飲んだ後のラーメンっていうのはなぜこうも美味しいですよね。しかし、日ごろはそのカロリーや塩分、油を気にして、控えているかたも多いのではないでしょうか?食べたいけど食べれない。そんなジレンマを抱えている人も多いはず。

…しかし、もしそれが観光に来たときなのであれば、そのときばかりは解禁してしまいましょう!〆のラーメン!

浅草で朝まで営業するラーメン屋

asakusa036
浅草とは昼の町。夜になるとけっこうなお店が閉まってしまいます。

そんな浅草で朝までラーメンが食べれるところは、浅草の背油ごっつり系ラーメン「弁慶」。24時間営業の定食屋なのに池袋の有名ラーメン「大勝軒」の麺が食べられる「大勝館」。そして、醤油がメインのラーメン屋「きび太郎」です。

まず、お腹がすいてがっつり行きたい時におすすめなのは弁慶。背油がっつりなので、翌日まで腹に来るボリューム感です。

大勝館は、もともと浅草にあった映画館の名前でした。大衆演劇、映画、ボウリングなどの時代を経て一時は廃墟ビルに。2001年に浅草ロック座の斎藤智恵子さんがこの建物を引き受け、「浅草大勝館」を作ります。そのときに飲み屋、食事やとして中で営業していたのがこの「大勝館」。劇場なき今も場所を移して営業されているのが24時間の「大勝館」です。壁にはビートたけしさんなど大物の写真が並び、この店の歴史を感じます。〆にラーメンを一杯食べに来るというのもありですが、どうせならゆっくりお酒でも飲んでいきたいお店。

ということで、個人的に〆ラーメンにおすすめなのは醤油ラーメンの「きび太郎」です。月曜日はお休みですが、平日、土曜日は朝5時まで営業しています。ラーメン屋さんって通常お昼から営業していますが、このきび太郎、平日は18時から営業。夜に食べにくる意味もありますよね。

美味しい醤油ラーメン

醤油ラーメン

ここで食べるのは、まず醤油ラーメンがおすすめ!

醤油ラーメンってあたりはずれが多いなと思うのですが、ここは濃すぎず薄すぎず、しかも魚系の出汁の味もしっかりするので旨みがたっぷり。

麺

たっぷり乗った九条ネギ、チャーシュー、ほうれん草、メンマ、なると。おなじみの具も嬉しいところ。

ちなみに醤油ラーメンがメインですが、ブラックラーメン(最近多いですね)、とんこつ醤油ラーメン、つけ麺、鶏蕎麦などもあり、何人かで行っても、それぞれ好きな味が楽しめます。醤油以外だと鶏そばが人気なようですね。

二郎インスパイアの634盛りもチャレンジする?

店内は入ってすぐ券売機があり、奥にはカウンター席が並び、手前にはテーブル席が、割りと席数があるので何人かでいってもOKです。

店内

そして壁にずらりとなんかの写真が…

634盛り

こちらは「634盛~ムサシモリ~」という二郎系ラーメンの最上級クラスみたいなラーメンをを間食した覇者たちの戦記なのだそう。634というのはもちろんスカイツリーの634mにちなんでの名前です。麺の量も634gというスーパーな感じ。

武蔵
(すみませんサイトから写真お借りします!)

まちがっても〆にノリで頼んではいけません。来るならこころして来ましょう。

お店は国際通り沿いのビューホテルの前にあるので浅草のホッピー通りで飲んで、最後にきび太郎で〆る!みたいな使い方が良いかもしれませんね。
浅草でラーメンが美味しいお店をもっと見たい!という方は、こちらの生地もチェックしてみてください。
浅草のおすすめラーメン店

店名 きび太郎
住所 東京都台東区浅草2丁目13-3

▲ このページのトップに戻る

by
カテゴリ:食事 タグ:

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択

メッセージ