観光に来て楽しみなのが、やはりその場所で楽しむ食事でしょう。浅草には、美味しい食事が楽しめる場所がたくさん!ただし、少し高いお店や、観光地価格だなと思うお店も多いんですよね。そんな浅草で、安く美味しく食事を楽しむなら、是非足を運びたいお店を厳選して紹介したいと思います。

浅草で食事と言えば、蕎麦、寿司、もんじゃ焼き、洋食など様々おすすめがありますが、その中でもさらに厳選して安くておすすめのものだけを紹介したいと思います。観光本でお馴染みのお店だけでなく、浅草の人がすすめる名店もありますので、一度浅草に来る前はチェックしてみてくださいね!

浅草で安く美味しい!500円で食べれるワンコイン以内ランチ

まずは安いといったら「ワンコイン」。500円握り締めて(あと税金分も)食べにいけるお財布にかなり優しいお店です。

330円の美味しいラーメン「ら麺亭」

ラーメンら麺亭

浅草で30年以上愛され続けるラーメン屋、ら麺亭。ラーメンブームの訪れるだいぶ前から、浅草の人気ラーメンでした。なんといってもその人気の秘密は安さと美味しさ。安いだけでなく、美味しいだけでなく、安くて美味しいラーメンなのです。シンプルな醤油味のラーメンは、メンマにほうれん草、チャーシューに海苔が乗った定番。さらに、500円は越えますがワンタンメンも人気です。

美味しい大衆蕎麦や「翁そば」

翁そば
浅草の中心地で、長く愛され続けているお蕎麦屋さん、それが翁そばです。一見どこにでもありそうなお蕎麦やさんなのですが、出てくる蕎麦を見て驚くこと間違いないでしょう。器になみなみと盛られた蕎麦は迫力満点。ボリューミーな蕎麦が、毎日食べても良いようなリーズナブルな値段で食べられます。なんといっても食べるべきはカレー南蛮。熱々をふぅふぅと冷ましながらゆっくり食べましょう。

ワンコイン点心「点心爛漫」

餃子
浅草からかっぱ橋のほうへ向かう裏道にある小さなお店、点心爛漫。持ち帰りとカウンター5席ほどの本当に小さなお店です。ここのお店、ランチはなんと焼き餃子5個、シューマイ2個、ライス、スープ、ザーサイ、ウーロン茶がついて500円!もちろんセットもやすければ単品も安い。宇都宮の餃子直伝の味がリーズナブルに楽しめます。ビールとセットのおつまみセットなんかも良いですね。

350円の焼きそば「福ちゃん」

福ちゃん
浅草の地下街。日本で1番とか3番目に古いと言われている(どっちなんだ)地下商店街です。ここの一角にあるのが、焼きそば「福ちゃん」。カウンターと小さな椅子から出来たいかにもノスタルジックなお店です。そんな福ちゃんの名物はなんといっても焼きそば!350円で食べれるシンプルなソース焼きそばは、目玉焼きを100円でトッピングするのが人気の食べ方です。ちなみにこの地下街、クーラーがほぼ効かないので夏は劇暑!!汗を流し名がら焼きそば頬張りましょう。

500円の特製カツカレー「一丁目一番地 西浅草店」

一丁目一番地

カツカレー

浅草の国際通り沿いにある「一丁目一番地 西浅草店」。九州の馬刺しや地どり、そしてお魚が美味しい、チェーン店風に見せかけてなかなか人気の居酒屋です。夜の居酒屋利用はもちろんのこと、お昼はとにかくランチが安い!400円の特製カレーはもちろん他店では800円が妥当であろうカツカレーがなんと500円で食べられます。さらに日替わりの定食(鶏そぼろの親子丼など)も500円です。でもやっぱり安定して美味しいのはカレーですかね。ワンコイン握り締めてお昼に行きましょう。

レプリゼントで500円の昔風オムライス

  • ダイニングバー、居酒屋
  • 住所:東京都台東区西浅草3-23-14


レプリゼントの紹介

つくばエクスプレス浅草駅を出て300mほどの距離、合羽橋道具街の裏手にあるこのお店は立地もそうですが、店舗の外観もひっそりとしていて最近流行の隠れ家的なお店です。店内もさほど大きくないのでミンナでワイワイというよりはこっそりお忍びで通いたくなるようなお店です。ここではどんなお得な美味しいお料理が頂けるかというと、ランチ限定の「昔ながらのオムライス」そのお値段なんと500円!つまりワンコインです。しかも、メインのオムライスだけではなく嬉しいサラダ付きです。ちなみに税込なので本当のワンコインで頂けちゃいます。昔ながらというだけあって、具材はハムやマッシュルームなどが入ったケチャップライスをふんわり卵で包んだいわゆる定番のオムライス。しかし、マスターの腕が良いから定番のオムライスもきっちりクオリティーの高い出来栄えで、ムラなく均一な味付けは家庭で作ろうとするとどうしても時間がかかってベチャッとなりがちですが、こちらで頂けばご飯のもっちりとしたまとまりを残しつつも味が均等でどんどんスプーンが口の中に入っていきます。食べ終わるのが惜しくてゆっくり食べようとするのですが、手が勝手にスプーンを口に運んでしまうほど美味しいです。500円というお値段の価値を遥かに凌駕しています!マスターお1人で切り盛りされている感じなので、満席だったりすると提供されるまで多少の時間がかかるかもしれませんが、待っている時間も期待に胸躍る楽しい時間に変えてくれるようなお味です!おすすめですよ。

らぁめん「めん○」で320円のラーメン

menmaru

  • ラーメン、餃子
  • 住所:東京都台東区浅草2-15-2


らぁめん めん○の紹介

つくばエクスプレス浅草駅から徒歩2分ほど、浅草の名所『花やしき』のほど近くにあります。というよりWINS浅草(場外馬券場)がすぐ近くにあります。このお店は浅草随一と言っても過言ではない、最強コスパを誇るラーメン店です!そのお値段は醤油ラーメン1杯がなんと、なんと脅威の「320円」!!そこらの大学の学食よりも安いです。このお値段でありながら具材もちゃんと乗っています。内容はチャーシュー、メンマ、もやし、海苔とオーソドックスでありながら抜け目ない感じで、味は極めてシンプルな醤油ラーメンです。申し訳ないですが、絶品とは言えません。ですが、脂っこさや旨すぎるコクがないからこそ、例え毎日食べたとしても食べ飽きないシンプルさがそこにはあります。よくラーメンは日本の国民食なんて言われますが、日常食とも言えるレベルです。土日なんかは、それこそ競馬のレースがあるので長蛇の列になることもしばしばで、立ち食いラーメン屋になったりもしますが、平日ならちゃんと着席して食べられますし、調理や洗い物など手間なことを一切自分でしなくて済んで、しかも麺はノビノビではなく、しっかり硬め!このお値段でこれだけのラーメンが食べられるのであれば、文句の付けようがないです。お金をかけずにしっかり胃袋を満たしてくれるこのお店は間違いなく最強コスパのオススメ店です。

釜う:300円で食べれるリーズナブルうどん

Shirabe Aさん(@shirabe15)がシェアした投稿

  • うどん
  • 住所:東京都台東区浅草2-15-2


釜うの紹介

つくばエクスプレスの浅草駅から約200mほどの距離。花やしきの近くにあるうどん屋さんです。本格的な讃岐うどんが大人は300円〜、子供(小学校低学年まで)は180円でちびっ子うどんが頂けるとあってとてもリーズナブルかつ人気のお店。どの辺が本格的かと言いますと、伊吹島で獲れた「いりこ」(伊吹いりこ)、京都の鰹、宗田、鯖、うるめ節と香川のお醤油で作ったお出汁を使用し、麺に至っては香川の讃岐うどん専用粉を使用し、足踏で鍛え、適正温度で1日熟成させるというこだわりっぷり!讃岐うどんならではの麺の太さとしっかりとしたコシ。茹で上がった麺のツヤツヤ感も実に美しいです。小サイズを注文してもそこそこ量があり、コシも強いため喉越しが良いのに小でも十分お腹いっぱいになります。こちらのお店は午前中〜夕方までの営業スタイルなので、平日ならば17:00まで、休日ならば19:00までしかやっていませんので、訪れる際にはそこに気をつけて下さい。逆に、休日はWINS(場外馬券場)のオープンがあるので朝9:00からやっています。時間に気をつけてぜひ行ってみてください。普段、チェーン店のうどんをよく食べるという方、ここのうどんを食べてみてください!同じくらいのお値段で感動って味わえるものですよ!

カツカレー発祥の店「河金千束店」で500円日替わり定食

  • とんかつ、カレーライス、かつ丼、かつ重
  • 住所:東京都台東区浅草5-16-11


河金 千束店の紹介

浅草というよりも店名の通り千束にあるお店です。浅草からだと15分くらい歩くので1km弱あります。信号を基準に説明すると、浅草四丁目の信号と千束三丁目の信号の間の区画にあります。このお店は、知る人ぞ知る名店で、一説によるとカツカレーの元祖かもしれないという大正時代から続いた今は亡き名店『河金』の暖簾分け店です。このお店からは、500円ランチのご紹介をしましょう!元祖の河金は洋食屋がルーツだったのですが、こちらの河金 千束店は元々とんかつ屋さんとしてスタートしていることもあり、500円ランチでも「揚げ物」がメインです。カツ丼であったり、メンチカツだったり、から揚げだったり。それ以外にも、オムライスなんて日もあるようで、行ってみないと解らない楽しみがあるのが良いところ。500円ランチ以外にもメニューは複数あ、ノーマルのとんかつは勿論、メンチかつ、チキンかつ、かつ丼、ソースかつ丼、かつカレー、チキンかつカレー、メンチかつカレーとこんなにもメニュー豊富です。しかも全品が定食形式で、みそ汁と御新香が付くという太っ腹っぷりです!ただ、ランチで食べられる「かつカレー」は前述した物とは違いますので、そこはご注意ください。元祖と言われるものをご所望であれば、800円の河金丼を注文してみてください。丼ぶりにたっぷりのご飯、その上にキャベツ、そしてかつと懐しい味わいのルーが…昔から愛される理由が知りたい方は是非お店に足を運んでみてくださいね。

300円のお好み焼き!「三島屋」で元祖の粉物を味わう

  • もんじゃ焼き、焼きそば、かき氷
  • 住所:東京都台東区千束3-4-9


三島屋の紹介

こちらのお店も浅草駅からは離れていますので、いっそのことバス移動して伺いましょう!千束郵便局のすぐ近くで、台東区の循環バス「北めぐりん」に乗り千束三丁目バス停で下車すればすぐです。運賃は100円なので、気軽に乗っていけます。もちろんお腹を空かせるために歩くのもアリだと思います!さてこちらのお店では何がどれだけお得にいただけるのでしょうか?それはメニュー全部!!たこ焼きもお好み焼きも焼きそばも300円。そばもんじゃは350円。なんて良心的なんでしょう!しかも初めて食べてもなぜか懐かしさを感じてしまうお味で、一度食べるとその味の記憶がしっかりとインプットされて時より無性に食べたくなるから不思議です。飲み物は全てセルフ式で、飲みたい物を一声かけて冷蔵ケースから自分で取るあたりも、なんか実家にでも来ているような妙に落ち着く気分になるんですよ。だから余計に時より行きたくなるのかもしれません。アナタも一度訪れてみるとこの気持ちがわかると思いますので、ぜひ行ってみてください!バス代かけてでも行きたくなる、そんな価値あるお店です。

「餃子の王様」で420円の餃子を

  • 餃子、中華料理、ラーメン
  • 住所:東京都台東区浅草1-30-8


餃子の王様の紹介

こちらは地下鉄や都営の浅草駅から徒歩5分ほどの距離、浅草寺の近くにある黄色い看板が目印の中華料理屋さんです。昔ながらの老舗で創業は昭和29年と、古くから地元に愛されるお店です。目玉となる餃子は6個で420円でなかなかのサイズ感。私は一口では口に入りませんでした。ラーメンは醤油ベースの中華料理屋さんらしいもので530円で頂けます。スープにしっかりと出汁のコクがありとても美味しいです!都心でラーメン1杯530円で頂けるお店って今のご時世そんなに多くはないと思うので、かなり頑張っていらっしゃるんだなと感心してしまいます。しかも、安くてもちゃんと出汁を感じるスープで提供してくれるので、長年生き残ってこられた理由がよくわかります。お店の看板商品である餃子は値段こそ普通に感じますが、内容がとても良い!焼き色は美しいきつね色で、皮が薄めなため歯を入れると焼き目がパリッと良い音を立てます!そして、餡は野菜がたっぷり入っていてジューシーな甘みと旨みが口に広がります!!お肉たっぷりなガツンとしたタイプではなく、非常に食べやすい野菜餃子です。1人前の値段を書きましたが、正直1人前どころか3人前くらい1人でペロリと平らげられちゃう美味しさです。なもんですから、個人的に味へのお得感が非常にあるお店とメニューたちです。どうぞご賞味を。

次のページではコスパの優れたお店リストを紹介します。

▲ このページのトップに戻る

by
応援コメントをどうぞ!
  1. icon

    ぴろこ より:

    女性 (20代)

    2015/09/01 15:35

    デリカぱくぱく。つくばエクスプレスの駅を出てすぐ(六区入口)、演芸場に入る前に目につきました。びっくりしたのはメニューとお値段。お弁当250円!私にはちょっと多すぎるような気がしてパスしましたが、お肉中心のおかずとごま塩ごはんで、男の方には嬉しいと思います。単品メニューは、良くあるコロッケやフライだけじゃなくて、煮物や肉じゃがなど、やさしい家庭の味が豊富でした。思わず肉じゃがを購入。じゃがいもが丸くて大きく、幸せな気持ちになりました。

    • icon

      うむ より:

      男性 (~10代)

      2018/01/30 11:35

      合馬いがー

  2. icon

    匿名 より:

    男性 (~10代)

    2018/01/30 11:33

    おう

  3. icon

    おう より:

    男性 (60代~)

    2018/01/30 11:34

    おうまいがー

  4. icon

    いくま より:

    男性 (~10代)

    2018/04/20 12:09

    どどすこすこすこ

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択

メッセージ