突然ですが、商店街って好きですか?お肉屋さんの揚げ物の良い香り、数は少なったものの小学生のたまり場となる駄菓子屋さん、少しくたびれたシャッターや、地元のおっちゃんで賑わう喫茶店(そして少しゆるいスパゲッティや酸味の強いコーヒー)、近くのスーパーに押されがちな魚屋に八百屋。

人がいる場所に商売が生まれ、やがて店が集まり“街”になった商店街。どんな商店街も、そこ特有の雰囲気があってとても好きです。

おかず横丁と佐竹商店街をお散歩しよう!

東京で1番長い商店街、戸越銀座商店街。日本で1番古い商店街と云われる、金沢の片町商店街。そして、もちろん台東区も素敵な商店街がたくさんあります。今回は、浅草からもほど近い佐竹商店街とおかず横丁を紹介したいと思います。

おかず横丁とは?

浅草のお隣、蔵前駅から徒歩10分程度。歴史ある鳥越神社からすぐの場所にあるのが、おかず横丁です。清洲橋通りまで、蔵前橋通りと平行に伸びる商店街です。

okazu2

『おかず横丁』は延長230メートル、そのほとんどが日用食料品を取り扱う最寄品店の連なりからなる商店街です。明治末期から大正年間にかけては転々と散在していた店舗が、震災後の市区改正を機に大きく発展してきました。そんな横丁は戦後まで東西に分かれ、名もそれぞれ「鳥盛会」「商正会」と言いましたが、経済が安定した昭和24年11月10日、東西を一本化して現在の商盛会となりました。商店数六十余軒あり、昼夜を問わず人を集め賑わう商店街の誕生です。
おかず横丁

入口には赤い“おかず横丁”の文字が。レトロな書体にも惹かれます。

okazu1

元々このエリアは、町工場が多かったエリア。朝から夜まで忙しく働き、お腹はぺこぺこ。そんな時に家にしろ飯だけあれば、美味しいご飯が食べられるという“おかず”を求めて人があつまりました。

そんなおかず横丁。今でもやはりご飯に合うものが人気です。

okazu3

並んでも食べたいふわっふわのカキ氷「港屋」さん

minatoya

近所の小学生と、遠方からも食べに来るグルメ客が一緒に列を成す異色のお店が、ここ港屋さんのカキ氷。ふわっふわの氷に、たっぷりのフルーツやシロップ。夏場の土日にもなれば、道路に人が溢れます。見た目も、値段も、昔ながらの街にあるカキ氷屋なのに、味わいはまるで高級店で700円とかするカキ氷のよう!元々和菓子屋さんなので、お手製のあずきが入ったカキ氷が人気です。夏場しか営業していませんのでその季節に楽しみましょう。

浅草や台東区のカキ氷おすすめ特集を見る!

本当に旨い味噌と漬物に出会える「郡司味噌漬物店」さん

昭和32年から続く老舗の味噌屋さんです。「他のことでぜいたくするのをやめて せめて毎日の味噌汁と漬物は本当に追い物が欲しい」…そう入口に飾られている言葉は、その言葉以上の深い意味があります。大正生まれの店主は、戦争の中寒いシベリアの地で、皆が思い出すのが「母の味噌汁」であった。無事に帰ってこれたら味噌屋になろうと、決意し、生まれの地鳥越に味噌やを開いたのだそう。スーパーで売られているような市販の味噌は、ほとんどが作る工程を簡略化したもの。そのなかで、全国から昔ながらの製法で作られた美味しい味噌を集め、オリジナルの味噌も作り、今でもその味を提供しています。美味しいご飯と漬物と味噌汁。それだけあれば、本当にご馳走だなと気がつくはずです。ここのお店では、お料理などに合わせて味噌選びを手伝ってくれますので、何を買ったらよいか…という方も、一度訪れてみては?

さんまの焼き魚をパクつきたい!魚屋の魚米

創業120年の昔からある鮮魚店で築地から仕入れているため鮮度は素晴らしいものです。どのお魚も美味しいですよ~!
切り身はスーパーで売っているものより大きいので魚を一切れ購入するともう満足できるようになっています。ステキ。焼き魚も販売していますが、ケースに無ければ注文することもできます。忙しい主婦の見方のお店ですね。おかず横丁の中ほど。都営大江戸線新卸徒町駅徒歩6分の場所にあります。

  • 定休日:日曜日
  • 営業時間:10:00~19:00
  • ※毎週水曜日は特売日で2~3割引きで商品を購入することができるそう!

鶏肉と鰻!?街のお肉屋さん鳥吉

夫婦で経営している鶏肉とうなぎを販売しているお店です。焼き鳥、フライドチキン、うなぎの蒲焼等どれもスーパーでは購入できないランクの高い物ばかりを販売しています。1度食べたらはまってしまいそう!
特に人気なのは地養鳥で、コクと甘みがかなり引き立っています。鶏肉には疲労回復効果やコラーゲンが入っているので美容にも良いですよ~。女性にもオススメです。

  • 定休日:日曜日・祝日
  • 営業時間:10:00~19:00

昭和10年から営業する煮物さんの入船屋

昭和10年から営業している昔からのお店でどこか懐かしい味がする煮物・煮しめ屋さんです。なんと使用しているのは砂糖と醤油だけ。防腐剤は一切入っていないから体にどれだけ良いか分かりません。健康志向で忙しい方にいかがでしょうか。店主は2代目ですが生粋の江戸っ子という感じで下町な雰囲気が漂います。看板も無くショーケースが並んでいるので通りすぎないように気をつけましょう。

  • 都営大江戸線新卸徒町駅A4出口徒歩5分
  • 定休日:日曜日
  • 営業時間:(夏)8:00~19:00・(冬)8:00~18:00

孤独のグルメで一躍有名になった居酒屋まめぞ

mamezo4

mamezo3

mamezo2

mamezo
テレビ番組「孤独のグルメ」で紹介されてから人気がさらに上がった居酒屋と和食屋さんです。
どの料理もかなり美味しく食べごたえもあり、価格もかなりリーズナブルです。
ただしお店が15席しか無いのでいきなり行っても入れない可能性が高いです。電話予約可能ですので、予約してから行くのをお勧めします。
店内には「孤独のグルメ」の台本や企画書があり、孤独のグルメファン必見のお店です。
中でも人気なのはかつサンド!外はサクサク、特製ソースが絶妙の一品です。
かつサンドは夜のみの販売で20食限定ですからお早めに。

  • 都営大江戸線つくばEX新卸徒町駅A3出口7分
  • 定休日:日曜日・祝日
  • 営業時間:18:00~22:00
  • ※ランチ45食限定11:30~(月~金)

自家菜園の野菜コース料理が人気!味農家(ミノヤ)


特徴:7品、10品、12品の3コースで全部のコースに使用される野菜は30品目以上。野菜料理のお店です。自家菜園の野菜も使用したかなりヘルシーで健康な料理です。店主が1人で切り盛りしているのですが、料理は一切手を抜かずに特に下ごしらえが素晴らしいと絶賛されています。9席しか無く、しかも連日予約でお客様が!ふらっと寄っても入れないので予約をしてから行くと良いでしょう。

  • 都営大江戸線新卸徒町駅A4出口徒歩8分
  • 定休日:日曜日
  • 営業時間:17:30~22:30(ラストオーダー21:00)

手作りの良い雑貨が揃う!つばめ工房


つばめ工房は夫婦で経営しているクラフトショップです。他の店とは違ってかなり珍しいチベットやネパールの素材、各地方の作家の手作り小物や食器等、全てオリジナル性の高い商品が並んでいます。
また、つばめ工房で作った織物等のオリジナル商品も販売しています。織物は糸から作っているそうですよ。ステキなこだわりですね。中でも人気なのはカシミアの手織りのショールです。16,000円からで世界に1つだけのオリジナルショールを身につけることができます。プレゼントにもぴったりですね。

  • 都営大江戸線新卸徒町駅徒歩8分
  • 定休日:木曜日
  • 営業時間:11:30~18:30

温もりのあるこだわり雑貨が揃う!SyuRo(シュロ)


古い家に囲まれている新しいシンプルな内装のお店にはいつも地元の方、近所の方で賑わっています。地域密着型の素敵なお店。
お店では肌に優しい無添加石鹸、防災シートを使用した防災バッグ、木製で暖かい作りの赤ちゃんのおもちゃ、職人の手作りの銅の缶等を販売しています。ディスプレイにもこだわったお店ですが店長さんともに暖かい雰囲気でいるだけで癒やされます。

  • 都営浅草線浅草橋駅徒歩8分。おかず横丁入り口すぐそば
  • 定休日:日曜日・祝日
  • 営業時間:12:00~19:00

土曜限定手作ります寿司が人気!居酒屋いちがいもん


特徴:いちがいもんはランチメニューが500円という激安のお店。ラーメンも500円。低価格でお腹がいっぱいになれる夢の様なお店です。
しかも味も美味しいというから驚きですね。中でも人気なのはます寿司です。
よくテレビや雑誌でも見る富山県の有名なます寿司がいちがいもんで食べれちゃうというわけです。しかも店主の手作り!ます寿司は土曜日限定で売り切れ次第終了ですからご注意を。

  • 新卸徒町駅徒歩10分。鳥越神社側から入り右側2ブロックの手前
  • 定休日:日曜日・祝日
  • 営業時間:平日ランチ11:30~夜18:00~24:00
  • ※土曜日ランチ11:00~夜18:00~24:00
  • ※ます寿司は売り切れ次第終了。

旨い日本酒 伊勢宇本店

nihonsyu
店主のこだわり地酒、焼酎、ワインに調味料まで販売しています。お酒好きの方にはたまらないお店です。またお酒のことがよく分からなくても店主の丁寧な説明を聞けるので安心して買い物できます。不定期に行われる店頭試飲会で試飲してから購入しても良し。味が分かるのは嬉しいですね~。

  • 新御徒町駅A4出口徒歩5分
  • 定休日:日曜日
  • 営業時間:9:00~19:00
  • ※土曜日のみ10:00~19:00

■おかず横丁

日本で2番目に古い佐竹商店街

続いて佐竹商店街。新御徒町の駅から、浅草橋方面へ伸びるアーケード商店街です。蔵前方面から来るなら、おかず横丁を抜けて右を見ると入口があります。

satake6

この商店街に来て歩いていると目に付くのが、“日本で2番目に古い商店街”の文字!

超ざっくり歴史を説明すると以下の通りです。

  • 1680年ごろ、佐竹右京太夫の江戸屋敷が神田から現在の地に移転してきた
  • 明治維新の後、屋敷は荒れ放題
  • 1884年ごろから民間に貸し出される
  • 民家や商店が増えていく
  • 1923年関東大震災の後に復興
  • 第2次世界大戦で半分が焼けるもサイド復興

歴史を詳しく知りたい方は、佐竹商店街のサイトをご覧ください。その量4,300文字!すごく長いです。商店街のサイトなのに、歴史的建造物くらい書ける歴史があるってすごいです。

最近では“ど根性ガエル”のドラマ撮影が行なわれていたり、その前も、デスノートや二十世紀少年など、かなり有名どころの撮影地として使われています。

佐竹商店街周辺のお店

佐竹商店街のお店を見てみましょう。フラッと歩くだけでも楽しいですよ^^

手作りプリンとキッシュが美味しい!BATON 新御徒町店

satake4

satake2

satake1
このあたりでお手土産を買おうと思ったら、必ずこちらに伺います。
イタリア料理出身のシェフが作るプリン専門店です。プリン専門店というだけで珍しいので行く価値ありです!プリンだけでなくエッグタルトや紅茶も販売しています。プリンは材料にもかなりこだわっていることから柔らかく、濃厚でぺろっと食べちゃえます。あまりに美味しく1つじゃ足りないと言う方がとても多いです。
中でもオススメなのは命プリン(356円)。生クリームの味とカラメルが相性抜群でかなり美味しいと大人気です。BATONは商品に手作業で和紙のラッピングを行っています。おしゃれなのでお土産にも良いですよ。

  • 都営地下鉄大江戸線新卸徒町駅徒歩4分。佐竹商店街南側端
  • 定休日:水曜日
  • 営業時間:11:00~19:00

素朴なお店と和菓子のゼイタク煎餅 佐竹分店

satake18
有名な人形焼発祥のお店「重盛永信堂」の暖簾分けのお店です。砂糖、小麦粉、卵だけを使用した素朴な味が現代まで愛されてきました。噛みごたえも抜群なので食べごたえがあって満足できます。中でもオススメなのは人形焼。顔が真顔なのが面白いと人気があるそうです。人形焼の種類は全部で6種類ですので他の顔はどんなものか見てみると面白いですよ。また昔からあるゼイタク煎餅(315円)も大人気ですよ。

  • 都営大江戸線新卸徒町駅徒歩3分
  • 定休日:水曜日
  • 営業時間:9:00~20:00

鶏肉のお弁当やお惣菜なら!村井

鶏肉専門のお弁当屋さんで焼き鳥と唐揚げのお惣菜も販売しています。肉は抗生物質を入れていないベジタリアンな鶏肉で体に良いですよ。お店のホームページ等が無いのに鶏肉がとても美味しいので近所の方や会社員等たくさんの方がお弁当を買いに来ます。中でもオススメなのはサービスそぼろ弁当(710円)。卵とそぼろは甘めで非常に美味しいです。また、唐揚げ弁当も大人気です。注文してから15分程度かかるので急ぎの方は時間を見ながら行きましょう。

  • 都営大江戸線新卸徒徒歩4分
  • 定休日:日曜日・祝日
  • 営業時間:11:00~13:00

北陸のお魚屋さんによる絶品魚料理、魚旬

uosyun
uosyun3

uosyun4

uosyun5

uosyun2
北陸のお魚を卸しているお魚やさんが経営している魚介・海鮮のお店です。全てのお魚が生きが良く新鮮で美味しいと多くのお客さんが訪れています。魚好きの方にはたまらないお店で、刺し身や寿司を堪能できますよ。
また、冬になると鍋もメニューに加わります!季節に合わせてのメニューは嬉しいですね。その日によってメニューが変わるので全てがオススメです。

  • 都営大江戸線新卸徒町駅A2出口すぐ徒歩3分
  • 定休日:月曜日
  • 営業時間:17:00~23:00
  • ※サービス料300円

創業100年!アイドル絶賛ジャムロールの中屋洋菓子

創業100年以上にもなるという老舗の洋菓子店で、添加物を一切使用せずに砂糖や水飴、卵等の自然な食品だけで作っています。カステラは味や食感が日がたつに連れて変わるのでお好みの食感を見つけてみてください。
中でもオススメなのはジャムロール(142円)。このジャムロールは嵐の相葉雅紀さんも絶賛した品だとか。食感も中のジャムもとてもよく合っていて多くの方が購入しに来るそうですよ。

  • 都営地下鉄大江戸線徒歩1分
  • 定休日:無休
  • 営業時間:火曜日~木曜日9:00~20:00・水曜日10:00~19:00

焙煎挽きたてコーヒーのベースキャンプ

satake9
コーヒー専門店で25種類の豆を販売しています。注文後、焙煎し販売してくれます。豆の良い香りが店内を漂っています。コーヒー豆の事がよく分からなくても大丈夫。マスターが好みの味を探してくれ、さらにどう淹れたら好みの味になるのかも教えてくれます。焙煎までは時間が15分程度かかるので急ぎの方は予約もできるので便利です。

  • 佐竹商店街入口すぐ(おかず横丁側)
  • 定休日:水曜日・第1,3火曜日
  • 営業時間:10:00~19:30

江戸風鈴篠原まるよし風鈴

satake16

satake15

satake17
日本ではなんと2件しか無いと言われる非常に珍しい江戸風鈴の専門のお店です。お店にある風鈴は全て手作りで音色も全て違います。絵もかわいい種類がたくさんあってどれを選ぶか迷っちゃいますよね。
手にとって鳴らしてみて気に入った風鈴を選んでください。さらに事前に予約をすれば1,200円でガラス吹きと風鈴への絵付けを体験できます。絵を描くコツを談笑をしながら楽しく教えてもらえるとのことでリピーターが多いですよ。

  • 新卸徒町駅A2出口すぐ
  • 定休日:月曜日
  • 営業時間:10:30~18:00・水曜日だけ11:00~16:00

食パンの一本堂 御徒町佐竹店

@kanamitanが投稿した写真


こちら珍しい食パン専門店です。食パンは全部で4種類で焼きたての食パンを販売してくれます。一斤の食パンを好みの大きさに切ってくれます。
パンの耳はサクサクで、中はふんわり。台東区で人気の食パン「パンのペリカン」よりも好き!なんて人もいるのだそう。中でもオススメなのは月曜日と木曜日限定の「たから」という名前の食パン。パンは甘くてもっちりしているそうです。

  • 定休日:日曜日
  • 営業時間:9:30~(売り切れ次第終了)

丈夫で歴史のある鞄屋、工房HOSONO

satake13

satake14
とても近代的な建物ですが、創業自体は大正元年。神田で創業し、古くから登山用のリュックや衣類、テント等を作り続けてきました。
職人1人1人が裁断、縫製を行い完成まで責任を持っているというお店でオリジナル性の高い商品が多く販売されています。工房HOSONOの鞄はデザインだけでなく丈夫なことも歴史が証明してくれています。例えば!1956年ネパール山マナスルに世界で初日本山岳隊が登頂成功しました。その際にも工房HOSONOのリュックとテントが使用されていたそうです。工房HOSONOのリュックは2万円前後しますが、登山好きにはかなり愛用されています。

  • 都営大江戸線新卸徒町駅徒歩2~3分。中屋洋菓子店斜め前
  • 定休日:水曜日
  • 営業時間:10:00~19:00

ノスタルジックな喫茶店、白根屋


テレビ番組「じゅん散歩」で激渋い甘み屋さんとして紹介されてから訪れる方が一気に増加したそうです。見た目も昭和チックでどこか懐かしい感じですよね。
メニューも全てがノスタルジックで居心地良く時間も忘れてしまいそうです。人気はカレーライスとラーメンです。見た目も懐かしい感じがしますよね。白根屋のメニューはかなり良心的な値段です!

  • 都営大江戸線新卸徒町駅徒歩3分
  • 定休日:水曜日
  • 営業時間:月曜日~土曜日・祝日11:50~18:50(ラストオーダー18:30)
  • 日曜日11:50~15:00

ずらりとお店がならび、平日も土日も営業しているお店が多いので、ふらりと歩くだけでも楽しいです。是非立ち寄ってみて下さいね。

【佐竹商店街のお店は追ってレポート致します!】

■佐竹商店街

スポンサーリンク

▲ このページのトップに戻る

by
カテゴリ:歴史, 食料品・食材 タグ:

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択

メッセージ