今回は、浅草の田原町近くにお店を構える宮崎地どり家さんに伺ってきました!実はここ、浅草観光のオトモのスタッフも良く使わせてもらっているお店。

夜の12時以降も開いており、美味しい宮崎料理や鶏料理が食べれるお店なのです。

宮崎料理と地頭鶏の居酒屋、宮崎地どり家

jidori9

宮崎地どり家さんは、宮崎料理を提供する居酒屋。最近チェーン店とかでも宮崎料理屋さんって増えていますが、こちらは実際に宮崎出身の方がお店を営業されているお店。競争が激しい浅草で、7年目になります。やはり地元の方が美味しいというものを提供してくれるのが1番良いですよね!

地鶏や

地鶏やさんのおすすめメニュー

宮崎地どり家さんの是非食べてほしいメニューを聞いてみたところ、やっぱりチキン南蛮などの宮崎郷土料理、そして宮崎県の地鶏である「地頭鶏(じとっこ)」を使った料理!とのこと。

「地頭鶏(じとっこ)」というのは、あまりに美味しいので地頭職の人に献上していたということが名前の由来となってる地頭鶏を原種とした鶏肉です。この宮崎地どり家さんでは、宮崎県えびの市という場所で奥松さんという方が育てている新鮮なじとっこを直送してもらい提供しているのだそう。新鮮なのでお刺身で食べるとプリプリです!

地鶏の刺身

「お刺身盛り合わせ」や、生で食べられるじとっこを炙った「たたき葱まみれ」。他にもカルパッチョやユッケなどでも楽しめます。九州の甘いお醤油で食べるお刺身と、葱がたっぷりのたたきもおすすめです。

宮崎出身の料理人が作る宮崎料理

東国原知事が有名になって、宮崎県の郷土料理も一躍有名になりましたが、実は案外知らないという方も多いのではないでしょうか?

チキン南蛮

有名どころだと、サクッと揚げた鶏肉にタルタルソースをかけたチキン南蛮や、味噌を溶いた魚介出汁を熱々のご飯にかけて食べる冷汁ですが、他にも、地頭鶏を炭火で一気に焼き旨みを閉じ込めた火柱焼き、魚のすり身や豆腐、黒砂糖を混ぜて揚げた「おび天」なども美味しいです。

おび天

特に食べてもらいたいのは火柱焼き!香ばしくて、お肉に弾力があって、とにかくお酒が特に進みます。笑

火柱焼き

jidori6

隠れたおすすめ料理

宮崎料理屋さんなので、やはり抑えておきたいのは上記で紹介したようなメニューですが、それ以外にも食べておきたいのが「網レバー」!新鮮なレバーを豚の網脂で包み焼いた料理なのですが、これがとにかく美味しいのです。

それだけでも美味しいレバーを、網脂で巻くことでパサつくこともなく、しかも脂の旨みがレバーに染みこんでいるのでウマウマです。

とにかくメニューの数が豊富なので、色々試してみてください。宮崎地どり家さん曰く、一時期減らそうかと思ったこともあったのだけど…とのこと。食べる側としてはメニューが豊富で嬉しい限りです。

宴会で飲み放題もお得

浅草で宴会や、大勢での飲み会を開催するなら、宮崎地どり家さんのコース料理もおすすめです。

宴会コースメニュー

チェーン店での飲み放題メニューって美味しくないし、かといって個人店のコース料理だとやたら高くつく…そんな中ここ宮崎地どり家さんのコース料理は、美味しく、値段も良心的。

料理は普段のメニューがそのまま出てきますので、味が落ちることもありません。

コース料理は地鶏鍋のついた鍋コース(先付け、サラダ、地鶏三点盛り、地鶏炭火焼、チキン南蛮、選べる鍋、〆のご飯か麺)3500円と、鍋&〆の代わりにおび天と本日の食事がついたおすすめコース2500円があります。

こちらのおすすめである郷土料理や地頭鳥は楽しめますし、1300円で飲み放題をつけられますし、これはなかなかのお得っぷりですね。

コース料理は2人から注文できますので、少人数だけどかなり飲む…という方も良いかもしれません。

種類は豊富な九州の焼酎

宮崎と言えば焼酎!「酒」と言えば焼酎の九州ですので、焼酎の種類が豊富に揃っています。赤霧島、白霧島、黒霧島、吉助の赤と白、博多のうまいものはうまい、飫肥杉(おびすぎ)、日向木挽(ひゅうがこびき)、吉四六、わかむぎ。やはり芋と麦が中心ですね。

焼酎

飲むぞ!という方はボトルで注文も出来ますよ。お店のメニューにないお酒もあるようなので、お店の方に伺ってみましょう。

以上、浅草にある宮崎料理の居酒屋、宮崎地どり家さんの紹介でした。

居酒屋を探している、美味しく食べて飲みたい、鶏料理が好きだ!という方は、是非足を運んでみてくださいね!

スポンサーリンク

店名 宮崎地どり家
住所 東京都台東区雷門1-7-8

スポンサーリンク

▲ このページのトップに戻る

by
カテゴリ:飲み屋 タグ:

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択

メッセージ