浅草の入り口といいますか、東武線の駅ということもありこの建物を見る人はとても多いと思います。

その昔は浅草松屋という名称でしたが時代とともにアルファベットになりましたね。

浅草観光にまできて、得体の知れない商業施設に行くのは勿体無いと思っているかもしれませんが、そこは老舗の施設です。とても便利で浅草観光客を分かっているなという内容となっています。

何とかヒルズのように観光のメインにはならないですが、浅草の一等地にありますので知っておいて損は無いはずです。

一階はお土産売り場が充実。浅草土産はEKIMISEでも。

ekimise

これは便利で助けられたという人もいるでしょう。みっちりと浅草観光をしていざ帰ろうとした時にお土産の手配を忘れていたっていうケースは良くあるはずです。
しかし、いまから仲見世を歩く気力も無いし、商品を検討する余力も無い、そして失敗したく無い、そう考えているはずです。

そんなときは一階のお土産売り場を、是非利用しましょう。
やはり力のある銘店が並んでいますので安心して購入できます。

イートインのある店舗もありましたのでちょっとした休憩にも良いかもしれませんね。

関連:浅草お土産は松屋「下町銘菓撰」が便利!

観光に来たけど宿泊に必要な衣類を忘れていた

そんな時も一通りエキミセで揃えることができるはずです。衣類全般では4階にユニクロが入っておりますのでなんでも揃うでしょう。ちょっと不足がある時は5階のライトオンも覗いてみるといいと思います。
旅行バッグに靴下を入れ忘れた、パンツが足りなかった、雨で全部びしょびしょになってしまった…そんな時はエキミセで揃えることができますね。
ビジネス、仕事で来たという人にはスーツセレクトも役に立つかもしれません。

靴下・ストッキング・レギンスを扱うコポも5階にありますので女性には便利かもしれませんね。

ちょっとした日用品が必要になった

日用品や消耗品の不足が出た場合は、7階に100円均一ショップのセリアがあります。100円ショップという事で地元民も多く使っているお店ですが、観光客にも便利でしょう。

また、セリアでは必要なものが見つからなかったという場合は5階のイルーシー300というお店も見てみると良いかもしれません。
店名の通り300円ショップですね。ちょっとお洒落なアイテムを揃えているお店ですので100均のではちょっとという場合などは希望のものがあるかもしれません。

さらに6階には家電のノジマが入っています。スマホ充電器やデジカメ関連などで困ることがあるかもしれません。覚えておくとせっかくの観光で後悔することを減らせるかもしれませんね。

浅草巡りをしたいのに彼女がヒールで来てしまった

軽い気持ちで浅草観光をしようと思った時などにあるのが歩きにくい靴で来てしますという事です。

仲見世を通って浅草寺でおしまいなんて場合には我慢できるかもしれませんが、それ以上となると歩きやすい靴がベターです。

彼女がとてもセクシーなヒールで来てしまったなんて場合は5階のABCマートで手頃なスニーカーを買ったほうが楽しく浅草を巡ることが出来ると思います。

せっかく観光に来たなら屋上も立ち寄って!

屋上は浅草ハレテラスという名称の広場です。イベントをやっている時もありますが、基本的には広場です。昔は小さい遊園地などがあり、祖母に連れて行ってもらった記憶もありますが、残念ながら今は何もありません。
ただ、是非立ち寄ってもらいたい理由もあります。

一つ目が出世稲荷神社です。

ekimisetorii

このような感じでとてもこじんまりとしていますが、かなりオールマイティーな神様ですし、浅草の長い歴史とともにご活躍いただいている神様ですので是非、ご参拝してください。

ekimisejinja

二つ目がスカイツリービューです。浅草観光中はいたるところからスカイツリーがよく見えますのでそこまで拘る必要は無いかもしれませんが、記念撮影などもしやすくエキミセに立ち寄ったなら屋上のハレテラスにも行ってみて下さい。

okujou

関連:EKIMISE屋上の浅草ハレテラスからからスカイツリーを見よう!

土日は観光客多し。レストラン街の利用も計画的に

浅草には美味しいお店が沢山あるのであえてエキミセで食事をする必要はないかもしれません。
ただ、7階にはレストラン街もありますのでエキミセで済ませてしまいたいという場合は食事をすることも可能です。

浅草ならではというお店では無いですが、結構どのお店も満席の光景を目にします。浅草のランチは油断しているとどこのお店にも入れなくなりますので時間をよく計算して観光プランを立てることが大切ですね。

子供が楽しい施設はあるの?

イオンやイトーヨーカドーのように充実しているかと言われるとそんなことがありません。
浅草観光を家族でする場合の課題なのですが、小さい子が退屈してしまう可能性が高いという事なんです。

エキミセに限らず浅草には子供向け施設があまりありません。それこそ、花やしきにでもいけば納得でしょうが、花やしきをメインにプランをできない事の方が多いでしょう。

ではエキミセには何があるかという事ですが、まずは7階のキッズパークが暇つぶしになります。

ekimisesunaba

ekimisekodomo

屋内砂場で小さい子であれば20分くらいは遊んでいられるでしょう。ただし、係員などはいませんので放置はしないでくださいね。何か合ったら大変です。

ekimiseasobi

また、男の子が中心になると思いますが、7階にポポンデッタwith東武鉄道ギャラリーというお店が有ります。巨大な鉄道ジオラマがあり、優良だったと思いますが、操作をして遊ぶこともできます。

鉄道マニアには堪らない場所かと思います。お子さんが興味を持っている場合は寄ってみる事をオススメします。

popondetta

最後にお店ではないのですが、たまに子供向けの催事イベント等を実施していることもあります。
2016年12月にはスノードームやオーナメントの手作り体験などを週変わりで実施していました。

参加費はエキミセ内の500円分のレシートという事でほぼ無料みたいなものですね。

という事でエキミセを紹介してきましたが、なんといっても東武線直結の便利さが最大の売りです。

浅草観光の際にはお世話になることも多いと思いますのでチェックしておくと良いでしょう。

店名 浅草EKIMISE
住所 〒111-0033 東京都台東区花川戸1-4-1

▲ このページのトップに戻る

by
カテゴリ:見る・遊ぶ, 食事 タグ:

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択

メッセージ