北海道や九州、関西に比べると、なんでもあるけど名物が無いと言われがちな東京。たしかに、あまり他県で食べられていない、類似品が無いものがもんじゃ焼きくらいです。それでも、実は東京下町に来ると、食べられる名物というのがあるのです。

東京下町名物どじょう鍋が食べられる「駒形どぜう」

駒形どぜう
それがこのどじょう鍋。見ての通り、どじょうを使った鍋です。もともと江戸の庶民に食べられてきたどじょう鍋。

そしてこのどじょう鍋と言えば、有名なのが浅草と蔵前の中間に位置する「駒形どぜう」。どぜうと書いてどじょうと読みます。その歴史は古くなんと1801年の創業!200年以上も庶民に愛され続けてきた歴史深い店です。

このあたりに住んでいても、逆に行かない場所になってしまっていた「駒形どぜう」。今回偶然縁あってお邪魔させていただくことになりましたが、この機会がなければずっと足を運ばなかった可能性も…やはり下町に住んでいても今のどじょうは普段の味ではなく「特別」なものです。

行く前は臭みがあるんじゃないか、言うほどおいしくないんじゃないか、と訝っていたのですが、そんな心配は吹き飛ぶ美味しさでした。

どじょう、くじら、鯉と日本の歴史を感じる料理

ざっと食べたものを紹介します。

まずはお通し…だったと思います。暑い夏にぴったりの冷たい出汁の利いたお通しでした。(行ったのが少し前でうろ覚えです)

お通し

小鉢料理も風味が柔らかく美味しい。

さきなべ

こちらは「どぜう入り卵焼き」。うなぎだったら「う巻き」という感じですね。もちろん美味しくないわけがありません。

どじょうの卵焼き

このほかにも、「さらしくじら」というきれいな真っ白いくじらも頂きました。赤くない!と思ったら、鯨の皮などを薄く切ったものを熱いお湯をかけて、その後冷やしたものだそう。美味しい酢味噌で頂きます。

古き良き日本と言いますか、日本の昔から食べられていたものが試せるのは嬉しい限りですね。しかも、どれも臭みなどが無く美味しいものです。

臭みの無い美味しいどじょう鍋

肝心の鍋です。丸い鉄鍋にぎっしりとつまったどじょうが運ばれてきます。もう煮えているので、あとはこれにネギをたっぷりかけてネギに火が通ったら完成です。

どじょう鍋

食べてみての感想は、まったく臭みが無い!しかも濃そうに見えたのに、柔らかい味わいでちょうど良く、本当に美味しい!!さらに山椒をかけると風味が加わりさらに旨い。箸が止まりません。鍋がなくなると、お次をお持ちしますか?と言って鍋を運んできてくれます。4人でなかなかの量を食べたのではないでしょうか。

小鉢料理

ちなみにこちらは「どぜうさきなべ」というものだそう。頭や尻尾が苦手!という人におすすめな、身だけのお鍋です。もちろんこちらも美味しいですよ。

予約をするなら4人以上で

食事の最後は卵でとじても良いのですが、今回は「うなぎ茶漬け」をオーダーしました。
お茶漬け

黒っぽい色なので見るからにしょっぱそう…と思うのですがまったくそんなことはありません。出汁感のある美味しいお茶漬けです。これにも山椒が合いますよ!

席は1階は、まさに歴史ドラマに出てくるような作り。広間食事を載せる台、座布団がずらりと並んでいます。

dozeu

この座るところと、食事の位置が全て同じ高さにあるので、まさに時代劇のようなのです。こちらの席は予約が出来ないため、並ぶことになります。特に土日は込み合いますので、数十分待つことも。

二階席

もし予約をしたい場合は、4名以上ですと可能なよう。園場合は2階のテーブル席が用意されます。こちらも非常に雰囲気が良いですよ。

お昼から夜までずっと営業されていますので、お昼の飲みにも最適ですね!(→他にもあるよ!浅草昼飲みおすすめ飲食店)

どぜう鍋は1,750円。他のメニューもたとえば江戸風卵焼き650円とか、鯨ベーコン980円とか、わりと良心的なお値段。店構えの重厚さに慄いてしまいそうですが、もともと庶民の食べ物なわけですから、やはり良心的なわけです。客単価も3,000~4,000だそうなので、お安いですね!

建物自体も非常に風情があるので、たぶん雰囲気を見るだけでも満足度が高いこちらのお店。たぶん東京住まいでも食べたことが無い人も多いと思いますので、是非一度食べてみてくださいね。
他にもお店をチェックしましょう!→浅草でおすすめの居酒屋はここだ!

▲ このページのトップに戻る

by 浅草観光のオトモ
カテゴリ:食事, 飲み屋・バー・お酒 タグ:
応援コメントをどうぞ!※現在投稿はできますが、反映はされません。

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メッセージ

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択