数ある東京ソラマチのレストランの中にある、隠れ家的なお店を紹介します。それは「リゴレット・ロティサリー&ワイン」というお店です。

あの広くて開放的な空間のソラマチの中でどこに隠れ家的なお店があるんだ、と思われるかもしれませんが、あるんですよ。レストラン街のフロアではなく、スイーツや雑貨のお店がある2階なんです。しかも入り口がわかりにくいため初めての人は通り過ぎてしまうかもしれません。

リゴレットロティサリー&ワイン

rigoletto-rotisserie-and-wine

カルディコーヒーのお店の前のエスカレーター下に看板があるのですが、そこからは入れません。看板隣のキルフェボンを過ぎると外への出入り口があるので、一度外に出ます。するとちょっと離れたところに赤や白のおしゃれな雰囲気のお店が見えてきます。そこが入り口です。

入り口の前、左には赤と白のソファ、右にはオープンテラスがあります。冬はビニールがかけられているので多少の寒さなら大丈夫そうです。

そしてちょっと変わっているのが入店の仕方です。入り口で人数を聞かれたら、ガラスの扉を開けて「どうぞ」と通されます。中は細い通路でワインセラーのようです。店内はシャンデリアがあり、やはり赤や白を多く使っていてゴージャスです。

人気はロティサリーチキン

店名の通り、一番のウリはロティサリーチキンです。客席横のキッチンでチキンをぐるぐる回しているロティサリーマシンが見られます。皮がパリッとして中も柔らか、さっぱりしています。ハーブソルトなど3種類の調味料がつくのでお好みの味でも食べられます。注文から30分かかるので、早めに注文しましょう。

チキンを待っている間は小皿料理とワインでゆっくり待つのがお勧めです。ハムやチーズの盛り合わせやアヒージョ、トマト煮込みなど、こちらもお酒に良く合う料理が揃っています。

リーズナブルなランチがおすすめ

夜も素敵なんですが、昼もすごく充実していて地元の主婦御用達です。

リゴレットランチ、パスタランチ、ピザランチ、サラダランチの4種類があります。全てスープ、サラダ、ドリンクがつきます。

スープはカリフラワーやジャガイモのポタージュが日替わりで出ます。これが濃くてほんのり温かくてホッとする味なんです。ドリンクは大きなグラスで出てきますが、さらにおかわりもできるのでお得感があります。

チキンが食べたいならリゴレットランチです。メインをチキンかパスタかピザから選べます。がっつり食べたいならピザランチ。とにかくピザが大きくて一人で食べるとおなかいっぱいになります。パスタも種類が多くて飽きません。

ランチもディナーも充実した素敵なお店です。

スポンサーリンク

店名 リゴレットロティサリー&ワイン
住所 東京都墨田区 押上1-1-2

スポンサーリンク

▲ このページのトップに戻る

by
カテゴリ:飲み屋 タグ:

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択

メッセージ