し込む場合はじっくり比較検討して加入が行えるので安心ですね。旅行まで、日数がある場合、質問等の問い合わせで、納得がいく保険が選べます。

旅行当日、空港で加入することも可能です。旅行当日、空港で窓口や自動販売機で加入できます。ただし、選択する範囲が狭いので、加入したい条件でない場合もあります。また、旅行の出発前のため、事前に加入に関する窓口や、価格等をお調べになって、時間の余裕を考慮して対処していただくことをお勧めします。

国内旅行保険の付帯クレジットカード

主に、航空会社、JRが発行しているクレジットには、国内旅行保険が付帯されているものもあります。補償の額は、クレジットカードの種類によって異なりますが、旅行毎に加入する手間が省けるので、旅行や出張する頻度が多い方で、クレジットカードを持っていない方は、クレジットカードの所有も検討してください。

国内旅行では、何が起きるかわかりません。そんなワクワク感を持って、出発するのは、楽しみでもあるし、ちょっと不安な面もあります。
旅先で、初めて訪れる街や、体験型スポーツ(イベント)は、いつもと勝手が違うこともあり、思いがけないことが起きる可能性があります。国内旅行保険を加入すると、ちょっとした安心でもあるので、未加入の方は、検討してみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

▲ このページのトップに戻る

by

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択

メッセージ