浅草といえば東京下町を代表する観光地です。周囲には浅草らしい下町文化を感じられるスポットが点在しています。そして浅草のシンボルである浅草寺も見られます。その浅草寺の近くには広い隅田川が流れています。隅田川に架かる吾妻橋の袂に水上バス乗り場があるのを知っていますか?

水上バスで東京散策!

himiko
浅草は水上バスの乗り入れ地です。ここからは浜離宮や日の出桟橋、お台場までの水上バスが出ています。2ラインが出ていて、のんびりと隅田川を東京湾方面へと下っていくことが出来ます。水上バス内も広々としていて、混雑していても椅子には座れました。

こちらは船からの景色になります。

スカイツリーなど東京名所も観覧

窓からは吾妻橋を挟んだ向かいに立つビルの屋上のビールの泡のモチーフオブジェもしっかり見えます。そしてスカイツリーも周囲のビルに邪魔されず、しっかりとその姿が見えます。

隅田川を下っていくと両国国技館や橋など名所・旧跡を見ることが出来ます。船内アナウンスも入っていますので、それぞれの昔の姿をイメージしながら楽しんで過ごせます。

春の時期は船から隅田川のお花見なんてのも最高ですよね!

松本零士デザインの「ヒミコ」がおすすめ

ヒミコでクルージング

お台場までの水上バスは「銀河鉄道999」の松本零士氏がデザインした、宇宙船のような「ヒミコ」が採用されています。

乗船時間は日の出桟橋までは約40分、お台場までは約50分です。電車よりも時間はかかりますが、船内を探検し、船の外を眺めてアナウンスを聞いているとすぐ着いてしまいます。浅草の街並みを船から眺めてみるのも、新たな発見があって楽しいですよ。

松本零士の新デザイン「ホタルナ」も登場!

ヒミコはすでに何年も隅田川で活躍しており有名ですが、実は松本零士が新たにデザインした船が登場しているのです。それが「ホタルナ」。ヒミコ同様に宇宙船を彷彿とさせる近未来なデザイン、そしてヒミコにはなかった遊歩甲板が設置され、外にも出られるようになっています。

スポンサーリンク

店名 東京都観光汽船
住所 東京都台東区花川戸1丁目1−1

スポンサーリンク

▲ このページのトップに戻る

by
カテゴリ:撮影スポット, 見る・遊ぶ タグ:提供:Wさん/30代女性
応援コメントをどうぞ!
  1. icon

    kuri より:

    女性 (40代)

    2015/09/03 17:15

    浅草を流れる隅田川は是非、クルーズしていただきたいスポットです。隅田川から東京湾への間を往復する水上バスが通っています。この水上バスは、ガラス張りの、丸いフォルムが印象的な近代的デザインの水上バスです。デザインは銀河鉄道999でおなじみの松本零士氏が手がけています。

  2. icon

    にょろ より:

    男性 (30代)

    2015/12/04 15:15

    東京観光汽船 水上バス。隅田川を水上バスで下り、浜離宮・日の出桟橋やお台場海浜公園まで行くことができます。水上バスに使われている船は、景色が見やすいよう窓が大きく作られているのが嬉しいです。
    船内から隅田川にかかる橋を見上げることができるのは、水上バスならではの醍醐味だと思います。目的地に着くまでの間、船内では観光ガイドが流れるので景色を見ながら隅田川についてのうんちくを学べます。たまには違った視点から東京を味わいたい人にもお勧めです。

  3. icon

    リリアン より:

    女性 (30代)

    2017/10/26 13:57

    国際結婚してフランス在住の主婦です。来年、何年かぶりに日本へ帰省するのですが、家族に「東京のメジャーな所へ行きたい」と言われてハタと困りました。私は関東出身で、実は東京のことをほとんど知りませんから、おのぼりなのはフランス人同様です。考えたあげくに、水上交通の「東京クルーズ」を利用して、東京湾を一望しようではないか!ということに。浅草に発着のりばがありますから、こちらで下船できればそのまま「ザ・浅草」な部分に直行できる、ということです。というわけで交通ポイントに浅草を組み込む場合、陸路の交通網に、東京クルーズを候補に組み込むのも大いにありなのではないでしょうか。今から非常に楽しみにしています。

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択

メッセージ