浅草で着物を楽しむ方って増えていますよね。やはり、昔ながらの文化が残るエリアというのは、着物がとっても似合います。

今回は、そんな浅草の中でも、雷門すぐそばで可愛い着物を借りて観光が出来るお店の方にお話を伺えましたので、紹介したいと思います。

浅草レンタルきもの古都で着物を借りて観光をしよう!

kimono
浅草を歩いていると、よく着物や浴衣を販売するお店、レンタル出来るお店を多く見かけられますが、すこし駅から離れていたりするお店も多いもの。

しかし、こちらは地下鉄浅草駅2番出口の目の前、都営浅草線浅草駅から1分、雷門から1分、向かいにはふなわかふぇさん、歩いて30秒で亀十さん、大通り挟んで神谷バーさんと駅はもちろん、老舗のお店や観光地から近い最高の立地です。

お店の名前は浅草レンタルきもの古都。

着物を借りられるお店は多くありますが、特に、「日本の方はもちろん、海外からいらっしゃった方々にかわいい着物を一式、安価でレンタル・着付けし、浅草観光を楽しんでもらいたい」というコンセプトのお店です。

確かに、最近海外から観光で来られる方も、着物を楽しんでいる姿をよく目にします。

着物を着たことがある海外の方の反応としては、

  • 色合いが美しい
  • 柄が日本っぽくて素敵
  • ゴージャス!

…と、やはり人気なもよう。着物を買うことは日本人でも大変ですが、全部お任せできるレンタルがあれば気軽に楽しむことが出来ますよね。

呉服屋が始めた着物レンタルショップ

そんな着物のレンタルショップ、古都さんにお店を始めた経緯や歴史をお伺いしました。

kimono2

kimono

「創業87年の呉服屋が母体です。多くの皆様にもっと着物を楽しんでいただき、日本の文化に親しんでいただければとの想いで始めました。」

なんと創業87年!多く着物屋さんがある浅草ですが、戦前から呉服屋さんを営まれているお店がスタートしたということで、やはり着物に関する知識や経験が豊富そうです。

お店の特徴としては、「非常に安価であること、かわいい着物が沢山とりそろえていること、そして、プロのメイクアップアーティストや美容師がヘアを担当できることです。」とのこと。

着物って、ただ着るだけでなくやはりきちんと丁寧に着付けをすること、そして着物に合わせて髪の毛やメイクも手を入れることで一層美しく、また着ていて楽しくなりますよね。

kimono4

なんと電話かネットでご予約していただけると割引メニューがあるそうなので、最初でも気軽に楽しめそうです。

英語メニューあり!海外の方の着物体験も人気。

kimono3

普段はどんなお客さんが多いのですか?との質問には、

「浅草を訪れる海外からのお客様や日本の若い女性、カップルに人気があります。日本語、英語、中国語、台湾語のメニュー表記があります。」とのこと。

浅草で着物や浴衣が借りられるお店はたくさんありますが、こちらは特に海外からの観光客や外国人のお客さんに対応できる安心のお店なんですね。

英語対応のお店も多いのですが、もともと呉服屋さんという知識があり、本格的に着物を楽しめるお店となると、なかなか見当たらないのではないでしょうか?

気軽に着物を楽しむなら浅草レンタルきもの古都へ

浅草レンタルきもの古都さんからのメッセージをご紹介します。

「旧来の呉服屋を運営しながら、古い呉服屋と新しい着物の世界をミックスし、これからの若い方々にも日本文化の一つとして着物を伝われば嬉しいです。

海外、日本、老若男女問わず、着物が気軽に着れて、お客様皆様が楽しんでいただけれるお店にしたいです。そして日本の伝統の着物を愛する人々が増えれば嬉しいです。

一人ひとりのお客様が、浅草を着物で楽しく観光できるよう、心を込めて着付けさせて頂いております。是非ご予約頂きたいと思います。」

浅草の着物レンタルショップ、古都さん。

お友達との浅草観光に、海外の方の着物体験に、もちろん普段使いに、是非一度訪れてみてくださいね。

スポンサーリンク

店名 浅草レンタルきもの古都
住所 京都台東区雷門2-18-12大元ビル2F

スポンサーリンク

▲ このページのトップに戻る

by
カテゴリ:小物 タグ:

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択

メッセージ