浅草の言問通りを通り過ぎると、浅草のディープな世界が広がります。その先には江戸の華、吉原があったその手前のエリアには、今でも料亭などが残り、なかなか観光客が足を踏み入れにくいところ。

実は美味しいお店や入りやすい喫茶店などもたくさんありますので、フラッと歩いてみて欲しいエリアでもあります。

劇的ビフォーアフターに出たとんかつ屋

そんな言問通りと国際通りの交差する角にあるのが、一軒の黒い建物。なんのお店かわからず、しかもその重厚そうな店構えで一見すると入りにくい。

yayoi

すごく高いおみせなんじゃないか…とドキドキで近づいてみると、入り口には、「加賀野菜」、「とんかつ」の文字が。

ここはもともと昭和15年から続く老舗のとんかつ屋さん。奥様のほうのお店で、旦那さんは金沢の方なのだそう。ということで、加賀野菜が食べられるとんかつ屋さんなのです。
加賀野菜

歴史が長いだけあり、もともとは非常に古いお店だったそうなのですが劇的ビフォーアフターによって今の素敵な外観に生まれ変わったのだそう。

加賀野菜のつまみが美味しい飲める店

お店のドアを開けると、左手にカウンターとカウンターに面したキッチン。そして右手にはテーブル席と、カウンター席が並びます。

一人で飲みに来て常連さんのいるカウンターは落ち着かない…という場合は、右手に行けばOKでしょう。でも、おすすめはやはりお店の方ともお話できる左のキッチンカウンターです。

席につくと、周りには加賀のおつまみのメニューが。

金沢野菜

金沢野菜

加賀野菜

きゅうりにレンコン、ナスにトマト!そして見たことの無い金時草というお野菜も。

メニューはこの加賀野菜以外に、一品料理、揚げ物、炒め物など、なんでもあります。とんかつ屋ではありますが、別にとんかつを頼まなくても大丈夫です。

まずはビールと、とりあえず、やはりおすすめな加賀野菜をもらいました。金時草をナムルにしてもらいます。

ビール

注文すると、大将がお鍋で金時草をゆで、茹で上がったものをおかみさんが調理してくれます。胡麻油と白だしのシンプルで美味しい味です。

初めて食べたのですが、ぬめぬめしたモロヘイヤのような感じ!臭みや苦味はなくおいしい葉物です。

野菜のおつまみ

続いて、たまたま早めに入ってきたという加賀れんこんの串揚げ。

もちっと、しゃきっとした両方の食感が味わえる“日本一おいしいレンコン”と言われたら、頼まないわけにはいきません。レンコン大好きです。

注文してから、レンコンに衣をつけて揚げていきます。

狐色にあがったおいしそうなレンコン!

レンコン

シンプルにお塩と練り辛子で食べます。これがおいしい。むしろなにもつけなくてもおいしいくらいにレンコンの味がしっかりしています。おっしゃるとおりシャキとモチが同居した食感。

ちなみにおとおしはすり身揚げでした。美味しいです。

すり身揚げ

夜にも食べられる軽めのとんかつ

やはりとんかつと書いてあるからにはとんかつを頼みたいところ。ということで、とんかつのおろしソースを注文しました。ソースでもおろしでも楽しめて一石二鳥です。

とんかつ

薄めの衣で中のロースは柔らかくおいしいとんかつです!ちなみに常連のおきゃくさんからヒレカツも一口頂いたのですが、非常においしかったです。夜に油ものは…という方はヒレのほうが良いでしょう。

お酒の種類もあり、お店の方も感じが良く、初めてでも十分に楽しめるお店。この場所で長いお店なだけあり、昔の浅草のお話とかも聞けますよ。(ちなみにお店の方は3代目くらいなので、まだお若いです!)

何を食べてもおいしそうだったので、また再訪してみたいと思います。みなさんも、西浅草の最初の一歩にまずはこの弥生から行ってみてはいかがでしょうか。

店名 弥生 (やよい)
住所 東京都台東区浅草3-12-4

▲ このページのトップに戻る

by
カテゴリ:食事, 飲み屋 タグ:

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択

メッセージ