2017年は酉年。ちまたでは鳥にちなんだイベントも盛り上がりを見せていますが、グルメの世界でも、鶏さんにかかる期待は大きいというものです。

今回は、浅草の焼き鳥ファンをうならせるおか田をご紹介します。

浅草の中心にある実力派焼き鳥店、おか田。美味しい地鶏を食べよう!

okada
焼き鳥のおか田さんがあるのは、浅草の中心街。浅草の飲み屋街ホッピー通りなどもほど近く飲兵衛にはたまらない場所です。

赤々と燃える炭の上に鶏の油がしたたって、その油によって鶏肉自身もいぶされて、ソテーやグリルでは得られないスモーキーな風味も加わる。

しかも肉は熱々です。これはもう、ビールに合わないはずがありませんよね。

煙のぼんやりとした空気と、お酒の酔いがほどよくまわって、ちょっと原始的な喜びに満ちた体験を共有する・・・。お客さんたちの笑顔をみれば、あなたもその輪の中にはいって行きたくなるはずです。

焼ける鶏の様子を観察できるカウンター、それとも開放的なテラス席?

電話番号は、03-3844-0965、住所は東京都台東区浅草2-5-8。

営業時間は、月曜から金曜が17:00から23:00、ラストオーダーは21:30。土日祝日が、12:00から21:00。ラストオーダーは24:00。定休日は水曜日と、第3火曜日です。

黒のタイルを基調とした店構えは、従来の焼き鳥屋さんと比べるとやや近代的な感じですが、通りに面してテラスのテーブル席があるところなどは、まさに下町のハードコアな焼き鳥屋さんの風情です。

店内もカウンターとテーブル席両方あって、お一人でもグループでも楽しめますね。

おすすめはねぎま!焼き鳥の希少部位も充実。


大定番の"ねぎま"は、全国から厳選した比内地鶏、名古屋コーチン、阿波尾鶏から鶏が選べるというこだわりよう。それぞれ¥300から¥350。

“タン”や”かしら”は2本で¥300というお値打ち価格です。

さらに、専門店ならではの、”背肝”や”白レバ”といった希少部位や、職人のひと手間が加えられて新たな味を生み出す”梅しそ”2本¥400、アスパラベーコン巻き2本¥500など、変わり種の串ものも盛りだくさん。

コースは¥1980から用意されており、焼き鳥盛り合わせのみならず、鶏刺し身、揚げ物、そして〆の鳥スープにいたるまで、まさに至れり尽くせり。

焼き鳥と下町の楽しい雰囲気に結構の声多数!

さてここで、おか田で焼き鳥に舌鼓を打ったお客様たちの口コミを見てみましょう。

Saki Fujitaさん(@usachan999)が投稿した写真


地鶏のおいしさが存分に味わえるお店。正肉はもちろんですが、珍しい部位が楽しめるところが特徴です。
“ティアラ”って何かなぁと頼んだら、なんとトサカ。
ぷりぷりして意外な美味です。”鉄砲”や”スタミナ焼き”など、豚肉メニューもあって、ホッピー党にもうれしいですね。

趣味仲間の男4人組で、浅草のおか田に突入!
何でもここを薦めるメンバー曰く、「お前らにほんとうの焼き鳥を食わせる」とのこと。
その言葉に偽りはなく確かにうまかったですね。手羽さき・・つくね・・そして、〆のラーメンも鶏スープが絶妙でした。

浅草で美味しい焼き鳥をお探しなら、一度おか田さんを訪れてみてはいかがでしょうか。きっと、浅草の楽しい夜が過ごせますよ。他にも浅草で美味しい居酒屋をお探しなら、こちらもチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

店名 おか田
住所 東京都台東区浅草2-5-8

スポンサーリンク

▲ このページのトップに戻る

by
カテゴリ:飲み屋 タグ:

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択

メッセージ