やしま-新御徒町:注文を受けてから調理される絶品鰻料理が味わえるお店

  • うなぎ
  • 住所:東京都台東区小島2-18-19

「やしま-新御徒町」は、新御徒町駅から蔵前方面へ3分ほど歩いた場所にあるレンガ色のビルの1階にあるうなぎ料理のお店です。こちらのお店では、注文してからうなぎを捌くため少々時間がかかりますが「待った甲斐があった」と言いたくなるような鰻重が提供されます。

こちらのお店、店主は浅草にある初小川で修行をされたそう。初小川といえば浅草のうなぎの名店。土日ともなると数時間待ちは必須なうなぎ屋さんです。昔ながらのお店で、1つ1つ丁寧な料理を学ばれていたとあって、その腕前に期待が膨らみます。

お店はこちら。煉瓦風の建物が良い味を出しています。

yashima6
この地で創業し30年以上になるのだそう。新御徒町の駅ができたのが2000年なので、このエリアが住宅と町工場、個人商店ばかりだった時から続けられて居るということになります。

うなぎのメニューは上3300円、特上3900円の2種類のみ!と言うシンプルさ。600円の差なら・・・ということで、特上を注文される方も多いのだそう。

ちなみにいつもうなぎの松竹梅、並、上、特上などのランクで悩む人が居ると思いますが、こちらのお店は「うなぎの大きさ」が異なるとのこと。なんとなく、お肉のA4、A5のようにうなぎの脂のノリや、質が異なるのではないかと思う人も居るかと思いますが、ほとんどのお店にて差が出るのは大きさ。うなぎのもともとの大きさ、うなぎの枚数、そのうなぎの量に応じてご飯の量が変わるところも。

昔、とあるうなぎ屋さんで働いていた時、お店のお客様であるほっそりとした社長のおばあちゃんが、いつも1番安い「梅」を頼んでいましたが、これは別にケチっていたわけではなく、単に少量いただきたかったから、、、と気づいたのは大人になってからでした。

yashima3

こちらのお店は、平日でも時間帯によっては予約で満席になってしまう場合もありますので、きちんと予約をしておくのが正解でしょう。また、人数が多い場合は注文するうなぎもお電話で伝えておくとよいかもしれません。

ごはん物のほかに白焼きや一品料理もあり、ビールや日本酒も取り揃えられていますので、お酒と一緒にうなぎ料理を楽しみたい時にもおすすめのお店です。一品料理は板わさ、もずく、もろきゅう、冷奴など。うなぎのしっかり味に合わせてさっぱり系のラインナップです。

うなぎを待っている間は、お酒をおつまみで待つのがうなぎの醍醐味。お酒を頼むと、大豆の煮たものがついてきます。かなり薄味なのですが、青のりがかかっており美味。

yashima

また、うなぎについてくるお新香が良いお酒の当てになります。シンプルな大根、きゅうり、沢庵が良い味出しています。

yashima1

ゆっくりお酒を楽しんでいると、ちょうど良いタイミングでうなぎが登場。待ちに待ったうなぎの登場に笑顔がこぼれます。

yashima7

蓋をオープンすると、ふっくらと焼かれたうなぎが登場。程よく脂の乗ったうなぎは、ふっくらと柔らかく、タレの味も上品でしつこくありません。焼き目も焦げすぎていたりせず、ほど良い香ばしさ!

yashima4

山椒をふりかけると、これはまた香りがよく、箸が進みます。一見、そこまで量がない様にも見えますが、実際食べ進めるとなかなかのボリューム!数人で訪れましたが、年配の方は食べきれず包んでもらったり、女性の方はご飯だけ少し食べきれなかったりしましたので、大食いの方もどうぞご安心ください。少食の方は、ご飯の量を少し少なめにしてもらってもちょうど良いかもしれません。

店内お座敷をはじめ、テーブル席もありますので、高齢の方との食事会や海外の方の接待にも利用しやすい雰囲気。営業は11時半から14時、17時から20時までの2部制となっています。予約もできますので、美味しい鰻料理を食べに寄ってみてはいかがでしょうか。

浅草をはじめとする下町は美味しい鰻のお店が多いエリア。夏は元気を出すため、冬は脂の乗った美味しい鰻を食すため、ぜひ美味しい鰻を季節を問わず楽しんでくださいね!

スポンサーリンク

店名 やしま
住所 東京都台東区小島2-18-19

スポンサーリンク

by
カテゴリ:食事 タグ:

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択

メッセージ