酉の市とは、11月の酉の日(十二支)を祭日とすることで、浅草の酉の寺(鷲在山長國寺)や各地の鷲神社、大鳥神社で行われます。江戸時代から続いている代表的な行事です。主に開運招福・商売繁盛を願って行われます。正月を迎える最初の祭りでもあって、「春を待つ事のはじめや酉の市」と芭蕉にも詠まれました。

商売繁盛の酉の市のお祭りへ

酉の市

そもそも酉の市というのは、中国から伝承されている方法で数えた酉の日に行っている、商売繁盛を願う祭り。この酉の日はその年によって2回だったり3回だったりとまちまちです。1回目を「一の酉」、2回目を「二の酉」というように呼びます。

酉の市は、十一月の酉の日の午前霊時に「一番太鼓」が打ち鳴らされます。もし、十一月に酉の日が2回の場合、二の酉、3回の場合には三の酉と呼ばれます。そして凄いのが、この酉の市の開催時間。なんと24時間休まずに運営されるのです。浅草なんかで飲食店を経営されている方は、12時くらいまでの営業が終わって、深夜に出かける人も多いみたいですよ。

ちなみに三の酉の年は不思議と火事が多いといわれています。十一月でも、三の酉の頃には寒さを増してきますので、火を使う機会も多いところから火に対する戒めもあったということでしょう。..鷲神社の霊祭は、関東大震災の年も戦時中や終戦の年も挙行されています。これも御神徳のゆえんといわれています。

酉の市の始まりは、江戸の近郊にある花又村であるといわれています。当初は近在の農民により鎮守である「鷲大明神」に感謝した収穫祭でした。

酉の市の歴史や由来

torinoichi2

酉の市の伝承としては、鷲神社が天日鷲命(あめのひわしのみこと)日本武尊(やまとたけるのみこと)を祀ってあることに由来します。

ヤマトタケルノミコトは聞いたことある!という方はいても、天日鷲命(あめのひわしのみこと)を知っている!という方はなかなかいないかもしれません。これは、こんな日本神話に由来します。

日本の始まりの神様を知っていますか?…そう、天照大神です。この神様は太陽の化身でもあったため、世の中を作ると共に世界を明るく照らす存在でした。

しかし、ひょんなこと(…須佐之男命(すさののみこと)が乱暴をした)から、悲しみにくれて、岩のなかにこもってしまいます。太陽の化身である天照大神がいない世の中は真っ暗闇。この引きこもった天照大神を助け出そうを岩の前で舞ったのが、日本のビーナスである天宇受売命(アメノウズメ)。このアメノウズメが待った際に弦の先に止まったのが鷲(ワシ)だそう。

その様子を岩のなかに隠れていた天照大神が覗こうとし、その隙を逃さんとばかりに天手力男命(あめのたじからおのみこと)が大岩を動かし、天照大神を外へ連れ出した…とのことです。天照大神が外に出たことで世の中がまた明るくなり、鷲のおかげだ!となったのだそう。その神様は鷲の字を入れて鷲大明神、天日鷲命といわれるようになったということです。

商売繁盛の熊手をお土産に

熊手

この神話に出てくる天日鷲命は、その後諸国で土地を開いて、開運・殖産・商売繁盛に御神徳の高い神様として知られました。だから、酉の市も商売繁盛のお祭りと言われているのですね。

そんな酉の市を楽しむのならば、やはり熊手はかって帰りましょう。

鷲神社のお守りでも、開運・商売繁盛のお守りとして「酉の市」のみに授与されるものに「かっこめ」という熊手御守りがあります。「はっこめ」ともいわれている神様の御分霊で、一番太鼓とともに授与されます。この熊手守りを受けた人には、「一番札」の神社の金小判が授けられるということです。

縁起物の熊手の種類としても、時代とともに変わってきます。江戸に多かった飾りとしては、おかめの面と四手をつけたものでした。
現在では宝船・平・桧扇・文化・みの・御所車など多くの種類があります。熊手などにも流行を取り入れたものが多くなってきたということです。縁起もので、唐の芋は「子をふやす」「頭になる」という意味があります。栗餅などや切山椒などとともに古くから名物とされています。

また、新しく授与された御札や熊手などの祀り方としては、暮れの28日に神棚にお祀りします。新しく買い換える場合にはすぐに飾ってもいいし、初詣や参拝旅行などに求めたものは、その都度神棚にお祀りします。なるべく高いところに北を背にして南向きか、東向きがベストです。ご自身で商売をされている方にはとくにオススメですよ!
→酉の市以外の浅草のお祭りやイベントを一覧で見る

店名 鷲神社
住所 東京都台東区千束3-18-7

スポンサーリンク

▲ このページのトップに戻る

by
カテゴリ:お寺・神社, イベント タグ:

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択

メッセージ