浅草を旅行した際、宿泊するには、浅草ビューホテルがいいかもしれません。宿泊施設、ショップなども充実していますが、レストランもかなりの店があります。眺めのいい店もあるので、選ぶのに迷ってしまいます。そこで、各店の特徴をまとめましたので、参考にしてください。

浅草ビューホテルにあるレストラン一覧

浅草ビューホテルのなかには、1階にパンやスイーツを販売する「レアール」、ラウンジの「ミモザ」、コーヒーショップの「カフェ・ド・カピタン」、6階の和食「歌留多」、26階のブッフェ「武蔵」、27階の中華&鉄板焼きレストラン「唐紅花/蒔絵」、そして28階のバー「セント・クリスティーナ」といった、多彩なレストランが揃っています。

ホテル宿泊客でなくてももちろん利用できますので、気になる場所に音連れ手見ましょう。

唐紅花(からくれない)/鉄板フレンチ蒔絵

浅草ビューホテルの27階にある「ヌーベルシノワ」の料理、唐紅花(からくれない)と鉄板フレンチの蒔絵(まきえ)。実はここ、二つの厨房があるレストランで、どちらのメニューも楽しめるという変ったスタイルのお店なのです。

まずは唐紅花(からくれない)。ヌーベルシノワとは、新感覚中華料理の意味で、ただの中華料理ではない、すこしおしゃれな料理が楽しめます。ベースが広東料理となっているので、ショウロンポウやシューマイなどの点心が充実しており人気です。毎週金曜日は、ランチタイムにお一人3,500円の飲茶食べ放題なんてのもやっています!

鉄板フレンチ蒔絵は、ベーシックな鉄板焼きが楽しめます。とくに平日の火曜日限定である3500円の「オーダーフレンチバイキング」がお得だと人気です。なんと鉄板焼き50種類が食べ放題!そんなに食べれないよ、と思いますが、すべて一口サイズで出てくるので意外と食べれてしまうそう。ズッキーニの網焼きやアスパラガスの香草風味などの野菜類、サーモンやホタテの魚介類、牛フィレやロースなどの肉類、そしてガーリックライスやパスタなどの〆料理。鉄板焼きでだけでなく、鴨のスモークやノルウェーサーモンのマリネなど前菜も豊富です。1人1皿限定のフォアグラまで。ちなみに最初に小さなオードブルと、オマール海老1/2カットまで出てきてしまう、なんとも贅沢なコースです。

名称 唐紅花/蒔絵
ジャンル 中国レストラン(広東料理、飲茶・点心)/フレンチ鉄板焼き
場所 浅草ビューホテル27階
店舗情報 個室あり、席数64席
平均予算 昼3,000円台、夜10,000円~15,000円
  • 東京スカイツリーが一望できます。夕方の時間から夜にかけてが最高です。
  • 中華料理らしくなく、店自体がシックで落ち着いた雰囲気で素敵です。
  • 夜の夜景で、窓側の2人席は、ロマンティックな演出になります。1500円のテーブルチャージも惜しくありません。
  • コース料理が充実しています。ランチは安めのコースでも十分満足!
  • 目にも鮮やかな冷やし中華が美味しい!というか麺は全部美味しいです。
  • 混雑時のオーダーバイキングは、時間がかかる場合があることを心得て来店ください。

 

歌留多(かるた)

浅草ビューホテル6階にある日本料理の歌留多(かるた)。ランチは1,980円から、ディナーは3,240円から楽しめます。また、落ち着いた個室も充実していますので、お祝い事や、ランチミーティング、会合などにもおすすめです。6階にあるにもかかわらず、窓の外には庭園が!緑に囲まれながら食事を取れるのは嬉しいですね。

名称 歌留多
ジャンル 懐石・会席料理
場所 浅草ビューホテル6階
店舗情報 個室あり11部屋(2名~40名までの部屋があります)
平均予算 昼2,000円台、夜15,000円~20,000円
  • 日本庭園の見える店です。このフロアーは、ホテルの雰囲気を一変させてくれます。
  • ゆったりとした中で、食事がいただけます。
  • 懐石コース料理が充実しています。予算に応じてコースを選択できます。
武蔵

浅草ビューホテルの中で、1番人気が高いレストランであれば武蔵でしょう。様々なホテルでブッフェを行なっていますが、特にここのブッフェは値段もリーズナブルなのに美味しいと評判!美味しいものでなければお腹いっぱい食べる気にもなりませんからね。人気のランチブッフェは予約時間は11:15〜と13:15〜の90分二部制になっています。様々な口コミもありますので合わせてチェックしてみてください。

名称 武蔵
ジャンル バイキング、ダイニングバー、バー
場所 浅草ビューホテル26階
店舗情報 個室あり、席数200席
平均予算 昼3,000円台、夜4,000円台
営業時間
朝食7:00~10:00(90分制)
ランチ11:30~15:00(90分制)
ディナー17:30~21:45(120分制)
バー21:00~24:00
  • 東京スカイツリーが一望できます!
  • 朝食は、40種類のメニューから食べ放題です。おとな2,300円
  • ランチタイム(おとな3,480円)、ディナータイム(おとな4,480円)は、季節ごとに旬の食材を利用したフェアを開催しています。
  • ランチタイム、ディナータイムのバイキングは、お高い食材もあって、お得感があります。
  • バータイムは、朝から夜の店の雰囲気よりも落ち着いた感じで、夜景がロマンティックを演出します。

浅草観光のオトモでは実際に行った方の口コミも紹介していますので、参考にしてみてくださいね。
浅草ビューホテルの武蔵が美味しい!

カフェドカピタン

1階にあるコーヒーハウス、カフェ・ド・カピタン。コーヒーハウスなのですが、なぜか普通のランチもディナーも楽しめます。上位階のレストランと比べれば値段もリーズナブルです。おすすめは「サラダDEランチ&スープバー」。選べるメインディッシュに、サラダやオードブル、スープが食べ放題のお得なランチです。選べるメニューも、洋食と中華があり、「あべ鶏のソテー照り焼きソース」や、「鶏肉とカシューナッツ炒め」などの定番から、値段をプラスすると注文できる「牛ロースのソテー」や、「牛フィレ肉の黒コショウ炒め」などリッチまで10種類。平日は1500円、土日祝日は1800円で楽しめます。

名称 カフェドカピタン
ジャンル カジュアルレストラン
場所 浅草ビューホテル1階
平均予算 昼1,000円台、夜3,000円台
  • 明るい店内で、食事を楽しめます。
  • 中華料理、西洋料理をお食事の方は、サラダバー、スープは、食べ放題です。
  • 季節ごとにフェアを開催して、新しい料理に出会えます。
セント・クリスティーナ

展望が売りの浅草ビューホテルにおいて、1番の絶景を誇るのが28階の「セントクリスティーナ」です。なんとここは会員制のメンバーズバー。シックな空間でお酒を楽しめます。ちなみに、会員でなくても1,620円のお試し利用チケットを使えば入ることが可能!入店費と考えると高い気もしますが、通常の場合は個人で入会金20万、保証金30万、年会費3万円もかかることを考えれば安いものでしょう。デートにぴったりですね。

名称 セント・クリスティーナ
ジャンル 会員制バー
場所 浅草ビューホテル28階
  • 会員制のバーですが、お試しご利用チケット(1,620円)で、会員でない方もご利用できます。
  • 会員制のため、落ち着いた空間で、夜景と美酒がいただけます。
  • 窓から一望できるスカイツリー!夜専用のバーなので、雰囲気抜群です!
ラウンジミモザ

少し昭和感が漂ういかにもホテルらしいラウンジの「ラウンジミモザ」。ミックスサンドウィッチ1,200円、コーヒー780円と、ホテルらしい価格のラウンジです。待ち合わせやちょっとした打ち合わせにも良いですね。下で紹介しているレ・アールのパティスリーも注文可能です。

名称 ラウンジミモザ
ジャンル カフェ、ラウンジ
場所 浅草ビューホテル1階
  • 軽食やカフェとしての利用ができるラウンジです。
  • アルコールの提供も可能です。
パティスリーレ・アール

ホテルで作るパンやスイーツ、デリカが買える持ち帰り専用のお店です。シュークリーム300円、あんぱん180円など、1番リーズナブルですね。ホテルなのに町のパン屋さんみたいなちょっと懐かしい系メニューも豊富で、コロッケパンやパンダパンなども売っています。意外と美味しいのがスイーツ!季節によってメニューは変りますが、「米粉を使ったガトーショコラ」、「栗のロールケーキ」などボリュームも豊富でなかなか美味しいです。ホテル宿泊なら、お部屋用にテイクアウトしても良いですね。

名称 ラウンジミモザ
ジャンル スイーツ、ブレッド
場所 浅草ビューホテル1階
  • ホテルメイドのスイーツ、パンを自宅で味わえます。
  • ホテルのお惣菜も販売しています。

浅草ビューホテルに宿泊した際は、レストランを訪れてみては、いかがでしょうか?連泊して、気になる店に足を運びたくなるようなお店とメニューばかりです。ホテルでは、お客様への心遣いが活かされていて、快適なサービスを提供してもらえるものと思われます。お腹も大満足すること、ありませんね。

浅草ビューホテルの宿泊情報、レストラン、婚礼などすべての情報がここに集約されていますので、一度参考にしてみましょう!
浅草で宿泊なら浅草ビューホテル!ランチもおすすめ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

▲ このページのトップに戻る

by
カテゴリ:食事, 飲み屋 タグ:

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択

メッセージ