浅草には、和菓子や洋菓子など、美味しいスイーツのお店が多くあります。

特に和のスイーツに注目が集まることが多いですが、実は洋菓子のお店も実力のある素敵なお店が多いです。今回はそんな浅草で10年続く洋菓子のお店、みるくの樹を紹介したいと思います。

浅草の美味しい洋菓子、みるくの樹

浅草の飲み屋街であるホッピー通りや、人気の洋食店ヨシカミの近くにある細い道。

みるくの樹

その道に小さなお店を構えているのが、洋菓子の専門店「みるくの樹」です。黄色いファサードが目印の可愛らしいお店ですね。

“香料不使用”こだわりの洋菓子

このみるくの樹のこだわりはなんといっても、「香料」を使わず、小麦やバター、果物などの自然な香りを存分に活かした洋菓子であること。

科学香料を使わないことはもちろんのこと、バニラビーンズのような「香り付け」も行なっていないといいます。自然な香りだけを使うからこその、飽きの来ない味わいが人気です。

ミルクの樹

こだわり抜かれたスイーツは、人気のはちみつりんごパイ、シナモンシュークリーム、ショートケーキ、フランボワーズのケーキであるフランボ、焼き菓子のクッキーやダックワーズ、ベイクドチーズなど種類も豊富。

milknoki2

「さらっと口で溶ける生地」に仕上げられたショートケーキや、「自然素材のミルクの味がドーッとやってくる」という「みるくの樹」、なんとアミノコラーゲン入りというコラーゲンチーズなど、気になるメニューもたくさん。

人気の蜂蜜りんごパイをお土産に

店内に入ると、焼き菓子の本当にいい香りが充満しています。もう香りだけでお腹いっぱいになってしまいそうなくらいです。そしてショーケースには先ほどのケーキや焼き菓子たちが並びます。

みるくの樹

そんな中、やはり抑えておきたいのが1番人気だという「蜂蜜リンゴパイ」

ミルクの樹

PON!に紹介されたというシナモンシューも気になりましたが、やはり1番人気は抑えておかなければなりません。

もちろんこの蜂蜜りんごパイも、香料や保存料が不使用。

紹介の説明を見ると、「576層折り込んだ皮」…とさりげなくすごいことが書かれています。

常温で持ち帰れるので、お土産にもおすすめです。冷蔵庫に保存すれば6日間はOKというのも嬉しいですね。

はちみつりんごパイの美味しい食べ方

ということで、はちみつりんごパイ買ってみました。

購入したものはこういった紙袋に入れてくれますので、手土産などで持っていくにもちょうど良いですね。

りんごパイ milknoki6

1つ1つ個包装になっていますので、手渡しもしやすいですよね。

りんごぱい りんごぱい

保存や、こだわりなども記載されています。

milknoki9 milknoki11 milknoki10

実際食べてみると、余計なものを使っていない感じのある本当に自然の甘さが本当に美味しいです。バターの風味やりんごの甘さなど、素の美味しさを楽しめます。

milknoki13 milknoki12

もし自分で食べるのであれば、できれば当日に食べてしまいましょう!その後は冷蔵庫で保存になりますので、生地がどうしても固くなってしまいます。

一度冷蔵したものは、そのままでも十分美味しいですが、トースターなどで少し温めると、より美味しく食べれました。
浅草の手土産、お土産に最適な「みるくの樹のはちみつりんごパイ」。 浅草に来たら一度立ち寄ってみてくださいね。浅草のおすすめスイーツも一覧でチェックしましょう!

▲ このページのトップに戻る

by
カテゴリ:お買い物(お菓子・食品・小物) タグ:

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

メッセージ

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択