更新日:2017/12/12

浅草と言えば仲見世ですが、その中でも1度行ってやみつきになってしまったお店があります。
それは「九重」というあげまんじゅう屋さんです。

浅草仲見世にある九重の揚げまんじゅう

揚げ饅頭

歴史ある店舗が多い浅草の仲見世なんですが、九重もその一つで、昭和37年から変わらず営業している味は、初めて食べたはずなのに、なぜだか少し懐かしく、ほっこりさせてくれる味です。

浅草寺を背に三軒目に丁度お店があり、人でごった返している隙間から甘いあんこの香りが漂っています。
1つ140円ほどで購入しやすいのも魅力です。

味も豊富で美味しい揚げ饅頭

私は、友達と地方から観光で浅草寺に訪れたのですが、参拝後にいい香りにつられてお店の前に来た時、あげまんじゅうという今まで見たことのないネーミングに惹かれ、ショーケースを覗き込みました。
中にはカラフルなあげまんじゅうが並べられており、初めは抹茶の色鮮やかさに惹かれて購入しようと思いました。

その時、ふいに変わり種あげまんじゅうに目が行ったのです。
それはあんこではなくカスタードが入ったあげまんじゅうで、洋風が勝つのか和風が勝つのか興味をそそられたんです。

価格は少し高い170円でしたが、思い切って購入して食べてみると、皮のサクサク加減に驚かされました。
普通の衣だけではない感じがしたんです。サクサクのクランチの様な緑の点々はピスタチオを小さく砕いた物でしょうか。すごく香ばしくピーナッツ系の物が入っていたのかもしれません。
これは若者向けの味のように感じました。

かぼちゃあんもなかの色鮮やかさは食欲をそそり、寒い時期に訪れたので、体に沁みわたるほどほっこりできました。

テイクアウトはトースターで出来立ての味に

お見上げに二つずつセットで週種類入った物を購入して帰りましたが、家ではトースターでチンしてサクサク感を復活させて頂きました。
ごままんじゅうを少し焦げ目がつくくらいに出して食べると、ゴマの風味が口に広がり恋緑茶とよく合いました。

あげまんじゅうの評判はお土産を持って帰った家族にも大好評だったので、浅草に訪れる時には、また購入して帰りたいと思います。

九重の情報をもっと見たい!という方は、こちらの口コミ記事もチェックしてみてくださいね。
食べ歩きにおすすめな仲見世スイーツ、九重の揚げ饅頭!

スポンサーリンク

店名 九重 (ここのえ)
住所 東京都台東区浅草2-3-1

スポンサーリンク

by
カテゴリ:お菓子, テイクアウト・食べ歩き タグ:
応援コメントをどうぞ!
  1. icon

    chiba より:

    女性 (20代)

    2015/09/03 17:59

    浅草寺へと続く仲見世通りの一番奥浅草寺からすぐのところにあるあげ饅頭屋さん「浅草九重」。ごま油をつかったあげあげまんじゅうは特別かわった味!というわけではないのですが浅草寺に来ると必ず食べたくなります。抹茶やクリームなどいろいろな味があるのですが私はやっぱり小倉あんが一番好きです。冬の寒いときにお参りがてら食べ歩きするあげまんじゅうは格別です。

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択

メッセージ