書店巡りが趣味の一つである筆者が激戦区の神保町界隈から特にお勧めできる書店が青色の看板が目印の三省堂です。激戦区故に魅力のある書店は多数ありますが、差別化を図るには並大抵の努力が必要であると筆者は感じられます。

神保町の古本屋でおすすめな三省堂へ。

jinbo

実際の所、飲食店や病院と違い書店は然程大きな差は見られないと想像できます。例えば、余りにも本の質が悪い店や店員の質が格段に低い店などは通常はあり得ない事と考えられます。むしろ、そのような店舗があったとしたら閉店は近い事でしょう。筆者に限らず似たような同業他社が立ち並ぶ地点でなぜその店を選択するのかと言う事は何かしらの魅力があるに他ならないはずです。

種類が豊富なだけじゃない!

筆者自身が率直に思う事は買い回りのしやすさです。繰り返しになりますが、接客技術・品ぞろえ・本の価格などは大きく差が開く事は無いはずです。しかし、買い回りのしやすさは細かな違いがあるはずです。取りやすさや高さや表示の案内、通路の広さなどは感じる観点は人それぞれのはずです。

それが不満に感じた場合、店員の接客などの印象にも影響して、足が遠のく原因になってしまうはずです。では、三省堂はいかかでしょうか。確かに外観や内装自体はそれ以上に綺麗な店舗があっても不思議では無いと想像できます。しかし、表示の見やすさは陳列の丁寧さはとても素晴らしさが感じられます。

サービス面も良質な三省堂

そこから徐々にお店に対しての印象が良くなり、贔屓するようになりました。そのような良い面が見られますと全ての面が良く見え、またここで購入しようと思うようになるはずです。実際のところは細かいサービスも行きわたっている部分は多く感じられます。読書スペースも各階にあり、ある程度の時間ならイスに座り選別することも可能です。しかし占領する事はモラル上考え難い部分はある事はあります。

勿論検索サーチは設備されており、探し物をする上での手助けはしっかりできておりました。その他に定期的に行われるイベントとポイントカードの完備も欠かさずにあります。ちょっと古さ漂う雰囲気と新しさも感じる事が出来る三省堂をぜひ訪れて、本の魅力を肌で感じ楽しみ方を探してみてはいかがでしょうか。

店名 三省堂
住所 東京都千代田区神田神保町1-1

▲ このページのトップに戻る

by
カテゴリ:見る・遊ぶ タグ:

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択

メッセージ