浅草の新仲見世どおり。ロックスやロック座などがある通りにぶつかります。この角にあるお店が「セキネ」です。

一見観光地に必ずあるような肉まんのお店かと思いきや、実は昭和29年から続く老舗。今は「肉まん」としてしか知られていませんが、その昔は大衆食堂としてのオープンだったようです。昭和29年ということは1954年。約60年、浅草の町は変わり、セキネも姿を変え、しかし今も多くの人に愛されているのです。

お土産に人気のセキネの肉まんとシュウマイ

浅草セキネ
浅草で歴史のあお店名だけに、浅草にゆかりのある芸人さんや著名な方にも愛されています。林家ペー&パー子さんなんかは、お土産にいつもここの肉まんを配られているのだとか。あとは、浅草といえばのビートたけしさんの本、「浅草キッド」にも以下のような文面で実は登場しています。

六区の端にある関根のシュウマイ屋の肉のにおい

たけしさんの浅草愛は有名ですが、ここの肉まんについても「日本一おいしい!」といているほど。

肉まんやシューマイはお店によって様々な作り方・味がありますが、ここセキネの肉まんやシューマイはいたってシンプル。豚のひき肉と、たまねぎがぎゅっと詰まり、旨みがたっぷり。余計なものは何もありません。タレをつけても良いですが、お店の方が言うには「そのままでも十分美味しい」とのこと。その通りですので、まずは何もつけずに食べましょう。タレをつけなくても美味しいので、食べ歩きに最適ですね。

シューマイは10個いりで460円。こちらは15個、20個、30個入りもあります。ほかに特大シューマイやあんまんも。

セキネの肉まんのレビュー

肉まんも買ったのですが、写真も撮らずにその場で食べてしまいました。

皮と具の間にけっこう隙間があるので、貧乏臭い発想をしてしまうと「具が少ない」と思ってしまいがちですが、それは間違い。フワッとした具ではなく、ぎゅっと詰まった具なのです。噛むとジュワーと肉汁が出て美味しい!「よく噛みしめて」食べると美味しいという言い回しがよくわかります。さらに、こぼれた肉汁を回りの皮が吸ってそれもまた非常に美味しい!!!

肉まんは1つ230円。お土産用であれば4、5、6、8、10個入りが選べます。10個で2300円。いっぱい買っても安くはなりません。笑

レンチンでも良いですが、蒸し器を使うと出来たての味が食べられます。

セキネのシューマイのレビュー

セキネのシューマイはテイクアウト専用になります。お土産にぴったりです。

セキネのシューマイの箱

お土産用の箱には美味しい食べ方が書いてあります。

セキネのシューマイ

シューマイの説明
何もつけずに良くかみしめて食べると独特の旨みに気づく・・・とのこと。

家で食べるときは蒸し器を使うか、鍋でお湯を沸かして4~5分あたためてもOKとのこと。これはお湯の中にシューマイを放り込めというのではなく、鍋にお湯を張り、お湯より背の高い耐熱の器にシュウマイをいれ弱火で蒸すという感じかと思います。

私はこれであたためましたが、美味しく食べれました。

購入したのは8個いりのシュウマイです。タレもついています。

シューマイの中身

紙に書いてあった通り、まずはそのまま。そして次にからしをつけて食べてみます。

からし

…肉がしっかりつまっていて美味しい。好みによりますが崎○軒よりも好きでした。

肉感が強いシューマイですので、ビールにもぴったり!最高のあてです。お酒が好きな方にお土産でお渡しすると、きっと喜ばれると思います。

浅草でおすすめのお土産をもっと見る
浅草でおすすめの中華をもっと見る

店名 セキネ
住所 東京都台東区浅草1-23-6

▲ このページのトップに戻る

by
カテゴリ:テイクアウト・食べ歩き, 食事 タグ:

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択

メッセージ