浅草で美味しいお抹茶カフェやスイーツならこのお店!

greentea

ジャポニカロッジ:京都宇治和束町のお茶をスカイツリーと共に味わえる日本茶カフェ

  • 日本茶、抹茶、甘味
  • 住所:東京都台東区花川戸1-3-3

ゲストハウス、アウトドアショップ、伝統工芸品などを扱う総合アンテナショップ、ジャポニカロッジ。入り口は江戸通り側と墨田公園側があり、公園側からはスカイツリーも目の前に見えます。併設された日本茶カフェでは、日本でも有数の高級茶葉の産地、京都府宇治和束町のお茶を楽しむことが出来ます。店内はキャンプ用品の展示が半分で、カフェスペースが半分。カフェスペースには白石が敷き詰めてあり、畳地の椅子と相まって和風のテイストを醸し出します。和束茶のメニューは玉露、かぶせ茶、煎茶、ほうじ茶などホットでもコールドでも注文可能。また抹茶オレ、抹茶ショコラ、ほうじ茶ラテなどのコールドドリンクも充実しています。ホットは和の伝統を味わえる工芸品の茶器で提供、コールドも氷が溶けても薄まらないよう工夫されています。クリーム大福や抹茶クレープ、夏にはかき氷と、季節に合わせて取り揃えられた甘味も日本茶にぴったり。浅草や墨田公園の散策に合間に、気軽に立ち寄れる本格的な日本茶カフェですね。

ふなわかふぇ:本格甘味が食べられる舟和プロデュースのカフェ

  • カフェ、甘味、和菓子
  • 住所:東京都台東区雷門2-19-10

雷門のはす向かいにある浅草の町並みにちょっと不似合いなほどメルヘンチックな建物は、羊羹やあんみつで有名は舟和が営むふなわかふぇ。セルフサービスでカフェや甘味を注文しテーブルへ運びます。天気の良い日はテラス席も気持ち良いですよ。広い店内はいつも観光客や甘味ファンでいっぱいです。抹茶ラテは抹茶の苦味をミルクでマイルドに、お芋ラテはサツマイモの甘みとミルクの味が優しく、どちらもお店のお薦めだけあって美味しいです。甘味と一緒に頂くドリンクはコーヒー、カフェラテ、抹茶の他、紅茶はダージリンやアールグレイなど数種類から選べる充実ぶり。あんみつや抹茶パフェで甘くなった口を潤します。もちろん名物の芋羊羹やあんこ玉も店内で頂けます。食後のデザートに、散策の休憩に、甘味が食べたくなったら真っ先に頭に浮かぶお店です。

茶寮一松(ちゃりょういちまつ):趣きある日本家屋で過ごすくつろぎの時間

@10masuがシェアした投稿

  • 懐石、割烹、カフェ、甘味
  • 住所:東京都台東区雷門1-15-1

大小宴会から会席、芸者遊びまで出来る本格懐石料亭ですが、その本格日本家屋の趣きある部屋を、火曜日~金曜日の12時~17時まで、喫茶スペースとして利用することが出来ます。高級旅館のような佇まいの門を入り庭を通ると、まるで別世界に迷い込んだようで、ちょっと緊張さえしてしまいます。しかし部屋に通されると、そこは日本家屋ならではの落ち着きのある空間。こんな部屋で日本茶をすすると、日本人に生まれて良かったと思います。ドリンクはコーヒー、ハーブティ、緑茶、そば茶など。お抹茶には甘味が付きます。また女将さんお薦めのゆずソーダフロートは、ゆずの香りと濃厚なアイスクリームのテイストをソーダですっきりと味わえます。甘味はみつまめやカステラなどが日替わりで数種類が用意されます。平日の午後限定ですが、のんびりと贅沢な時間を過ごすのには最適な和カフェです。

茶寮つぼ市製茶本舗:プロが淹れる本格日本茶と手作り絶品スイーツ

  • 日本茶、カフェ、甘味
  • 住所:東京都台東区浅草2-6-7 まるごとにっぽん 2F

日本全国のアンテナショップが集まった商業施設まるごとにっぽんの2階にある日本茶の専門店。カフェでは抹茶、煎茶、玉露、ほうじ茶など、老舗が選び抜いた茶葉をプロがこだわりの手法で淹れており、味も香りも一級品ばかり。また抹茶アイス、抹茶パフェ、抹茶クッキーなどはしっかりと抹茶の味と香りがする、お茶屋さんならではの味ですね。抹茶かき氷ははびっくりするほど量がたっぷりですが、それでいて甘すぎず最後まですっきりと食べられます。メディアにも取り上げられ評判の利休抹茶あいすくりーむはクリーミーで抹茶の苦味と甘さのバランスが絶妙。お茶と甘味のセットメニューも充実しており、色々な味を楽しむことも出来ます。物販コーナーでは厳選された茶葉やスイーツを購入することも出来ますので、テイクアウトして自宅で、またおみやげにも最適ですね。

茶やあさくさ文七(ぶんしち):和洋のメニューが豊富な落語カフェ

本日の甘いもの。 お出かけの〆は コレ! 田舎汁粉とお煎茶 #ほんじつのあまいもの #文七 #浅草

もりりんさん(@morimori2corgi)がシェアした投稿 –

  • カフェ、日本茶、紅茶、お酒、洋食
  • 住所:東京都台東区浅草1-21-5 エリカビル2F

階段を2階に上がり店内に入ると、お洒落な和テイストの椅子やテーブル、そして落語の高座。高座の上には座布団が一枚、そして落語会のチラシが置いてあります。定期的に落語会を開催しており、また落語付きの貸切パーティも受け付けているそうです。コーヒーはコクのある浅草ブレンドとマイルドな文七ブレンド。紅茶はダージリン、アッサム、アールグレイと取り揃えています。日本茶は抹茶と煎茶が和菓子付きで味わえます。お酒やおフードメニューも充実しており、ハンバーグサンドやカレーライスなどの洋食メニューでしっかり食事もすることが出来ます。お得なアイスクリームや白玉ぜんざいとドリンクのセットメニューも嬉しいですね。コーヒー、紅茶、日本茶にお酒やお食事と、色々な味が楽しめると共に、落語を身近に感じることが出来る浅草らしいスポットです。

増田園総本店:老舗のお茶屋さんの店頭で頂く浅草の日常の味

  • 日本茶、ソフトクリーム
  • 住所:東京都台東区浅草1-1-17

明治元年に創業して以来浅草の人の往来を見続けてきた老舗のお茶屋さん。東武浅草駅から神谷バーの方に信号を渡ったところにあり、つい漂うお茶の香りに惹かれてしまいます。店頭にはグリーンティー、冷抹茶、冷煎茶のサーバーが並んでいてます。カップで提供される冷茶は散策の合間にちょっと一息入れるのにぴったり。渇いたのどを潤してくれます。ソフトクリームはバニラ、抹茶、ミックスの3種類。春にはほんのりピンク色の桜味もあって桜の季節を感じさせてくれます。お薦めはやはり抹茶とバニラのミックス。ほんのり漂う抹茶の苦味とバニラの風味がバランス良く、甘すぎなくて最後まで飽きずに味わえます。老舗のお茶屋さんの店頭で気取ることなく頂く日本茶とソフトクリームは、浅草の日常の味と言って良いでしょう。

雷一茶:ワンランク上の味が楽しめる究極の抹茶スイーツ店

macha
macha2

  • 抹茶、甘味、アイスクリーム
  • 住所:東京都台東区花川戸1-15-9

二天門からすぐ、産業貿易会館の目の前に位置する雷一茶は良質な抹茶にこだわったお濃茶スイーツ専門店。農林水産省を受賞している茶農家さんが丹精こめて育てた一番茶のみを石臼挽きして使用しています。最高級宇治茶を使い丁寧に淹れられたお薄茶は抹茶の風味と味わいがしっかり感じられる逸品。お濃茶ラテや抹茶ビールも抹茶の香りとコクが味わえる絶品です。一番人気の抹茶アイスクリームは、宇治産の石臼挽き一番茶を3.5%使用したアイスに常盤堂のおこしが添えられています。濃厚で嫌な苦味が無く、抹茶本来の味が感じられるアイスとサクサクのおこしの食感は、やみつきになるテイストです。そのお濃茶アイスに抹茶わらびもち、抹茶フィナンシェ、北海道産あずきなどが入った「究極のお濃茶パフェ」は文字通り究極の抹茶パフェですね。浅草でもワンランク上の抹茶スイーツが味わえる、抹茶好きなら必ず訪れたいお店です。雷一茶の様子はこちらもご覧くださいね!

かぐらちゃかプチ浅草店:組み合わせは自由!選べるトッピングの抹茶パフェが大人気

  • 抹茶、甘味、アイスクリーム
  • 住所:東京都台東区西浅草2-27-11

選べるトッピングのオリジナル和風パフェで大人気だった神楽坂の「かぐらちゃか」が浅草に移転して「かぐらちゃかプチ」として国際通りにオープン。テイクアウトが基本ですが、店内には5席ほどのイートインコーナーもあります。一番人気は20種類以上のトッピングから選んで作るかぐらちゃかパフェ。オーダーシートで好きなトッピングを選び注文します。抹茶プリン、カステラ、白玉、わらびもち、ジェラートなどその組み合わせは無限といっても良いほどで、ご自分だけのオリジナルパフェを味わうことが出来ます。使用する茶葉は毎朝その日に使う分だけを石臼で轢くそうです。そんな新鮮な抹茶をパフェ、ドリンク、ジェラートなどにかけて頂く事もできます。お店は18時からはバータイム。抹茶ビール、抹茶ハイ、抹茶モヒートなどオリジナルの抹茶のお酒が味わえます。ここに来ればパフェにお酒にと、抹茶の新しい味わい方を発見できる事でしょう。

浅草浪花家:麻布十番の元祖たい焼き店が浅草に暖簾分け

  • たい焼き、甘味、コーヒー、日本茶
  • 住所:東京都台東区浅草2-12-4

麻布十番で人気の行列店、たい焼きの浪花家が浅草に暖簾分け。国際通りのビューホテルのはす向かいに店を構えます。店内のイートインコーナーは14席ほど。休日はいつも大行列です。名物はたい焼きですが、かき氷も大人気。ふわふわに削られた氷は食感抜群で、定番の宇治金時が評判です。また「みるくといろんなものが入ったあんこ」はくるみやアーモンドなどのナッツ類の食感が氷とベストマッチ。あんこの甘さとカリカリとした食感が癖になります。あんみつ、ぜんざい等どの甘味もレベルが高く、おかわりが欲しくなってしまいます。そんな甘味に合わせるお茶は、煎茶は長崎産、抹茶は京都産とこだわって厳選。食感の良いたい焼きの甘さと日本茶の渋みが合わさり、セットで食べればこれぞ元祖たい焼きの魅力が味わえます。並んでイートインも良し、手軽にテイクアウトも良しの、たい焼き好き、日本茶好きには堪らないお店です。

茜茶寮:オーガニック豆使用のコーヒーとボリューム満点の甘味

あかね
  • カフェ、甘味
  • 住所:東京都台東区浅草1-26 ROX・3G 1F

ROX・3Gの1階にある和風テイストの甘味カフェ。広い店内は和風の装飾や調度品で統一され、誰もが落ち着ける雰囲気を醸し出しています。フェアトレードとオーガニックにこだわったオリジナルブレンドのコーヒーは風味良く、甘味と一緒に味わうのに最適。ドリンクには一口サイズのパウンドケーキが添えられています。甘味は和三盆糖蜜をかけて味わうあんみつやぜんざい、抹茶パフェなど嬉しいラインナップ。くるみ入り抹茶白玉は抹茶の風味と刻んだくるみの食感が癖になりそう。どれもボリュームがあって大満足です。パウンドケーキは抹茶と黒豆の茜浪漫、栗と安納芋の茜満作の2種類。どちらもしっとりとした歯ざわりで、具材もたっぷり食べ応えがあります。こちらはテイクアウトも出来ますので贈答にぴったりですね。また十五穀米を使ったお重と季節の惣菜のお膳もありますので、お食事でも利用することが出来ますよ。

ルーラ コンデラ:築50年の建物をリノベーションした紅茶とハーブティの専門店

  • 紅茶、ハーブティ、洋菓子
  • 住所:東京都台東区西浅草2-25-9

合羽橋本通りにあるウッディな外観のお店は紅茶とハーブティの専門店、ルーラ コンデラ。店内も明るく木の温もりが感じられる内装で、落ち着いた時間をすごすことが出来ます。専門店だけあって紅茶は馴染みの薄い銘柄も多いですが、店員さんが丁寧に説明してくれますので好みの紅茶に必ずや巡り合える事でしょう。その時期に最高な状態の茶葉を入荷するそうで、紅茶そのものの味をしっかりと味うことができます。紅茶やオリジナルブレンドのハーブティは注文を受けてからお湯を沸かすこだわりよう。手間をしっかりかけて本来の味や香りを引き出してくれます。また、ワッフルやスコーンなどの焼き菓子は全て手作りで、フルーツやアイスクリーム、ホイップクリームなどを乗せたメニューも大人気。落ち着いた空間で頂く薫り高い紅茶や焼き菓子は、喧騒を忘れてリラックスしたい午後のひと時に最適ですね。

▲ このページのトップに戻る

by

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

メッセージ

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択