更新日:2017/10/26

浅草での楽しみの1つといえば、やはり食べ歩き。中でも、出来立てが食べられるというのは、何よりも嬉しいことですよね。そんな“出来立て”名物が食べられるのが、入山煎餅です。

出来立ての煎餅を食べ歩こう!入山煎餅。

入山煎餅

浅草の国際通りに平行して1本手前にあるすし屋通り。このすし屋通りを歩いていると、何やら昔ながらの作業場のようなお店が。ここが手焼き煎餅の食べられる、入山煎餅です。お店の左側はお煎餅を販売しているコーナーですが、その後ろでは、白い服に身を包んだ職人さんが、1枚1枚煎餅を炭火で焼いています。

いかにも年数が経っていそうな木がベースとなったお店は、思わずカメラを向けてしまうような素敵な空間です。なんと創業は大正3年!古いお店が多い浅草の中でも、老舗中の老舗です。

まずは焼きたてお煎餅を食べ歩き!

浅草のせんべい

ここで食べれるのは、本当にシンプルな醤油と甘みのある固焼きのお煎餅。1枚120円で、紙で簡単に挟んだ、お煎餅が食べられます。焼きたては、香ばしく、お醤油の良い香りがして本当に美味しいです。特に寒い日なんかに、あったかいペットボトルのお茶を片手にお煎餅を食べ歩き浅草をお散歩するのは、本当に至福。(食べ歩きが気になる方はこっちもどうぞ!→浅草食べ歩きおすすめ一覧!)

なかなか噛み応えがありますので、歯が弱いかたは気をつけて食べるようにしましょう!

お土産なら“おこげ”もおすすめ!

美味しいお煎餅はその場だけでなくお土産ようでも購入できます。ビニール袋に入ったもの、人にあげやすい缶に入ったもの、それ以外にも、家に買って行くのであれば、少しこげたり、こわれたり、染みたりしているいわゆるB級品が入った“おこげ”もおすすめです。通常は10枚で1200円ですが、こちらは14枚分入っているのでお得!しかも香ばしいおこげが好きな方にはたまりません。ただし、湿気やすいとのことですので、人にあげるお土産には不向きです。自分で楽しむように買いましょう。
浅草でおすすめのお土産一覧はこちらの記事からどうぞ。

お煎餅1枚が120円というのは高いだの言われたりもしますが、これだけ職人さんがいて、1枚数十円では利益も出ませんので、私的には妥当かと。何を言われようが長く頑張って欲しいと思ってます。浅草に立ち寄った際は、是非できたての美味しいお煎餅を食べていってくださいね。

スポンサーリンク

店名 入山煎餅
住所 東京都台東区浅草1-13-4

スポンサーリンク

by
カテゴリ:お菓子, テイクアウト・食べ歩き タグ:
応援コメントをどうぞ!
  1. icon

    トレノ より:

    男性 (40代)

    2017/10/26 17:33

    東京に旅行した時に、一度は行ってみたかった浅草の雷門はとてもよかった。テレビや漫画で見ていたそのまんまでした。でも、本当に良かったのは、この後お土産を見て歩いていた時の事でした。店の中でせんべいを焼いている様子を見て、とても食べたくなり一枚買って食べたらものすごく美味しい醤油味のせんべいでした。なので、お土産はせんべいにする事にすぐに決まりました。浅草で食べたのは、まだ温かい焼きたてのせんべいで、私は焼きたてのせんべいを食べたのは初めてで、すごく香ばしく何枚でも食べれそうでした。自分様に、家にも買って帰りましたが、またちがう感じで美味しかったです。お店の名前は入山煎餅だったと思います。とてもいいですよ。

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択

メッセージ