koyanagi5

浅草小柳うな重でちょっと特別なお昼を。老舗の鰻に舌鼓。


投稿日:2015/12/25

折角、浅草に来たのだから、らしい物を食べておきたい。そう考える人は多いのではないでしょうか。そしてお昼時に何を食べるかと考えると、天ぷら、どぜう、すき焼きと来て、「鰻」にたどり着くのは自然な事です。

浅草には鰻を食べられるお店は沢山ありますが、気をつけないといけないのが、どのレベルのお店を選択するかという事です。どこのお店もそれぞれ特徴があり美味しいと思いますが、一緒に行く人、目的をしっかりと考えてお店選びをするとより良い時間になりますよね。ファーストフードのような鰻屋さんも残念ですし、高級感ありすぎても辛い。鰻屋さん選びはちょっと難しいのかもしれません。

今回は、浅草中央通りにあります、「うなぎ 小柳」さんにお昼時に行った時のレポートです。

営業時間は、平日11:30~15:00 16:00~21:00、日祝11:30~21:00との事、平日は一回休憩に入るということですね。

他のお店の情報も知りたいという場合は下記からどうぞ。
浅草でうなぎなら!おすすめの鰻店一覧

一度は食べておきたい浅草小柳の「うな重」

今回は親戚に誘われてのお昼。現地待ち合わせという事で雷門通りから浅草中央通りに入ってぐんぐん進みます(2分くらいだけど)。すると左手に見えてくるのが浅草小柳。老舗と聞いていたのでもっと古い建物と思っておりましたが、とても綺麗で格式ある感じの外観でした。2014年?に建て替えをしたみたいですね。

koyanagi1

店内はどんな雰囲気かなと除いてもあまり中が見えません。一人飯の時なんかはここで諦めることが大半なのですが、今回は親戚に予約いただいているので入店。左手にカウンター、右手にテーブル席、明るい雰囲気でそして綺麗な店内です。

入店したのは平日の13時過ぎ。カウンター席にはカップルが2組とお一人様のサラリーマン。テーブル席の奥にはおじさま4人でちょっと呑んでいるグループと真ん中にお婆ちゃんと孫の席、自分たちは手間のテーブルへ着席しました。

その後もちょっと一杯を求めて入店してくる人もいました。

浅草小柳のメニュー

koyanagi2

右側のメニューに大変惹かれましたが、平日お昼時。まだまだ仕事がたんまり状態だったのでおとなしく鰻重松を注文。税抜3200円(税込3360円)。蒲焼き・白焼きもメニューに有りますね。

一品料理もそれなりに用意されているみたいですね。
そんなに高くない??

koyanagi3

お新香が先に出てきたので、お茶とお新香を空きっ腹を誤魔化しながら待ちます。この時は鰻さんの登場までの時間は約10分でした。

koyanagi4

浅草小柳の鰻重(うな重)松

これが浅草小柳の鰻重松です。間違いなく美味しいですね。

koyanagi5

ふわふわとか、甘めのタレ等の声が多いみたいですが、まぁとにかく美味しい。味のレビューは相変わらずヘタなのでしませんが、鰻がお米にとてもあうのでガツガツいける感じ。

ガツガツいってペロッと間食。30代男性にはちょっとボリュームは足りなかったかもという所です。ご馳走様でした。
一緒にいった親戚は70代なので、とても満腹との事でした。

今度は、お酒がOKな時に寄ってみたいですね。立地も浅草の中心にありますし、ここで一服して次へなんてこともできるでしょう。

浅草には美味しい鰻屋さんが沢山あるようです。
詳しくはこちらのページからどうぞ!

浅草でうなぎなら!おすすめの鰻店一覧

スポンサーリンク

店名 浅草 小柳
住所 東京都台東区浅草1-29-11

スポンサーリンク

by
カテゴリ:食事 タグ:

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択

メッセージ