浅草と言えばお蕎麦。有名店からちょっとした町のお店まで、数多くの蕎麦屋が存在しています。同じ蕎麦といえどもそのジャンルは様々。色々なお蕎麦屋さんをめぐってみるのも楽しいものです。

そんな数ある蕎麦屋のなかで、私の浅草でのおススメは「尾張屋」です。浅草に遊びに行った時には、必ずこの店によって、楽しい時間をのんびりと過ごします。

浅草のお蕎麦屋、尾張屋の口コミ

天ぷら蕎麦

場所は、雷門を出て左に100mも行ったありです。店構えとしては非常に普通なので、見落とさないように注意してください。店ができたのは明治3年と言いますから、もう150年も前です。ですが店の中は当然改装してあるので、非常にきれいで清潔感があります。ただし、それほど広い店ではありませんので、隣の席の会話も聞こえてきますし、昼時などはすぐいっぱいになってしまいます。

大きな海老の天ぷらそばがおすすめ!

私がここで必ず注文するのは「天ぷらそば(1400円)」です。これは、どんぶりに大きなエビの天ぷらが2本のっかっているものですが、本当にその天ぷらが大きくて、器の倍くらいのものがはみ出してのっているのです。このぷりぷりのエビをかじりながら、熱燗で一杯、というのが私のお気に入りの食べ方です。本当に熱々なので、やけどに注意してくださいね。

1400円という値段はちょっと高い気もしますが、観光地では小さな海老の天ぷらでも1,500円を越えるおそばも多いもの。そのなか、丼からはみ出る大きな海老が2本も乗っていて…というのはもしかするとお得かもしれません。

下町らしい江戸前の蕎麦

つゆの味はやはり江戸前ですから、醤油の効いた濃いものです。しかし、それを少し飲みながらの一杯が、これもまた乙なものなのです。このメニューは、明治の文豪、永井荷風も気に入っていて、毎日のように来店しては、頼んでいたそうです。まさに明治から愛された江戸の味ですね。海老天が1番おすすめですが、他にもふわふわの卵がたっぷりの卵とじ、きしめん、かも南蛮なども美味しいですよ。

個人的には「蕎麦寿司」もお気に入り。蕎麦を海苔巻きのようにした料理で、1種は海苔で、もう1つは海苔と薄焼き卵で巻かれており、もう1種はお稲荷さん蕎麦が入っています。蕎麦とはまた違った美味しさがあり、お酒のあてにもぴったり。この他にも、かもぼこや、なす田楽、山芋の千切りに銀杏、貝柱のおろし合えなどつまみとなるものも様々ありますので、お酒を1杯飲むにもぴったりです。

食べてよし、飲んでよしなお蕎麦屋さん「尾張屋」。浅草に来たら是非立ち寄ってみてくださいね。
浅草で天ぷらをお探しならここもおすすめ!

店名 尾張屋 本店 (おわりや)
住所 東京都台東区浅草1-7-1

▲ このページのトップに戻る

by
カテゴリ:食事 タグ:提供:Sさん/50代男性
応援コメントをどうぞ!
  1. icon

    グッグ より:

    女性 (20代)

    2015/10/02 22:00

    尾張屋では、カモそばなど有名な食べ物もあるのですが、中でも天丼がお勧めです。この天丼は本当に大きな(もはやエビフライのような)天丼が主なベースなのですが、天つゆにどっぷりつかった天丼が二つご飯の上に乗って出てきます。大きさも結構ありますし満足できる量でした。味も天つゆがしっかり乗っていて濃くておいしいです。

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択

メッセージ