いよいよ晴れやかな初夏を迎え、週末ごとに行楽を楽しまれる方も多い季節となりました。海に山に川に、そこかしこでお肉の焼けるにおいが立ち込める姿も、すっかり一般的になりましたね。

もちろん屋外での焼き肉も、開放的な楽しさに満ちあふれたものではありますが、純粋にお肉のおいしさを追求する場合は、やはりプロの焼き肉屋さんに軍配が上がるでしょう。

上質の肉を仕入れる、一種の政治力とも言うべき卸売業との信頼、ベストのコンディションに熟成され、かつ衛生的にも心がくだかれたお肉へのこだわり。さらにはロースターの安定した火力など、漠然と焼き肉屋さんで食事をしているときには気づきにくいものですが、焼肉屋さんの店内はまさに、公演を何百回と重ねた熟練の役者たちが織り成す細部まで計算しつくされた舞台とも言うべきものなのです。

今回は数多い浅草の焼肉店のなかで、焼肉皐月をご紹介します。

生肉好きに嬉しい焼肉屋「皐月」。浅草でユッケや牛刺しを堪能しよう!

satsuki1
つくばエクスプレスの浅草駅から非常に近いという立地の良さは、「浅草観光を楽しんで、焼肉皐月でたらふく食べて、あとは電車で帰るだけ!」という安心感もあり、何かと便利なものです。

皐月の名物の一つが、”黒毛和牛ユッケ”や”肉刺し身”といった生肉メニューの数々。
今や認可が下りているお店でしか味わえなくなった生肉のおいしさを、ここ皐月では徹底した衛生管理のもと守っているというわけです。

レバーも新鮮で、サッと焼いてトロっとしたものを食べるのがたまりません。

こちらはレバーのフォアグラ風。レバーを焼いて、ニンニクバターにつけて食べるというものでした。

satsuki2

satsuki3
営業時間は、火曜日から金曜日が17:00から23:00ラストオーダー、土日祝日はこれに加えて、11:00から14:00ラストオーダーのランチタイムも楽しめます。

お得に焼肉が楽しめる皐月ランチもおすすめ!

ランチが好評につき、平日にも12:00から14:00ラストオーダーのランチタイムを開始された模様です。

“和牛ホホ肉定食”や、”特製ユッケ丼”など、上質な黒毛和牛を中心としたランチが、¥800から¥1500ほどで食べられるとあって、「今日は夜はすぐ帰るけど、お昼はちょっと贅沢をしようかな?」というニーズにバッチリ応えてくれます。

もちろん、ランチとディナーでは楽しみたも変わりますので、両方試してみることをお勧めします。

口コミで目立つのが、「カルビやロースといった定番の部位も、本当に良いお肉を使っているのがわかって、リーズナブルな価格のお店だけにおどろいた。」というもの。

夜の街に繰り出す前の景気づけに、はたまた遊び歩いた1日を最後の〆に、上質の肉を楽しむというお店の使い方もできると思います。店員さんも親切丁寧で、”リブカブリ”等のうすく切ってさっと焼くとおいしい部位、はたまた厚切り肉やホルモンなど、カリッとなるまで焼いた方がおいしい部位など、質問をすればおいしい焼き方をレクチャーしてくれます。

まさに、鍋奉行ならぬ焼き肉奉行の名さばきといったところでしょう。

浅草に焼肉屋さんは数多くありますが、煙がもうもうと立ち上るがっつり焼肉が多い中、こちらは少し落ち着いた雰囲気の焼肉屋さんなこともあり、丁寧さや、清潔さなどが感じられるのも特徴の1つ。一緒に行く相手や雰囲気によって使い分けたいですね。

浅草の美味しい焼肉屋「皐月」。いろんなお肉を堪能したい時に、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

▲ このページのトップに戻る

by
カテゴリ:食事, 飲み屋 タグ:

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択

メッセージ