浅草の名物ストリートと言えば、やはりホッピー通りでしょう。寿司屋通りや、各参道も勿論素敵ですが、ホッピー通りの独特の雰囲気は浅草に行ったら味わってもらいたい一つです。

各店の優劣は無く(むしろ全体で1店舗のような雰囲気さえある)、その時のノリでふらっと入ればOKですが、お店が選べない、メニューが決められないという時はまずこの和(なごみ)に入ってみてはいかがでしょうか。

ホッピー通り、別名煮込み通りとも言われていますが、その煮込みをまずは楽しめる、そしてもう一品名物と言える白ホルモン、赤ホルモンを追加注文する。あとはホッピーでゆっくりと楽しめばOKです。

和(ホッピー通り)に行ったらまず注文したいもの

まずはなんといってもホッピーを頼みましょう!ちなみにホッピーにも黒と白がありますが、濃い味の食べ物には黒ホッピーが合うかなと思います。

和で黒ホッピー

どこの居酒屋でも同じですが、ホッピーは中だけおかわりできますから好きな濃さに調整して飲みましょう!

お通しも出てきます。この時はポテトサラダでした。

少し落ち着いたら注文です。すでに触れましたが、牛すじ煮込み600円と白ホルモン800円(or赤ホルモン)を頼んでみましょう。

実際に頼んでみたものがこちらです。

和の牛すじ煮込みと白ホルモン

飲みたくなってくる写真ですね。

牛すじ煮込みは少し赤くて辛そうですが、まったくそんな事ありません。好みで七味唐辛子をふっていただきましょう。

和(ホッピー通り)のメニュー

シンプルにA4程度両面が1枚です。

こちらがドリンクメニュー。
和ドリンクメニュー

生ビール、瓶ビールからハイボール、焼酎そしてホッピーまで一通りあります。飲ん兵衛通りらしく抜かりがありません。
あとは韓国系のメニュー(ケジャン)もあったのでマッコリあたりも用意されているのでしょう。

そしてこちらがお食事メニュー。
和食事メニュー

おすすめマークがついていたものだけピックアップしてみると、
牛すじ煮込み、白ホルモン、赤ホルモン、ケジャン、韓国風イカ刺し、ごぼうの唐揚げ、ぶりぶりエビカツ、チヂミ、自家製ポテトサラダなどもあります。
マジックで消されている部分もあるので、タイミングによっていろいろ変動するのだと思いますが、それも含めて楽しめますね。

最後にライス200円もあります。もしお酒が苦手という方がいても同席できそうですね。

和:店内・席の様子は?

あまり店内をバシバシ撮影するのも気が引けたので1枚だけですが、こんな感じです。平日22時半頃、お客さんが帰っていったあたりです。
私は、店頭のビニールテント部分に座っていましたのでそこからの撮影となります。

和(ホッピー通り)店内の様子

もっとごちゃごちゃしている感じかと思いきや意外とすっきりしてません?お隣との距離は近いのですが、酔っていたからかそんなに気になりませんでした。

席数の全部で80席(2階もあるようです)。店員さんも気さくでのんびりホッピー通りを眺めながらお酒が飲めました。
席は空いているなら奥の方より通りが見える所が良いですね。

12月の訪問時は電気ヒーターが沢山設置してあり、普通に暖かったですよ。

  • 営業時間:23時まで(30分くらい前からラストオーダータイム)
  • 定休日:火曜日
  • 喫煙可
  • 2階に座敷個室あり

ホッピー通りをもっと知りたい、楽しみたいという方は下記ページもチェック!

店名 和(ホッピー通り)
住所 東京都台東区浅草2-4-13

▲ このページのトップに戻る

by
カテゴリ:飲み屋・バー・お酒 タグ:

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

メッセージ

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択