旬を味わう新鮮なお刺身、脂の乗った焼き魚、洋風で美味しいカルパッチョに、日本人の心にしみる海鮮鍋・・・魚料理というのは実に人の心を打ちます。

浅草で美味しいお魚料理を食べるならこのお店!と言うおすすめや、浅草で人気の海鮮料理のお店などを紹介したいと思います。

浅草で美味しい魚料理を!お刺身や焼き魚など美味しい魚が自慢のお店へ行こう。

浅草 魚料理 遠州屋:浅草で江戸前寿司を食べるなら田原駅すぐ「魚料理 遠州屋」

  • 日本料理店
  • 住所:東京都台東区寿2-2-7

浅草で魚料理といえばまずはここでしょう。田原駅からすぐ。浅草駅、蔵前駅から5分という立地にある「魚料理 遠州屋」。懐かしい雰囲気の店構えもたまりません。ランチタイムのメニューは名物のまぐろ丼が730円というリーズナブルな価格設定。甘めのタレが美味しいと人気の天丼もあります。このほかに日替わり定食や江戸前寿司などのメニューもあり、お昼の時間には本格的な日本料理が気軽に味わえます。またディナータイムには四季折々の海鮮を使ったコース料理をはじめ、すっぽん、うなぎ、江戸前にぎり寿司のコースも。店内は大人数での宴会にぴったりな広間や少人数で利用できる個室もあり、仲間とゆっくり食事が楽しめます。ドリンク類も全国の銘酒をこだわりのセレクト!中には古酒や泡盛もあります。ぜひお店自慢の海鮮料理と一緒に飲んでみてはいかがでしょうか。

海鮮もんじゃ えもん:浅草駅すぐ!築地から仕入れる新鮮魚介のもんじゃ焼きの有名店「海鮮もんじゃ えもん

  • もんじゃ焼き、お好み焼き
  • 住所:東京都台東区浅草1-17-10 孔雀堂ビル1F 2F

銀座線浅草駅3番出口からすぐの場所にある「海鮮もんじゃ えもん」は、月島の人気店「もへじ」の姉妹店です。魚介メニューのもんじゃ焼きに使われている魚介は、築地直送の新鮮な材料を使用。もんじゃ焼きのだしも焼きあご、かつお節、昆布、鶏ガラなどを合わせて作られています。また「もへじ」でも大人気の大きな明太子が生地にのった「明太もちチーズ」も食べられます。店内は100席を越える席数、そして11時から23時まで通し営業をしている観光客にはとても利便性のよいお店です。もんじゃ焼きの作り方が分からない場合には、お店のスタッフに焼いてもらえますので気軽に声をかけてくださいね。

磯一:伊勢志摩の新鮮食材を炙り焼きで楽しむ!昼飲みにもおすすめの海鮮居酒屋「磯一」

ゆうさん(@yuuu_77)がシェアした投稿

  • 居酒屋
  • 住所:東京都台東区浅草2-7-21

「磯一」は浅草駅から5分、花やしきの近くにあるお店です。店頭には新鮮な伊勢海老などが並び、入店前から期待が膨らみます。平日は限定10食のランチが大人気!こちらのメニューは『しゃけかま』など月ごとにメインが変わり、ボリュームのある内容となっています。ディナータイムには伊勢志摩産の天然ものを中心とした魚介を、炭火で炙り焼きにした料理などが単品またはコース仕立てで楽しめます。豊富な種類のドリンクは、ホッピーやキンミヤなど浅草らしいメニューもありますよ。朝10時から夜10時まで通し営業をしていますので、昼から飲みたい時や混む時間帯をずらしての食事にもぴったり。ぜひ浅草を訪れた際には一度立ち寄ってみてくださいね。

魚菜:イタリアン&和食が楽しめる下町浅草のダイニングバー「魚菜」

  • 創作料理、ダイニングバー
  • 住所:東京都台東区浅草1-17-9

浅草の住宅街の中にある「魚菜」は、オシャレなイタリアンレストランのような外観のダイニングバーです。浅草駅から近い場所にありながら隠れ家のような雰囲気。こちらのお店では、全国各地から仕入れた新鮮な旬の魚介類と提携農家から仕入れた野菜を使った料理が味わえます。メニューの内容はイタリアンか和食系まで幅広いラインナップとなっており、チェーン店の居酒屋メニューでは味気ないという方にもおすすめの内容となっています。その中でもおすすめはTVでも取り上げられた三陸産のアワビを使用した肝ソース焼き。白いかの刺身も美味しいと人気があります。ドリンク類はビールをはじめ、焼酎やワインも充実しています。

長屋門:浅草駅から3分。イワシ料理が美味しい「長屋門 雷門店」

  • 居酒屋
  • 住所:
    東京都台東区雷門2-18-13

下町浅草に溶け込んだ外観の居酒屋「長屋門 雷門店」は、浅草駅からも3分という利便性の良い場所にあります。店内に入ってみるとどこか懐かしく、しっとりとした雰囲気。テーブル席は1,2階にあり、ゆっくり料理とお酒が楽しめそう。また1人でも気軽に利用できるカウンター席もあります。こちらのお店では、旬の魚介をメインにしたお酒のアテにぴったりな料理が揃っています。中でも人気があるのはイワシを使ったメニュー。刺身をはじめ、焼いたり、揚げたり、煮たりといろいろな調理方法で食べさせてもらえます。平日は16時、土日祝15時から営業をしていますので、浅草観光の帰りにふらっと立ち寄るのもおすすめですよ。

炉端 炭男:『原始焼き』とこだわりの日本酒がおすすめ浅草「炉端 炭男」

Jun Hondaさん(@jun5153)がシェアした投稿

  • 居酒屋
  • 住所:東京都台東区浅草1-11-2 御所コーポ 1F

「炉端 炭男」は、築地直送の旬の魚や野菜を炭火使用の炉端でじっくり焼き上げる『原始焼き』が楽しめます。また全国の地酒から選んだお店こだわりの日本酒のラインナップは、看板メニューの『原始焼き』や『会津馬刺』などとも相性抜群です。さらに地酒は週替わりで内容が変わりますので、何度でも足を運びたくなるのではないでしょうか。前日までの予約で、日本酒を3種類選ぶ2時間飲み放題付きのコース料理もあります。お店の前には気軽に飲みたい時の便利なチョイ飲み用の席もあり、温かい季節には夜風にあたりながらお酒を飲むのもおすすめですよ。浅草駅、田原駅からも5分ほどの場所にありますので、ぜひ気軽に覗いてみてください。

浅草一文:浅草駅から5分、『江戸ねぎま鍋』が人気の「浅草一文」

ichimon

  • 居酒屋
  • 住所:東京都台東区浅草3-12-6

つくばEXP浅草駅5分、江戸時代のような外観と玄関の上に乗せられた大きな酒樽が目印の「浅草一文」。店内も現代の日本とは思えないような趣のある雰囲気となっています。総店長はソムリエ、野菜ソムリエ、さらに効酒師の資格も持っているので、素材はもちろん料理の味も期待できます。こちらのお店では江戸時代からの調理方法で作る穴子料理や貴重な葉山牛を使った『牛すじの煮込み』、『江戸菜』、『寺島茄子』など珍しい江戸野菜を使った料理も楽しめます。料理で人気があるのはマグロのトロ部分を使用した『江戸ねぎま鍋』。マグロの脂身が出汁に溶け込み、鍋の具材の味をより引き立たせてくれます。日本酒、焼酎も豊富に取り揃えられておりますので、お店自慢の料理とあわせて味わってみてください。

浅草銀鯱:浅草寺すぐ。ランチも人気!銀鱈の粕漬けが美味しい「浅草銀鯱」

@shoes_recordがシェアした投稿

  • 居酒屋
  • 住所:東京都台東区浅草1-17-5

「浅草銀鯱」は浅草寺近く、オレンジロードに面した場所にある居酒屋です。こちらのお店の看板メニューは粕漬け。中でもたんぱくな味の銀鱈の粕漬けは、食べてみると酒粕の旨味と風味が感じられる一品。お酒のアテだけでなくご飯も進みそうなメニューです。また店内には炉端もあり、カウンター席に座れば旬の野菜や干物などが目の前で焼かれるのを目と鼻、耳でも楽しめます。お昼には粕漬けはじめ旬の魚を調理した定食メニューもあり、浅草観光の合間の食事にもぴったり。週末は11時のオープンから通し営業をしています。粕漬け以外の魚料理も美味しいと評判のお店ですので、ぜひ足を運んでみてください。

牡蠣小屋 海賊船:浅草駅から3分、「牡蠣小屋 海賊船」でリーズナブルにカキ食べ放題を楽しもう♪

Miwaさん(@miwao09)がシェアした投稿

  • 魚介料理
  • 住所:東京都台東区花川戸1-5-3

浅草駅から3分の場所に牡蠣食べ放題のお店があることをご存知でしょうか。「牡蠣小屋 海賊船」では90分牡蠣食べ放題が楽しめます。こちらの店では、牡蠣を一度蒸してから冷凍した『冷やし牡蠣』という変わったメニューもあり、凝縮された牡蠣の旨味がたまらない料理です。もちろん墨で焼いた『焼き牡蠣』もあります。さらにオールシーズン『生かき』を食べることも可能。牡蠣にトッピングするソースも1つ100円でガーリックバター、わさび醤油をはじめ、タルタル、あま味噌チーズなど20種類以上の中から選べます。食べ放題の他、単品注文での利用も可能ですので、浜辺のBBQで食べるような海の幸が食べたくなったらぜひ足を運んでみてください。

浅草 水口食堂:浅草演芸ホール近く、懐かしいメニューが豊富にそろう「水口食堂」

mizuguchi

  • 食堂
  • 住所:東京都台東区浅草2-4-9

「水口食堂」は浅草寺の西側、浅草演芸ホール近くにある昭和25年オープンの老舗食堂です。こちらのお店は浅草を紹介した観光ガイドマップなどにも取り上げられ、地元をはじめ、観光客も多く訪れています。店内の壁には食事をしたい方にはもちろん、ちょい飲みしたい時にもおすすめの料理がずらっと並べられています。その中でもカレーの風味豊かな『いり豚』はぜひ食べていただきたいおすすめの一品。昔懐かしい味わいのナポリタンや酒のアテにぴったりのお刺身も分厚く人気があります。つくばEXP浅草駅からも3分という好立地にあり、朝10時からオープンしていますので懐かしい昭和を感じる食堂の雰囲気を楽しみに利用してみませんか。

三代目 魚熊:ふぐを炭火で炙って食べる『焼きしゃぶ』が人気の「三代目 魚熊」

  • ふぐ、かに、海鮮料理
  • 住所:東京都台東区蔵前3-20-5

蔵前駅から3分、浅草線と大江戸線に挟まれた場所にある「三代目 魚熊」は、1938年創業の老舗海鮮料理店です。元々、魚屋だったそうですが、現在に至るまで毎日目利きが厳選した魚介を築地から仕入れています。こちらのお店の自慢は1年中食べられるふぐ料理。フグ刺し、ちり鍋、唐揚など定番のふぐ料理に加え、炭火で炙って食べる『焼きしゃぶ』というちょっと変わったメニューもあります。このほかにも北海道産の毛がに、天然の真鯛のかぶと煮など魚料理も充実。コース料理も用意されていて、リーズナブルでどんな料理が出てくるのか楽しみなおまかせコース。ふぐを心ゆくまで楽しみたい方にはふぐ三昧のコースもあります。落ち着いた雰囲気のお店ですので、会食にもおすすめですよ。

赤垣:下町浅草の料理と酒が美味い小料理店「赤垣」

Maricoさん(@marico1981)がシェアした投稿

  • 居酒屋、小料理店
  • 住所:東京都台東区浅草1-23-3

国際通りとオレンジ通りの間にある細い路地沿いにある「赤垣」は、創業100年を超える老舗の居酒屋です。下町、浅草らしい暖簾のかかった玄関をくぐって中に入ると店内はカウンターとテーブルのこじんまりとした造りになっています。カウンターの向こうで切り盛りする店主は現在3代目。古くからの常連さんはもちろん、一見さんにもやさしい接客をされる方です。「赤垣」は「日本酒と料理が美味い」と評判のお店で、鯨ベーコン、まぐろぶつ、こはだ酢など約60種類の料理メニューがあり、どれも500円前後。特にしめ鯖は人気があり、ぜひ食べていただきたい一品です。日曜は15時から営業をしていますので、休日の一杯にもいかがですか。

TSUKIMISO(月見草):お箸で食べるフレンチ老舗「TSUKIMISO(月見草)」

  • シーフードレストラン、フレンチ
  • 住所:東京都台東区雷門2-11-8

浅草雷門前を南に向かって3分ほどの場所にある「TSUKIMISO(月見草)」は創業60年以上を越える老舗シーフードレストランです。とてもモダンで格式を感じるお店ですが、食事はフレンチがお箸で食べられますので、テーブルマナーに緊張される方にもおすすめのお店です。看板メニューは注文を受けてから調理される『活鮑のソテー』。このほか広島県産の牡蠣を使った料理、特撰田村牛のステーキなどグルメ通も唸るメニューが用意されています。こちらのお店では単品で料理の注文もできますが、接待や会食に利用される場合にはコース料理をあらかじめ予約しておくのもおすすめ。また周りを気にせずゆっくり談笑が楽しめる個室も用意されています。

鮨処 幸:ゆっくり寿司を味わうなら女性の方にもおすすめの「鮨処 幸」

  • 寿司店
  • 住所:東京都台東区浅草3-35-11 1F

のんびり浅草を散歩し、下町らしいお店でゆっくり美味しい寿司が食べたいという方におすすめなのが「鮨処 幸」です。浅草寺裏の住宅街にある隠れ家のようなお店で、木をふんだんに使った内装は清潔感があり女性同士でも気軽に利用できそうな雰囲気。こちらのお店では、大将が築地の市場で目利きした新鮮な魚を使った日替わりで楽しめる3種類のコースは質もよくてリーズナブルと人気があります。料理に合う日本酒や焼酎もそろっていますので、お店自慢のお寿司と一緒にどうぞ。客席は1人でも気軽に利用できるカウンター席をはじめ、会食にもぴったりな個室もあります。ランチタイムは要予約となりますが、大切な方を浅草観光に招待する時の食事にもいかがでしょうか。

あな太朗:浅草であなごづくしを楽しむなら「あな太朗」

Emiさん(@chouko_emi)がシェアした投稿

  • 郷土料理
  • 住所:
    東京都台東区西浅草2-26-1 坂田ビル1F

美味しい穴子料理が食べたいという方におすすめなのが、つくばEXP浅草駅から3分の場所にある「櫻田」です。こちらのお店は大分県にあるお店の東京店で、大将はあなご料理に携わって45年以上のベテランです。こちらのお店では九州料理とあなご料理が楽しめ、メニューの中からいくつか紹介しますと1貫単位で注文できる『あなごの握り』は、しっかりとした歯ごたえが楽しめる生あなごとふわふわの食感がたまらない煮あなごから選べます。看板メニューの『あぶり穴子』は『あなご刺身』とは一味違った味わいで、ふっくらとした食感とうま味がたまらない一品。ぜひ大将こだわりの清酒、や焼酎とお召し上がりください。また、土日祝はランチ営業もしていますので、浅草観光の合間にどうぞ。

櫻田:江戸時代の料理を再現した味が楽しめる「櫻田」

  • ろばた焼き
  • 住所:東京都台東区雷門1-15-12 雷門永谷マンション1F

浅草観光のランチにおすすめなのが浅草駅から5分の場所にある「櫻田」です。こちらのお店は江戸文献を再現したメニューがあり、ランチの『江戸の三大屋台の味』は、江戸前寿司、江戸時代の食べ方を再現した天ぷら、つけ汁がみそ味という珍しい蕎麦がセットになったメニューがあります。また鬼平犯科帳の忠吾が食べていた『一本うどん』はいなり飯をセットにしたメニューもあり、どれもリーズナブルな価格設定です。また自分で煎餅を焼いて食べるデザート的なメニューもあり、旅行の良い思い出になりそう。夜は店内にある炉端を囲み、お酒を飲みながら炭でじっくり焼かれた野菜や貝が味わえます。昼に利用しようか夜にしようか迷ってしまいそうな気になるお店ですね。

さかなや 梅:本所吾妻橋で魚屋さんの魚料理を

  • 魚介料理

  • 住所:東京都墨田区吾妻橋2-10-1

本所吾妻橋駅から3分ほど歩いた場所に、懐かしい雰囲気の下町ならではの魚屋「魚梅」があり、その隣にあるのが「さかなや 梅」です。このお店ではランチに数種類の中から選べる魚の定食が食べられます。料理は魚屋のほうで注文するようになっていて、お茶などはセルフスタイル。お店に貼りだされているメニューを見ると焼き魚、煮魚、刺身と魚屋さんらしく魚づくしの内容です。そしてそれぞれの定食にはどんな調理法なのかなどの一言コメントも書かれていて、どれも美味しそうに感じてなかなか選べなくなってしまうかも!またディナータイムにも、魚を使ったパスタなどこちらも魚をふんだんに使ったメニューが楽しめます。

釣新(つりしん):「釣新」の屋形船で隅田川から浅草を観光しながら食事も楽しみませんか

  • 居酒屋
  • 住所:東京都台東区浅草1-17-5

浅草観光をより楽しくしたいなと感じたら、隅田川を流れる屋形船に乗って川から下町、浅草を観光してみませんか。「釣新」は蔵前駅から2分の場所にある完全予約制で利用できる館船のお店です。運行は昼と夜のプランがありクルーズ時間が約1時間30分から2時間。料金は昼が6000円台、夜は1万円からとなっています。船の中はすべてテーブル席で、ゆっくり周りの風景を楽しみながら食事ができます。料理は、築地から仕入れた新鮮な魚を使った刺身、天ぷらなどが飲み放題付きのコース仕立てで味わえます。冬にはふぐコース、ちゃんこ鍋も登場しますので、こちらもぜひ利用してみてください。

魚直:フグ料理の名店でお腹いっぱいフグちりを!

uonao8
浅草から入谷方面へ歩いていく途中にあるのが、フグ料理の魚直。こちらのお店、下町なら美味しいものをお腹いっぱい!と言うのが昔からの理念で、本当に美味しいフグちりを、心ゆくまでいただけると人気のお店なのです。人情的な接客や下町らしい店の雰囲気も素敵。気取らない雰囲気で、本当にいいものを!と言う方は魚直さんを心からお勧めします。

本所吾妻橋、スカイツリー周辺の美味しい魚料理のお店

浅草から吾妻橋を渡った先にある本所吾妻橋。浅草からスカイツリーへいく途中の駅ということでご存知の方も多いのではないでしょうか。浅草から歩いて来れますので、自慢の魚料理を味わいに行くのも良いですね!

いけす道楽 吾妻橋店:浅草の風景を楽しみながら海鮮ランチはいかが「いけす道楽 吾妻橋店」

  • 魚介料理
  • 住所:東京都墨田区吾妻橋1-23-30

「いけす道楽 吾妻橋店」は、浅草の対岸にあるリバーピア吾妻橋ライフタワーの2階にあり、窓側の席からは東京スカイツリーや下町浅草の風景が楽しめます。平日は新鮮な魚介やいくらがのったボリュームたっぷりのばら寿司をはじめ、刺身定食、日替わりメニューが1,000円で食べられます。また人気があるのは1,200円の『かに天丼』。かにの天麩羅と数種類の野菜天が盛り付けられ、お腹も満足の一品。セットのお味噌汁も風味豊かで美味しいですよ。夜は活きの良い魚を調理した会席料理をはじめ、1品料理も充実。ドリンク類は北海道や新潟の珍しい地酒も取り扱われており、お酒が好きな方にもおすすめのお店です。

野口鮮魚店:コスパ最高!テンコ盛りの新鮮海鮮丼を食べるなら本所吾妻橋「野口鮮魚店」

noguchi3

noguchi5

noguchi2

  • 魚介料理
  • 住所:東京都墨田区東駒形4-6-9 リバーハイツワコー 1F

スカイツリーのお膝元である墨田区駒形にある「野口鮮魚店」は、ごはんが見えないくらい新鮮な魚介のネタがのった海鮮丼が食べられるお店です。海鮮丼のメニューは数種類あり、サーモンとマグロにたっぷりのいくらがトッピングされた『海の親子超え丼大盛り』。盛りのまぐろがこれでもか!と言わんばかりに盛り付けられた『韓激丼』は、ごま油とき無理のタレをベースにしたオリジナルの味つけで、サーモンなどもトッピングされています。海鮮丼では、売り切れ続出のデカ盛りメニュー『帝王丼』が一番高く1880円。そのほかは1,000円前後で食べられます。どれもボリュームたっぷりなので朝ごはん抜きで挑戦してもいいかも。ランチは11時30分からですが昼時になると行列ができるほどの人気がありますので、海鮮丼が食べたい方は早めの時間から並んでおくことをおすすめします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

▲ このページのトップに戻る

by

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択

メッセージ