浅草といえば、昼の町。

雷門前から仲見世通り、そして浅草寺内まで、休日の昼ともなれば人であふれかえります。食べ歩きもままならない人の数ですが、その活気を感じるのもまた浅草の醍醐味。


夜は美しい観光名所に変貌する浅草寺

しかし!実は浅草の魅力は昼間だけでなないのです。私が好きなのは夜の浅草。夜になると絶景の撮影スポットになりますので、是非訪れてみてください。

浅草という町は、夜になると、とたんに人が少なくなります。昼間は観光客が、そして夜は飲み屋街として賑わうのですが、9時も過ぎてしまえば店も閉まり、人は少なく、町はわりと静か。

とりわけ浅草寺には、昼間には見れない顔が現れます。それが、ライトアップです。

1603年に江戸幕府が始まってからの400周年を迎えた2003年、周囲の住民からの声でスタートすることになったのがこのライトアップ。

実はこの照明、ヨーロッパや日本と世界中で活躍する照明デザイナーの石井幹子さんが手がけたもの。

彼女の作品は、今あるものの陰影を活かす繊細な美しさと、見るものを圧巻させる大胆さが同居する素敵な作品ばかり。

ちなみにこちらが石井幹子さんの手がけた湯村温泉の照明。静かで素敵です。

湯村

東京タワーや、レインボーブリッジなど、日本の有名どころの照明を手がけています。そんな彼女の作品となった浅草寺を見ることができるのです。

雷門のライトアップ

口で語るよりも写真で見ていきましょう。

まずは雷門のライトアップです。

ライトアップ前の雷門はこちら。見慣れた雷門ですね。人が凄いです。

雷門

そしてライトアップ後がこちら。

雷門

美しいですね。浅草寺の「朱色」を美しく見せることがこのライトアップの1つのテーマだったようで、非常にきれいに色が出ています。

仲見世通りのライトアップ

雷門から浅草寺を結ぶのが参道、仲見世通りです。おみやげ物や、食べ物屋が立ち並び、1番活気があるところですよね。

揚げまんじゅうなんかを食べながら境内に向かう人。日本人からアジア系の旅行客、欧米人と人種も様々です。

仲見世通り

そして夜になるとこうなります。

夜の仲見世通り 仲見世

人がいない!(当たり前)

まっすぐに続く仲見世通りの両サイドの照明がついており、なんとも幻想的です。昼間には細部までじっくり見れるほど立ち止まれませんが、夜なら心置きなく観察できます。

浅草寺内のライトアップ

浅草寺内のライトアップも圧巻です。

普段の様子はこちら。手前で煙を悪いところにかけ、そしてお参りをして帰っていく、昔から変わらないいつもの浅草寺の顔です。

浅草寺

そしてライトアップ後の様子はこちら。

浅草寺ライトアップ 五重塔 浅草寺

本堂も五重塔も、すべて輪郭がくっきりと浮かびあがり、なんとも幻想的な雰囲気。

すべてが絵になるので、どこもかしこもシャッターポイントです。

ライトアップの時間は日が沈んでから夜の11時まで。お近くのスカイツリーも12時までのライトアップなので、夜の撮影をその時間に楽しんでみましょう。

【1分で見る】夜の浅草仲見世通り→浅草寺→浅草神社

雷門から浅草寺までの夜の様子を動画撮影しておきました。
参考までにご覧ください。

昼間と違って人がまったくいないので撮影には最高ですよ。

浅草の撮影スポットをもっと見たい方は、こちらの記事もどうぞ。
浅草の撮影スポット一覧

浅草寺については下記にまとまっていますので、チェックしてみてくださいね。

店名 夜の雷門/仲見世通り/浅草寺
住所 東京都台東区浅草2−3−1

▲ このページのトップに戻る

by 浅草観光のオトモ
カテゴリ:お寺・神社 タグ:
応援コメントをどうぞ!※現在投稿はできますが、反映はされません。

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

メッセージ

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択