皆さん、「カチクラ」という場所をご存知でしょうか?最近、メディアで取り上げられることも多く話題となっている、職人・工場・問屋・クリエイターたちの工房などが集まる街。ワークショップや実際に体験して自分だけのオンリーワングッズを作れちゃう、といった参加型のイベントを用意しているお店も多く、こだわりモノ好きなら1日中楽しめちゃうこと間違いなし!

カチクラエリアでお買い物♪小物や雑貨、手作りグッズが揃うおしゃれスポット

さて、このカチクラエリアですが、どの辺りにあるのかというと、台東区の御徒町から蔵前にかけての地域。「徒」と「蔵」で「カチクラエリア」と呼ばれ、親しまれています。

okazu3

元々このエリアはモノ作りの街としてその歴史を歩んできましたが、最近ではお洒落なカフェや雑貨屋さん、レストランなども軒を連ね、新しいカチクラエリアが形作られようとしています。そんな進化し始めたカチクラエリアに出店を希望するクリエイターも数多くいるのだとか。

ニューヨークやロンドンでは下町に工房やスタジオを持つ文化があるようですが、東京にもその傾向が波及してきたということなのでしょうか。

4年前の東京スカイツリーの開業をきっかけに注目を浴びるようになったEast東京。中でも最近話題なのが、このカチクラエリアと言えるでしょう。台東区では区をあげて「モノ作りの街」をアピールしていて「モノマチ」というモノ作りイベントも、このカチクラエリアで開催されます。今年は5月27日から3日間の予定で開催されます。

カチクラエリアで雑貨屋、カフェ巡りならこのお店!

そんな注目を集めるEast東京のカチクラエリア。ここで是非チェックしておきたいお店を、6つご紹介したいと思います。

カキモリ(文具店)


蔵前駅から歩いて3分程に位置する昭和36年創業の文具屋さん。万年筆やボールペンなどの筆記用具の他、便箋や封筒、ノートやカレンダーなど、作り手の温もりが伝わってくる文具がディスプレイされています。好みのサイズ・表紙・中紙、リングの色や留め具まで自分の好きなものをチョイス、自分だけのオリジナルノート作りも人気。思わず長居してしまいます。

「モノマチ」開催期間中の、「カキモリ」でノートを作った後、「大栄活字社」で活字を買い、最後に「田中箔押所」で名入れをしてもらうという3社がコラボしたワークショップが大盛況。

MAITO(草木染)

天然素材・日本製にこだわって作られた「MAITO」の製品は、鮮やかな色合いが印象的。「レトロな印象のある草木染が逆に新鮮に感じる!」というお客さんも多く、「草木染と天然素材とメイド・イン・ジャパン」を提供します。これまでに日本の伝統工芸に触れる機会が少なかった若者や外国人にも人気のお店となっています。奥には工房スペースがあり、月に1度、職人さんによる草木染め体験のワークショップが開催されています。

CAMERA(カフェ)

camera3
夫婦のやりたいことを掛け算した結果誕生したという「CAMERA」は、革製品の「numeri」と焼き菓子ブランド「MIWAKO BAKE」が作るカフェ。コンセプトでもあるゆっくりとくつろげる「部屋」のような雰囲気が人気のお店。毎朝お店で焼いているお花のクッキーは肉厚なので1枚で朝食代わりに。おみやげにも人気。おいしいと評判の水・金・土曜日限定のサンドイッチも是非お試しください!

馬喰町ART+EAT(カフェ)

小川美穂さん(@mihongtang)が投稿した写真


かつて繊維問屋街として栄えた町の古いビルの一室にある美しいギャラリーカフェ。「Arts&Crafts&Foods」をテーマに運営しているギャラリー+ダイナー。食研究工房主宰・林のり子さんと、料理研究家・小川美穂さんの監修によるレバノン料理を提供するカフェ。
併設されたギャラリーには、芸術的な家具や絵画、雑貨などが展示されています。1人で立ち寄っても、アートな空間で気軽にレバノン料理が堪能できてしまうのも嬉しいですね。

RENEA(レストラン)

パレットビルの顔としてオープンしたレストランで、山形の食材を使った定食で人気の「フクモリ」の姉妹店。木の温もり溢れる店内に、洗練され落ち着いた雰囲気を持つリストランテ「RENEA」。日本イタリア料理協会の元会長がメインシェフを務めています。「RENEA」のコースは1種類のみで、「注文のいらない料理店」ということになります。旬の素材を用いた料理はどれも絶品です。1階がカフェとデリカテッセン、リストランテは地階にあります。

ダンデライオンチョコレート(スイーツ)

サンフランシスコ発祥のクラフトチョコレートチョコレート店「ダンデライオンチョコレート」の海外1号店、「DANDELION CHOCOLATE ファクトリー&ストア蔵前」。先月2月11日にオープンしたばかりのカチクラのニュースポットでは、本格的なBean to Barチョコレートを味わうことができるとあって、大きな話題を呼んでいます。体験型ファクトリーツアーの開催も予定されていて、チョコレート好きのみならず誰もが楽しめる体験型のワークショップやイベントが魅力。

インテリアや伝統工芸、様々なショップやカフェが約30店舗集まる「2k540 AKI-OKA ARTISAN」といった大型の施設は、クリエイターの街カチクラの雰囲気を味わいたいけど時間がない…なんて人にはオススメです。

「モノマチ」以外にも、カチクラエリアでは毎月第1土曜日に「月イチ蔵前」というイベントを開催していて、いまではEast東京の恒例プログラムになっているようです。イベントの内容は毎月違うということで、毎月訪れても飽きることがありません。「月イチ蔵前」も雑誌やテレビで紹介されることも多く、その反響から手作り体験やワークショップは早い段階から予約でいっぱいになってしまうことも。年に1度の「モノマチ」へ行くチャンスを逃してしまったアナタ、月に1度の「月イチ蔵前」があるのでご安心を。

このように、街ぐるみで地域を盛り上げている、見どころと魅力満載のEast東京。興味のある方は是非足を運んでみて下さいね。

▲ このページのトップに戻る

by
カテゴリ:お買い物(お菓子・食品・小物), 見る・遊ぶ・イベント タグ:

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

メッセージ

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択