浅草に住むなら!暮らしやすさや家の相場、子育て情報を浅草在住者が教えます。


観光地として人気の浅草。浅草は住む場所としてはどうなのでしょうか?観光地なので住みにくそう…治安や環境は?浅草に住んでいる私が、浅草について住みやすさについて紹介したいと思います。
life

浅草の家賃。家の予算や賃貸

東京での暮らしは多くの人の憧れです。その中でも近代的な東京と古き良き東京が混在する浅草は人気エリアの1つです。恐らくこの地域に住むことを考える人が最初に考慮するのは家賃に関してでしょう。浅草は銀座線や浅草線の他の駅に比べると家賃相場は若干低くなります。それでも便利な浅草駅近辺などは当然のことながら家賃が若干高くなります。浅草駅から徒歩10分以内に存在する物件の家賃相場は以下の通りです。
yachin

  • ワンルーム…7.83万円
  • 1K…8.96万円
  • 1DK…10.01万円
  • 1LDK…14.66万円
  • 2K…12.74万円
  • 2DK…11.72万円
  • 2LDK…13.90万円
  • 3LDK…19.31万円

以上は管理費、および駐車場代などを除く金額です。そのため実際に住む場合はこれにプラスアルファが加わることになります。とりわけ車を所有する場合は外部駐車場を使用しなければならないこともあるために、駐車場代の相場をチェックしてくことも重要です。上記の表が示すように1人暮らし用の物件はそれほど高額という印象を受けないかもしれません。

「高い家賃を払い続けるくらいなら、いっそのこと家を購おえる人もいるかもしれません。ちなみに分譲住宅の販売の通りです。

  • 都営浅草線浅草駅周辺…4,180~8,780万円
  • 東京メトロ銀座線浅草駅周辺…3,980~7,980万円
  • つくばエクスプレス浅草駅周辺…2,690~8,780万円
  • 東武伊勢崎線浅草駅周辺…2,680~7,980万円

大きく分けると、物件が高いのは駅周辺、そして物件価格が落ちるエリアが東京メトロ日比谷線の三ノ輪周辺、浅草3~6丁目、本所吾妻橋、そして合羽橋道具街のある松が谷周辺などです。
住むエリアは大きくわけると以下の通りです。

map

花川戸は、最近マンションも増加しており、隅田公園も近くのんびりとした雰囲気のエリア。駅から近いので、物件価格が高めの場所も多いです。駅から遠い場所に関しては物件価格は安くなりますが、スーパーなどが少ないというデメリットがあります。場所によってはスカイツリーや隅田川花火大会が見れるかもしれませんよ。

sumida13
 
西浅草はつくばエクスプレス浅草駅の近く。こちらも、マンションが多いエリアです。つくばエクスプレス浅草駅だけでなく、田原町などの駅も近いので、交通の便は◎。西友にライフなどスーパーもあるので買い物も便利です。国際通り近くは高層マンションなども多く、浅草ビューホテル周辺などは値段が高めの場所も多いですが、合羽橋方面に離れると価格は下がります。人通りもちょうどよくあり、夜道も暗すぎず安心するエリアです。

sjo

西浅草のさらに先は、台東区のほぼ中心に存在する松が谷。そこには稲荷町駅、田原町駅、そして入谷駅と東京メトロの3つの駅が存在します。そのため移動が非常に便利な地域として知られています。松が谷は比較的静かな地域ですので、盛り上がりを見せている浅草周辺に比べるとお店が少ないというデメリットを有しています。それでもスーパーマーケットやコンビニエンスストア、それに飲食店などは存在するために、生活するのに不便は感じません。

駒形周辺は、蔵前方面。最近人気のエリアです。単身者マンションなどが多いエリアです。このあたりは会社がたくさんありますね。浅草線浅草駅だけでなく、蔵前駅の大江戸線・浅草線も使い勝手がいいです。スーパーは浅草の雷門通りまで行かないといけない、高めのマンションも多いのが難点ですが、移動が便利、明るくて安心と、おすすめしやすい場所ではあると思います。

bandai

裏浅草は奥にいくほど観光地から離れているエリアなので静かで住みやすいです。物価も地価も値段が下がり、商店街もあり、暮らしに向いているエリアでもあります。深夜営業のお店が多数あるので酒飲みには嬉しいですが、酔っ払いも多く見かける…という半面もあります。奥の方は吉原もあるので、昼と夜で若干雰囲気が変わるので、気になるかたは事前に雰囲気を見てみることをおすすめします。

senzoku

さらに奥へいくと三ノ輪や南千住に着きます。駅の手前周辺は昭和の下町感が強く残る場所です。簡易宿泊所が密集する場所としても知られており、この環境がここの個性を作りあげているとも言われています。それでも上野まで2駅で行けることや、商店街やスーパーマーケットなどがあるために住みやすいエリアとして人気があります。安い半面「山谷」などのエリアは昔の名残もあるので、実際に足を運んで雰囲気を確かめてみることをおすすめします。

浅草の番地から見てみると、浅草の観光名所の多くが集結する浅草1丁目、そして2丁目は家賃が高くなります。しかしそこから少し離れた3~6丁目は家賃が安くなっているのが一般的です。

また本所吾妻橋は厳密に言うと墨田区に位置していますが、スカイツリーまで徒歩9分、そして雷門までは徒歩16分と、観光地が徒歩圏内という立地にあります。加えて物件の位置によっては自宅から墨田区の花火大会が見えることもあるために、浅草とその周辺を満喫できる地域です。

同じ浅草でも場所によって雰囲気は様々。予算や価値観で、色々と見てみるとよいでしょう。

浅草の子育て

次に浅草の子育てに関する環境がどのようなものであるかを見ていきましょう。

台東区の待機児童

区立認可保育園と私立認可保育園の待機児童数は大きく異なります。傾向としては区立認可保育園のほうが人気が高く、こちらの方が待機児童数が多くなります。ちなみに2018年度における認可保育園に対する倍率は1.65と高く、2017年度の2.05倍と比べると改善は見られるものの、保育園や保育士の不足は否めません。そして待機児童の年齢ですが、0歳から1歳の児童が多く、これらの年齢の児童のお世話を受け入れてくれる保育園が必要であるといえます。最近では結婚、出産後にも仕事を続ける女性が多いために、このような状況が引き起こされていると言われています。

台東区の小学校

2018年の時点で台東区には19の小学校が存在します。浅草に居を構える場合、浅草小学校、東浅草小学校、富士小学校、千束小学校、そして金竜小学校のいずれかに通うことになります。
最初の項目で考えた三ノ輪エリアは東泉小学校の学区となっており、松が谷は大正小学校、および松葉小学校の学区となっています。本所吾妻橋は浅草に近いものの墨田区内に位置しているために、学区は墨田区内となります。ちなみに観光名所として有名な上野、そして池之端1丁目1番は黒門小学校の学区となっています。

台東区の公園

park
台東区には上野恩賜公園や隅田公園など、有名な公園がいくつか存在しますが、その他にも地元の子どもたちが楽しく遊ぶことのできる公園が多々存在します。たとえば千束小学校に隣接する千束公園。敷地の中央にはグラウンドが設けられており、公園の両側には遊具広場、そして休憩所が設けられています。遊具広場にはアスレチックなどもあり、幼い子どものみならず高学年の小学生の姿なども見られます。
また合羽橋道具街の北端には台東区生涯学習センターがあり、その隣には金竜公園があります。この公園の面積は2645平方メートルで、鉄棒や滑り台、そして砂場などの遊具が設置されています。また多くの樹木が植わっており、季節に準じて様々な表情を見せる公園でもあります。
台東区では公園を訪れる人の安全性を重視し、現在18の区立公園に防犯カメラが設置されています。園内には「防犯カメラ作動中」の表示があり、このようなものも犯罪防止に役立っています。また録画された映像は警察などからの要請がない限り、表に出ることはありません。個々のプライバシーもしっかりと守られているのです。この防犯カメラですが2018年度にはさらに2つの公園への設置が予定されており、子どもたちを安心して遊ばせることのできる場所が増えることになります。

台東区の子育てのしやすさ、難しさ

oyako
さて、浅草での子育てにはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか?まず区から支払われる主な補助金についてご紹介したいと思います。それらは以下の通りです。

  • 妊婦健診公費負担…14回まで
  • 子供医療費助成…中学3年生まで
  • 認可外保育園補助…最大で毎月2万円まで

これらは東京23区の平均的な額、支払い回数であり、残念ながらこの点で台東区が優れているとは言えません。ではメリットに関してはどうでしょうか?浅草は上野動物園や隅田公園が近く、動物や自然に容易に触れることができるエリアです。こうした環境は子どもにとってプラスとなるはずです。また稲荷町駅から徒歩5分のところには永寿総合病院があり、この病院では台東区準夜間・休日こどもクリニックを開設しています。そのため子どもが突然怪我をしたり病気になっても、早急に対処してもらうことができます。
また浅草公園六区にある商業施設、浅草ROXにはリーズナブルな子ども服を販売している無印良品、しまむら、ダイソー、そしてユニクロといったショップが入っています。ちなみに元松屋浅草で現在の浅草エキミセにもユニクロが入っており、その他にも300円ショップや100円ショップなどもあるために、子ども用品をリーズナブルな価格でそろえることができます。必需品を安くそろえることができるというのは節約につながるために、こうした浅草の環境も子育て、そして生活のしやすさに大きく関わってきます。

浅草の犯罪率

dorobou
東京都の中でも刑法犯認知件数が少ないのは文京区や中央区、そして目黒区などです。逆に刑法犯認知件数が多いのは世田谷区や新宿区などです。世田谷区は圧倒的に人口が多いために、刑法犯認知件数が多いのも理解できます。また新宿区には繁華街が多く、その影響が見れるのは言うまでもありません。では浅草を含む台東区はどうでしょうか?台東区の面積は23区中で最も小さいものの、刑法犯認知件数はそれほど少なくないというのが実情です。その理由の1つは区内に存在する繁華街です。台東区には上野や浅草といった繁華街が存在しますが、ここには台東区外からたくさんの観光客が訪れます。これらの観光客が犯罪に関わるケースもあれば、観光客をターゲットとした万引きなどの軽犯罪が発生することも多々あります。ちなみに平成30年4月における台東区内刑法犯認知件数は以下の通りです。

  • 全刑法犯…993件
  • ひったくり…4件
  • 侵入窃盗…24件
  • 車上ねらい…19件
  • 自動車盗…0件
  • オートバイ盗…6件
  • 自転車盗…255件
  • 粗暴犯…80件
  • 路上強盗…0件
  • 公然わいせつ…2件
  • 万引き…152件

ただし、住んでいて危険を感じるか・・・と言うと、率直な感想そんなことはなく、大きな問題はありません。やはり台東区の中で繁華街である上野があるから、ある程度の犯罪率があるのは仕方ないのかな、と言う印象です。

さて、浅草のこのマップを見ていきましょう。

map

この中でいうと、裏浅草に当たるエリアは、犯罪率とは別に一般的に「ちょっとガラが悪いよね・・・」と思われがちなエリア。この奥にある山谷は昔いわゆるドヤ街で、日雇い労働の方が多かったエリア。もちろん今もその名残があります。

浅草(台東区)の独自の取り組み

たくさんの観光名所を有する台東区、ならびに浅草ですが、ものづくりの街として発展を続けています。下記の催し物や名所はこの地域を盛り上げるのに一役買っています。

したまちコメディ映画祭in台東

「したコメ」の略称で親しまれている「したまちコメディ映画祭in台東」は、2008年から東京都台東区で開催されている日本初の本格コメディ映画祭です。いとうせいこうさんが総合プロデュースを務めており、国内外、時代を問わず選出されたコメディ映画を上映したり、上野、下谷、そして浅草の会場でイベントやお笑いライブを行うなど、毎年大勢の人が集まる祭典となっています。また毎回ビッグなゲストが招待され、この祭りを盛り上げてくれます。
浅草ジンタによる「君がこの街にやってきて」という公式サポーターソングや、コメディ短編映像作品コンペティションである「したまちコメディ大賞」などもこのイベントの特徴です。
日本で最初の常設映画館が設立されたのは台東区浅草です。そのためこうした映画に関わる祭典が台東区で行われるというのは、灌漑深いものです。

したまち演劇祭in台東

「したまち演劇祭in台東」は台東区内にあるいくつかの各会場で公募で選ばれた団体が演劇を上演するイベントです。毎年1か月近く行われるためにいくつかの会場を数日かけて訪れることもできます。価格が割引されているお得な回数券なども販売されることがあり、この祭典を思う存分楽しみたいという人たちに人気があります。またこの祭りを活性化させるために開催前にライブを計画するバンドなどもあり、祭り前後も大きな盛り上がりを見せるイベントです。

たなか舞台芸術スタジオ

演劇やお笑いライブなどで有名な浅草ですが、芸能活動を夢見る地元住民を支援する活動も行っています。そのうちの1つが「たなか舞台芸術スタジオ」の設立です。2015年4月、台東区は改装した旧田中小学校2階を舞台芸術活動を支援する施設としてオープンしました。このような試みは台東区ではここが初めてです。「たなか舞台芸術スタジオ」には3つの稽古場があり128平方メートルの広さを有する大稽古場には音響セット、美術バトン、そして姿見が備わっています。また小稽古場1、そして稽古場2の広さは共に64平方メートルとなっており、姿見が備わっています。これら3つの稽古場は演劇や芸能、そして舞踊等の公演や練習場として最大60日まで連続で利用することができます。また使用料金はリーズナブルであり、利用者に喜ばれています。

台東デザイナーズビレッジ

台東区のデザイナーを育てようという意向のもとに設立された施設が「台東デザイナーズビレッジ」です。2004年4月に旧小島小学校の校舎を改築し、完成したこの施設には19の個室があり、入居者は24時間、365日使用することができます。またショールームや図書館、また情報交換の場である交流サロンなどが設けられており、デザイナーの起業や成長を助ける環境が整っています。
加えて「台東デザイナーズビレッジ」主催のセミナーやファッション関連団体等によるセミナーが多数開催され、こうしたものもデザイナーとして成功するための糧となります。
家賃が安く、環境が良いために「長居したらいいのでは?」と考えるかもしれませんが、ここでの目的は台東区のデザイナーを育てることにあります。そのため目標を達成したデザイナーは卒業という形で退室を求められます。またここには最長で3年しか滞在することはできません。デザイナーは3年という期間内で成長するために一生懸命勉強することになります。

浅草ものづくり工房

台東区の地場産業である靴やバッグ、そして革小物等のものづくり分野で創業を目指すクリエイターやデザイナーを育てるための施設として作られたのが「浅草ものづくり工房」です。2009年12月、台東区橋場に開設されたこの施設では経営やマーケティング、そして営業などを学ぶことができ、尚且つネットワークを広げる手助けを得ることができます。このようにスキル向上のみではなく、より多くのビジネスチャンスを入居者に与えることも目的として設立された施設なのです。
産業研修センター旧館を改修した鉄骨3階建てのこの施設には9の個室が備わっています。また交流サロン、ミシン室、図書コーナー、トイレ、給油室、倉庫、コピー機、そして自転車置き場といった共有施設が備わっています。
「台東デザイナーズビレッジ」同様、入居するには資格にかなっていなければならず、原則的には最長で3年以内に施設を卒業し、独り立ちする必要があります。また台東区内の地場産業や地域の活性化に寄与する活動を行う意欲があり、施設の利用期間終了後は台東区内にで引き続き事業を行う意思を有していることが、この施設で学ぶための必要条件となっています。

ビジネス支援ネットワーク

台東区内の中小企業に対して創業支援、融資、技術開発、そして法律相談などの面できめ細やかな支援を行ってくれるのが「ビジネス支援ネットワーク」です。少し硬いイメージを持たれがちな機関ではあるものの、「気軽な気持ちで相談してほしい」とか「手ぶらで来て欲しい」というのが担当者の本音です。単に「売り上げを伸ばすためにはどうすればよいか?」といった相談に対してもアドバイスしてくれる機関であり、台東区の経済発展を活気づけるために尽力しています。

台東区産業フェア

台東区はデザイナーや職人が区内で活躍することだけではなく、国内外で活躍する手助けを行っています。そのうちの1つが「台東区産業フェア」です。これはいわゆる展示商談会で、毎回皮革製品、ジュエリー、装身具、帽子、玩具、人形、IT、そして印刷業といった台東区の地場産業界で活躍している企業や団体が多数出展しています。また来場者全てが楽しめるよう、展示作品の観覧以外にも販売品の購入や伝統工芸品の製作実演を見学することができ、一般の人たちからも人気のあるイベントとなっています。
出展対象者は資格にかなってなければなりませんが、主なものは台東区内に事業所を有する中小企業者で、皮革産業(靴、鞄、ハンドバッグ、ベルト等)、帽子、ジュエリー、装身具(アクセサリー)、印刷業、玩具人形等を地場産業としていることです。

浅草というエリアが、少し伝わったでしょうか?台東区に引っ越すと、離れられない!という人を何人も知っています。実際に住んでいて、非常に住み心地がよく、買い物も便利で、交通の便もよく、下町気質な人たちも素敵。浅草といっても様々な側面がありますので、色々な情報を得てみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

▲ このページのトップに戻る

by

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択

メッセージ