江戸前寿司とは、いわゆる握りや巻物のお寿司全般のことを指しますが、そのなかでもより本来の「江戸前」に近いかたちでお寿司を食べられるお店があります。それが浅草の重寿司。国際通り沿いの観音裏に近いほうにあります。焼肉屋さんが多いエリアで、夜の遅くまでやっているお店が集まっているエリアでもあります。

江戸前寿司を食べるなら重寿司へ

重寿司
一見入りにくい雰囲気ではありますが、中は清潔で、カウンター席多くあるので、1人でもふらっと立ち寄ることができます。席にはきちんとメニューもありますので、何を頼んだら良いかわからない…といった心配も不要です。

「本日のおまかせセット」と「握り寿司」で迷いましたが、結局握り寿司とビール1杯を注文しました。「本日のお任せセット」はビール、お通し、小鉢料理、刺身盛り、1人前の握り寿司、そしてお味噌汁がついて5,250円。これだけセットになっているならなかなかお得な気がします。

握り寿司は上、特、特上の3種類から選べます。上が1600円、特が2,000円、特上は3000円でした。ちなみに上寿司の1.5人前というのもあり、こちらは2,400円です。

今回は2,000円の「特寿司」を注文。注文してから、1つ1つ丁寧に木の板に握られたお寿司が乗っかっていきます。数分待って出てきたお寿司がこちら。もう見るからに美味しそうです。

寿司

右にあるタレを刷毛でたらし塗り、食べるのだと説明してくれます。

このタレが江戸前寿司です!普通はお醤油ですが、お醤油は半分しか入っておらず、そのためお寿司のときにある「過度な口の中のしょっぱさ」がありません。もちろん普通のお醤油もありますので、お好みでよいと思います。

鮪とかっぱの巻物、卵、白身、鮪赤身、海老、とろ、うに、いくら。7貫+巻物が2本ですね。なかなかしっかり量もあり嬉しいです。ちなみにこのうにを軍艦で巻かないのが、重寿司さんのスタイルなのだそう。

自分でお寿司にタレをつけて食べたのは初めての体験。本当に余計な塩気がなく、旨や甘さ、塩分がちょうど良く、魚本来の味が良くわかります。ちなみにわさびも天然ものです。

重寿司

男性だと少し物足りないくらいの量かもしれませんが、追加で単品注文しても良いと思います。私は本日のおすすめだった「アジ」と「生サバ」を貰いました。どちらも味がしっかりした美味しいお寿司でした。嬉しかったのは鯵の皮などをパリッと焼いたものをつまみで出してくれたこと。これがサクサクで本当に美味しい。日本酒に合わせたいですね。

深夜も営業、予算も抑えめで楽しめる

口コミサイトなどを後から見ましたが、予算が7,000円くらいとなっており高めな印象ですが、そんなにかからないと思います。

私の場合は特寿司と、ビール、単品でアジと生サバを頼んで3,000円ほど。お酒2杯頼んだって4,000円以内で納まりますし、本当にお寿司だけを楽しむなら2,000円しかかかりません。また、この重寿司、なんと朝の5時まで営業しています。飲んで〆にお寿司というのも良いですし、終電後の1杯にも嬉しいですね。1階はカウンターと、テーブル席、2階はお座敷もありますので大人数の会合でも問題ありません。

後々知りましたが、アナゴがおすすめのようなので、次回は是非いただいてみようと思います。→浅草でおすしを食べるなら!

店名 浅草重寿司(しげずし)
住所 東京都台東区浅草2-13-6

スポンサーリンク

▲ このページのトップに戻る

by
カテゴリ:食事, 飲み屋 タグ:

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択

メッセージ