浅草に観光に来る際や、東京に旅行に来る際、浅草駅よりもその周辺で宿泊することになる方も多いですよね。

たとえば、蔵前は羽田と成田と結ぶ浅草線沿線にあり、浅草からも1駅なので、ホテルやホステルが多かったり、また銀座線の田原町や、つくばエクスプレスの通る新御徒町(しんおかちまち)周辺も泊まれるところが多いです。

浅草から少し蔵前方面へいき、さらに上野方面にあるエリアが「元浅草」と呼ばれるところになります。

元浅草で12時以降飲めるバー

この周辺で夜1杯飲めるバーをお探しであれば、「cottonboll(コットンボール)」がおすすめです。

地図
1時ラストオーダー、2時閉店ですので、東京や浅草を観光して、または出張で仕事が終わって、〆の1杯にはちょうど良いですよね。

場所は、新御徒町と蔵前大江戸線の少し新御徒町よりにあります。春日通りの大通りからは1本入りますので、知らないと通り過ぎてしまうかもしれません。

春日通から孫三通りという道に、蔵前からきたら右に、新御徒町からきたら左に曲がります。

少しすると角にあるビルがcottonbollです。

地図

夜だと暗いので、昼間のバージョンも乗せておきました。

夜だと入り口はこんな感じです。

コットンボール

本当にこのあたりはお店が少ないので、12時以降にライトがついているとほっとしてしまいます。

看板

手前には看板が。お酒のメニューは何も書いていないのですが、料理も食べれることがわかります。

この日の料理はアンチョビとオリーブのピザ、トマトと生サラミのぴざ、トマトの冷製パスタ、チーズたっぷりカルボナーラ、3種のフランク盛り合わせ、焼きカマンベール、トマトサラダのようです。

外から見ると、階段をあがった2回にバーカウンターとテーブルが見えます。

この時点でちょっと入りにくそう…と思ってしまいそうですが、心配はいりませんので扉を開けてみましょう。

コットン

お酒初心者でも入りやすいバー

中に入ると、2階へ上る階段が。

階段

上ると、意外にゆったりとしたつくりの店内が広がります。

テーブル席

バーカウンターテーブルも大きくゆったりしたつくりで、隣を気にしなくて大丈夫です。

shade015_mini

カウンターの中では、マスターがお一人でやってらっしゃいます。

今回来たときは、カウンターの端に常連さんらしきお客様がひとり、私と入れ替わりに50代くらいのおじ様がたが4名くらいのグループが帰っていかれていました。

スコッチ

席に座って、メニューありますか?と聞くと、「うちはメニューを置いていないんです。」とのこと。

出たー!こだわり系初心者NGバーだったー!…と思ったのですが、どうも話を聞くと、まったくその逆のよう。

マスターはもともと日本橋でお店をしていたそうですが、そこの感覚でメニューを置いたら、「こんなんわかんねぇよてやんでぃ」(てやんでぃは言っていない)といわれてしまったそう。

このあたりは下町。しかも駅から離れている分近所のお客様が多いので、横文字のオンパレードであるバーメニューは拒否反応だったもよう。

そこで、あえてメニューをおかず、「こんな感じで」と言って、それにあわせてマスターが作ることにしているのだそう。

お酒

だから、お酒がわからなくても大丈夫です。聞くと色々と教えていただけるので、質問しながら飲むと面白いと思います。

丁寧に作る美味しいお酒

今回は、ミントジュレップと、もう1人がバーボンとスコッチを頂きました。バーボンはバッファロートレース。ケンタッキー州にあるアメリカでもっとも歴史があり、かつ最大の蒸留所です。その歴史はなんと230年!名前の由来となるのは、バッファローの通り道、バッファロートレースです。しっかりした味わいのバーボンでした。

バーボン

バーボン

ミントジュレップは、言わずと知れた競馬(ケンタッキーダービー)のお酒ですね。バーボンベース、スコッチベースか聞かれ、定番のバーボンベースで作ってもらいました。スコッチベースもあるんですね。次頼んでみようかと思います。

あまり甘いものは好きではないので、甘さを聞いてもらったのは嬉しかったです。甘さ控えめで注文しました。ミントの量もしっかり入っていて嬉しい限り。きれいです。

ミントジュレップ

スコッチはラフロイグ。アイラウイスキーの定番ですね。

氷もしっかり丸く角の取られた氷です。きちんと目の前で氷を削ってくれます。

ちなみにチャージは300円でナッツを出してくれます。銀座のバーなら500円は取るでしょう。良心的です。お酒の値段も高くなく3杯飲んで、3600円。チャージを抜くと3,000円ですね。

ちなみにコットンボールという名前は、マスターの母がその場所でキルトのお店を営んでいたようで、そのお店をそのまま使っているのだそう。

良く見ると、1階の階段下や、トイレに“コットンボール(綿わた)”が置いてあります。

バーコットン

コットンボール

また1杯ここで飲みたいなと思わず思ってしまう素敵なお店でした。元浅草周辺にお泊りなら、是非行ってみてくださいね。

他にも、浅草周辺でバーをお探しならこちらの記事も参考にしてみてください。
カジュアルから知っとりまで…浅草でおすすめのバー

店名 コットンボール (COTTONBOLL)
住所 東京都台東区元浅草3-11-3

▲ このページのトップに戻る

by
カテゴリ:バー・お酒 タグ:

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択

メッセージ