今日は美味しいとんかつをがっつり食べたい!という方に是非見てもらいたい、浅草とんかつの紹介です。

美味しそうなとんかつばかりできっと食べたくなってしまうと思います。ダイエット中の方や、深夜にご覧いただいているという場合は、少しだけ注意して読んでくださいね。

太らないなら毎日でも食べたい!そんな名店が勢揃いです。

浅草のとんかつ屋10選!おすすめや人気の美味しいお店をチェック

とんかつが喰えなくなったら死んでしまいたい
君といっしょにとんかつを喰い、君といっしょに生きている どんと生きている

…そんな歌が出来るほど、人を魅了してやまないとんかつ。浅草にもとんかつの美味しいお店が多くあります。老舗の名店から、新鋭の美味しいお店まで、全部チェックしていきましょう!

ゆたか:創業70年の老舗とんかつ屋!

k.i_457521さん(@kana.i_457521)がシェアした投稿

七十余年になるお店は、浅草の仲店通りから田原町方面に歩きオレンジ通りを過ぎて路地に入ったところあり、お店の歴史を感じる一軒家の佇まい。自社製造のパン粉、群馬県産のやまと豚、高級綿実油と素材にこだわるだけではなく、スパイシーなウスターソースや藻塩ととんかつの引き立て役にもこだわりを見せます。定食からコース料理とありますので、様々なシチュエーションにもオススメです。職人の腕がひかる、胃もたれしない、軽やかなカツを多能してみてはいかがでしょうか。

  • 店名:浅草 ゆたか
  • 住所:東京都台東区浅草1-15-9

すぎ田:ビブグルマン2015にも載ったとんかつ

foodpastelさん(@foodpastel)が投稿した動画

蔵前橋駅からから田原町方面へ国際通りを数分歩くと、ミシュランのビブグルマン2015にも掲載された「すぎ田」があります。店内は黒を基調した和モダンな内装で、デートでとんかつをというのにも劣りません。とんかつメニューは「ひれ」と「ロース」のみで、同様にソテーもあります。ロースカツは温度差のある二つの鍋を使って丁寧に揚げられ、比較的薄衣なのですが、さっくりと軽く揚がってて油濃さもないです。塩、からし、醤油、3種のソースが用意されていますが、塩で食べるのが一番合うほどの上品さです。揚げ物が苦手な方にもオススメですよ。

  • 店名: すぎ田
  • 住所:東京都台東区寿3-8-3

あき山:お肉屋さんがはじめた旨いとんかつ!

あき山のとんかつ

あき山のとんかつ断面

つくばエクスプレスの浅草駅の出入口2より国際通りを渡り路地に入ったあたりにあり、店先に掲げられたこげ茶色の幟旗を目印です。店内はテーブル席のみで、席間隔も広く、落ち着いて過ごそうな雰囲気。ランチは定食で1000円で提供されているのですが、ボリュームも十分で丁寧に作られた豚カツにご飯も青海苔の味噌汁もしっかり丁寧です。付け合せのキャベツも柔らかで甘く、お得度が高いです。女性お一人様も多いとのことなので、一人とんかつをしたい時には重宝しますね。

  • 店名:あき山
  • 住所: 台東区浅草2-12-6

桃タロー:珍しい元祖やきかつを食そう!


桃タローは元祖やきかつのお店です。「やきかつ」と言ってもトンカツを焼く訳ではありません。少量の油で焼くように揚げるいわゆる洋食の「カツレツ」のアレンジだそうです。上野精養軒で修行した先代が精養軒のミラノカツレツを基に考案した調理法とのこと。桃タローのやきかつは熱々のの鉄板に乗せて提供されます。衣はとても軽くてサクサクで見た目とはかなり違います。特上の焼きカツ定食でも1500円前後とコスパもいいです。浅草小学校の近くにある創業12年の老舗のやきかつ、堪能する価値ありですよ。

  • 店名:桃タロー
  • 住所:東京都台東区花川戸1-10-9

とん将:観音裏のアットホームなとんかつ屋

HidE Sさん(@chelsea2002)が投稿した写真


雷5656会館のすぐ裏手、閑静な住宅街にあるぶたの看板が目印のとんかつ屋です。店内はこじんまりとしていて、カウンター席、2人テーブル席、4人テーブル席があります。平日ランチはとんかつが800~900円程度でいただけます。そんな中で、オススメはロースかつです。とんかつの衣はからっと揚がっていてサクサク、ロースは柔らかくジューシーで旨みがあります。またそのロースを使ったカツカレーもありこちらもオススメです。休日は浅草も多くの観光客で混み合うので、少し喧騒から離れたところで食事ができるのもいいですね。

  • 店名:とん将
  • 住所:東京都台東区浅草3-22-4

だんき:常連さんに愛される那須高原の三元豚の肉厚とんかつ


つくばエクスプレス浅草駅から国際通りから雷門通りを隅田川方面へ少し歩いた路地にある。20席程度の町のちょっと小綺麗なとんかつ屋さん。栃木県那須高原の郡司牧場の三元交配豚を使用しているており、オススメはロースカツ。かつ肉の厚さは1cm程で、肉質はすごく柔かく脂もしつこさは感じません。衣は薄くカラッとして肉の旨さを引き出しています。こちらのお店も駅から少し離れたところにあるので、観光客ではなく地元のお客さんが多いようです。地元の方が通うお店なら間違いなしですね。

  • 店名: だんき
  • 住所:東京都台東区浅草1-14-4

とんかつ 二代目 遠山:親子二代で作り上げるこだわりとんかつ

とんかつ二代目遠山のとんかつ

正面からのとんかつ
浅草EKIMISEの裏、東武線高架橋の脇にある比較的新しいとんかつ屋です。お店は新しいですが、店名にもあるように親子二代で営んでいます。店内はカウンター9席、奥の座敷に4人用座卓が2卓と奥行きがなくこじんまりとしています。2種類のパン粉を使い分けて揚げられた衣は薄く、あっさりといただます。あっさりしていますが肉質は柔らかく、かつにつける調味料は竹炭黒塩や茎わさび、スプレー式の醤油、ソースと豊富です。自分好みでいただけるのも嬉しいところです。

  • 店名:とんかつ 二代目 遠山
  • 住所:東京都台東区花川戸1-6-8 廣野ビル 1F

とんかつ中根:洋食も寿司も美味しいとんかつ屋!

@alaincccが投稿した写真


マツヤデパートのある東武浅草駅から馬道通りを北上し、浅草6丁目交差点を右折したところにあります。店内はちょっとした小料理屋といった雰囲気です。2階建で、1階には小さなカウンター、4人掛けのテーブルが2卓、2階は全て座敷席で4人用座卓が4卓といった感じです。家族で営んでいるようで店主のお父さんがとんかつ担当で、息子さんが刺身や寿司といった和食担当。看板「とんかつ」の文字はありますが、お寿司や時期になるとふぐなんかもいただるようです。とんかつにお寿司なんて、ちょっと贅沢な気分になれそうですね。

  • 店名:とんかつ 中根
  • 住所:東京都台東区浅草6-17-7

デンキヤホール:昭和レトロな空間でいただくとんかつ

少し変わった店名の「でんきやホール」。もともと電器店を営んでいた創業者が1903年に喫茶店を始めたそうで、焼きそばを玉子焼きで包んだオムそばの「元祖オムマキ」や名代「ゆであずき」が有名です。浅草の千束通りにあり、内装はかなりレトロな感じで、まさに昭和の喫茶店。ゲーム台がテーブルの役割を果たしています。コーヒーや甘味から、オムライス、ナポリタン、サンドイッチに各種定食と、食事メニューも充実していて、カツサンドにカツ定食がお手頃にいただけます。昭和レトロな空間でとんかつというのもいいですよ。

  • 店名:デンキヤホール
  • 住所:東京都台東区浅草4-20-3

浅草牛カツ:柔らか旨い今人気の牛カツ

@akerou1が投稿した写真


今までは、豚のカツをご紹介してきましたが、最後に牛のカツをご紹介します。最近牛カツの専門店を目にすることが多くなりましたが、浅草にも牛カツ屋さんがあります。その名も「浅草牛カツ」。雷門門通りのちょうど雷門あたりにあり、カウンター9席とかなりこじんまりしています。カウンター越しのキッチンで揚げられた牛カツは、断面を見るとサシが入っていて、生肉好きにはたまらないです。筋などもしっかり取っていて柔らかいです。醤油か山わさびと玉ねぎを合えた特性ダレ、テーブルにある岩塩でいただきます。昼間は混み合うようですので、夜行くのが狙い目ですよ。

  • 店名:浅草牛カツ
  • 住所: 東京都台東区雷門2-17-10 雷門上村ビル B1F

美味しそうなとんかつばかりで、もうお昼ごはんはとんかつで決定!となっているかもしれませんが、その他の定番グルメも外せません。お時間があれば下記ページも合わせて読んでみるといいですよ。

▲ このページのトップに戻る

by

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択

メッセージ