浅草は数多くのフランス料理店が軒を連ねる一面も持っています。下町情緒と、オシャレなフレンチ、一見不思議な組み合わせですが、歴史ある建造物が並ぶ文化的な空気や、歩くのに適した街づくりは、浅草とフランスの街々が共通して持っている魅力だといえます。

フレンチを浅草で。街のビストロから高級フランス料理まで浅草のフレンチ紹介!

気品に満ちた本格フレンチ、その日入った食材をフレンチの技法で一期一会の味に仕上げるビストロ、さらには和の要素を取り入れた日仏混淆のお店や、フランスの地方の郷土料理まで、フランス料理の奥深さが浅草というエリアに凝縮されているのです。

maeda1

浅草で本格フレンチを。お祝いや特別な日に美味しいフランス料理

浅草にはミシュランの星を獲得したフランス料理屋さんなど、お祝いや特別な日にも使えるフランス料理店が揃っています。一度は食べておきたい美味しいフランス料理を一度実際に体験してみてください。

ナベノイズム:ロブション出身のフレンチレストランで最高の夜を

nabeno
東京でミシュランの星がついたお店のお料理をいただこうと思うなら、やはり銀座、六本木、赤坂などを思い浮かべるでしょう。そんな中、浅草という下町にありながら、ミシュラン1つ星の料理を味わえるレストランが一軒あります。それがここナベノイズム。フランスで修行を積んだ渡辺シェフが伝統のフランス料理と日本の食材を見事に融合させたお料理は、フランス料理に親しんだ人へも驚きを与えます。
ナベノイズムの情報をもっと見る

TSUKIMISO:特別な日に利用したい海鮮が美味しいフランス料理


わが国の海の幸でも最高クラスの価値をもち、貢ぎ物としても江戸へ運ばれていたアワビ。その名残として贈り物の包みの右上には今でものし鮑の意匠があるほどです。さてここ浅草の地に運ばれてきたアワビは、今宵はあなたに献上されます。華やかなフレンチの香をまとって・・・。
雷門交差点を南下し、駒形へと向かうと、カニとホタテのレリーフがあなたを迎えるように浅草の老舗フレンチTSUKIMISOがあります。ディナーコース¥7000は、アミューズ、ビシソワーズなど季節のスープ、スズキやエビなど海鮮のお皿と進み、活き鮑のステーキの150gで最高潮を迎えます。そしてここで浅草ならではのアクセント、深川めしとおみそ汁を経て、デセールで締めるというもの。お店の雰囲気や給仕のスタイルは高貴そのもので、ここでのお食事は素敵な思い出になるでしょう。身が貝から大きくせり出た見た目から、片方の貝、転じて片思いの象徴であるアワビ。いつまでも片思いにとどめずに、ぜひ一度TSUKIMISOに足を運んでみましょう。

オマージュ:味も見た目も素晴らしい三ツ星レストランで修業を積んだフランス料理


オマージュは裏浅草にたたずむ灰色のお店。この中では季節の息吹きがお皿の上であでやかに咲きほこっています。まるで、華美な服装を禁じられた町人が、服の裏地に美しい刺しゅうを施したことを想起させるほどに。
本格フレンチのお店には珍しく、お子様連れにはうれしい試みが、第3日曜日のキッズデー。小学生以下のお子さんとご一緒にフレンチに舌鼓を打つことは、最高の情操教育と言えるでしょう。アユの酢〆に小フォアグラを合わせ、付け合わせの蒸しパンには和食でアユの薬味に用いられるタデを練り込むという凝った一品を見ても、ひと皿の上の圧倒的な情報量と、思考が追い付かないほどの玄妙なおいしさに心魅かれます。メインの肉料理の”宮城産漢方牛のステーキ”や、”青森産シャモロック各部位のローストと鶏モツのラビオリ”は満足感あふれるものですが、オマージュのひと味違うところはアミューズとデセールの力の入れ具合が半端ではないということです。壮大なクラシック音楽の大作が、序章と終章にまで作り込まれているように、コース料理は多くの前菜で始まり、数多くのデセールで締めくくる。この構成のもたらす豊かな心に包まれたとき、ふと思うのでしょう。これがオマージュ(賛辞)なのだと。

オマージュの情報をもっと見る

TheDining唐紅花&蒔絵:フレンチと中華の融合料理を浅草ビューホテルで

EMItiaraさん(@amii1124)がシェアした投稿


眼下には花やしき、そして浅草一帯が一望できる浅草ビューホテル。ここに居を構えるのが、TheDining唐紅花&蒔絵です。ヌーベルシノワ(先進中華料理)の「唐紅花」と、フレンチの「蒔絵」が同居するスタイルのレストランであることが最大の特徴。
しかも、ただ中華料理とフレンチを交互に並べるのではなく、シノワにはフレンチの要素を、フレンチにはシノワの要素をさりげなく匂わせているところが心憎い演出です。例えば、”秋の味覚シェフ&シェフ~秋を彩る世界の三大珍味~ \11,000のコースに出てくる、”ヨシキリザメのフカヒレ姿煮”は、鶏のみならず牛と豚もスープに加え、フレンチのフォン風になっているうえ、ポルチーニ茸の香りがアクセントとなっていますし、”金目鯛の鱗焼き”に合わせるバルサミコソースには、アニスで香り付けをして、中華でも八角によって親しまれているアニスの甘い香りが実によくフレンチに溶け込んでいます。中華とフレンチを同時に楽しめる贅沢。これを味わえる場所はそう多くはないでしょう。

アラスカ吾妻橋:正統派の雰囲気のなかで夜景を見ながらフレンチを

@kikurin5rinがシェアした投稿


白いテーブルクロスにシャンデリア、気配りが行き届いた給仕さん..そんな様式美の中でフランス料理に舌鼓を打てるのが、アラスカ吾妻橋店。
コースの中でも”ボヌール”\8,640はクラシカルな魅力に満ちています。ケーパーの木の実っぽい味が深みを与えるサーモン、ほどよい歯触りを楽しむうちに濃密な味がしみ出すエスカルゴ、タマネギの甘みが優しオニオングラタンスープに、メインの国産牛ステーキは王道の肉汁ベースのソース、グレイビーで。お料理のどれもが、フランス料理が高嶺の花だった 1928年のアラスカ大阪本店開業時の、お客さんの感動を今に伝えているかのようです。この良い意味でコテコテな感じは、一つの文化遺産としても人々を魅了するものです。
ロケーションは不思議な火の玉のモニュメントがあるビルの隣、アサヒグループ本社ビルの21階ですから、お食事をしながら見下ろす眺めは見事なもの。ノスタルジー溢れる空間に浸ってるうちに、首都高を走る車はいつしか角ばったボディーに丸目ランプとなり、隅田川には渡し船を漕ぐ船頭の姿がぼんやりと…いやはや少しビールを飲みすぎたようです。

気軽に入れる浅草の日常フレンチ

フランス料理は敷居の高いイメージがありますが、浅草では普段使いできる気軽なフレンチが多くあります。美味しいフレンチ、居酒屋のように使えるビストロの紹介です。

ビストロキヌカワ:魚介が充実!日本人に嬉しい季節を感じるフランス料理

Lady♡Aさん(@xoxo_lady_a)がシェアした投稿

つくばエクスプレス浅草駅から西浅草の十字路を南下し、田原方面へと向かうと、落ち着いたムードのビストロキヌカワに到着です。食通のたしなみとして、行きつけの店で出てきた季節の食材で四季の移ろいをしみじみと感じるという詩的なものがあります。菜の花の春の香り、稚鮎のほろりとした苦味は初夏・・。和食割烹の話かと思われがちですが、これらはここキヌカワの話、野菜と魚で季節を感じさせてくれるフレンチなのです。
ランチコースは¥2300、ディナー¥3600とお手ごろ。”岩がき”¥800など黒板に書かれた本日のお勧めにも食指が伸びてしまいますね。コース料理の一例としますと、滑らかなカボチャの甘みが優しい冷静スープや、鯛のムニエルに新ゴボウの赤ワイン煮が大地と海の香をマリアージュした一皿など、フレンチを食べ慣れた方にも「おっ」と思わせる発見が新鮮。全体にやさしい味付けなので、老若男女にお勧めできるお店です。

ビストロカトリ:気軽に本格フレンチを楽しめる実力のお店


雷門1丁目の交差点を、西の菊水通りへと進むと、浅草の実力派ビストロカトリに到着。”ビストロカトリ特製ブイヤベース”¥3790、”子羊のロースト”¥2550、”ブレス産エトゥフェピジョンのロースト”一羽¥3600と、メイン料理はどれも壮観。
ジュウジュウとまだ細かく振動するほどの香ばしい皮、魚介と野菜のだしがこれでもかと含まれた殻つきのエビ。これらを手づかみでやっつけて、フィンガーボウルで何事もなかったかのように洗う。フランス料理に隠されていたプリミティブな喜びの世界は、くし焼きやホルモンになじんだ下町浅草だからこそわれわれに見せてくれるのかもしれません。
ランチは¥1600から¥5000のコース、ディナーは¥5000からのコースや、アラカルトでお楽しみいただくスタイル。¥650からとお手ごろなグラスワインや、シャブリ、シャトーレイソンといったフランスワインをゆったりと傾けると、幸福なひとときが待っています。そういえば、フランス映画『太陽がいっぱい』で、「魚料理はナイフとフォークより、手で食べるんだ。」というシーンがありました。フランス人のエレガントだけではなく実質を重視する姿が印象的なこのシーンがふっと浮かんできましたね。

ビストロマエダ:ランチが人気!本格的な味をワイワイ食べたい

maeda
われわれ日本人の感覚からするとフランス料理といえば高級料理の最たるものといった感じですが、考えてみればフランスの人たちだって廉価な食事をとる日常があるはず。そんなお手ごろなフレンチを提供してくれるのがビストロマエダ。東武浅草駅から江戸通りを南下し、駒形橋のたもとにあります。
平日のプリフィクスランチセットがサラダとメイン料理、パンで¥1000、土日祝日のホリデーランセットが ¥1800でオードブルに始まりステーキ等のメイン、パン、デセール、食後のコーヒーと、見事にフレンチのコースを味わわせてくれます。
しかも食材へのこだわりが随所に見え、”千葉産コレナイ豚Tボーンステーキ”¥2500や、”エスカルゴとキノコのブルギニョンバター焼き”¥1200など、日仏の素材をちりばめているほか、東京、北関東の農家が作った野菜のおいしさが、どのお皿にも生きています。平日には”野菜たっぷりランチ¥1000″もあり、フランス料理のもつヘルシーさという一面をわれわれに教えてくれるでしょう。

カナイユ:大皿をみんなでシェアして食べたい!絶品ビストロ料理の数々

emicoさん(@emiffy)がシェアした投稿


浅草から国際通りを南下していき、寿三丁目交差点の角にあるのがカナイユ。小さな間口に赤いひさしが印象の2010年にできたお店です。シンプルなシャツ姿のイケメン、化粧もアクセサリーも薄めの美女をフランスでは見かけますが、彼らが座っていたら画になるなという感じの小慣れたムード。
アントレの一例ではブルーチーズのねっとりとした旨みに、イチジクの爽やかさが加わったところに、白ワインが慈雨のように舞い込めば、自分の周りがお花畑になったかのよう。バケットに生肉をのせて頂く”タルタルステーキ”¥1600は、鯨肉や馬肉を用いており、牛とはまた違ったおいしさを表現しています。どちらも浅草で親しまれてきたお肉でもありますよね。
そしてカナイユの大きな強みが、フランス産キノコの充実ぶり。子羊のローストにトリュフの香りを纏った贅沢さはたまらないですし、セップ茸やジロール茸のにじみ出るうまみがサラダや煮込み料理の味に深みを与えています。
一品料理は一皿¥2000弱から¥5000ほどですが、どれも量は多いです。最初は美男美女でも、おなかが出て帰ることになるかも?とにかくワイワイみんなで食べに行きたいビストロですね。

テランガ:和テイストの創作フレンチコース料理が新しい!


駒形橋西詰交差点から田原駅に向けて西へ行くと、明治かそれ以前に作られた日本家屋とすら思わせる建物のフランス料理店、テランガがあります。細い木をいくつも組み合わせた格子戸で、店内の様子がぼんやりと見える・・・。ムード抜群で店主が一人で切り盛りする上質な空間と美食に期待が高まります。
コースは¥5000から¥8000で、フランス料理の堅実な技能と、前菜、スープ、魚、肉・・と王道のコースでありながら、随所に和の食材が盛り込まれています。
まるまるとした見事なホワイトアスパラにはホタルイカとリンゴがあしらわれており、チーズをシュー生地で包んだ一品には青海苔の香りが鼻をくすぐります。ホタテのポワレにロマネスコを添えたお皿は、白と緑のコントラストが美しく、黄金色の海老スープは揚げた桜海老をあとから加えると、もう1段階香りが花開きます。ご利用の際は予約が推奨です。ご自身へのごほうびに、また大切な人との語らいに。和のくつろぎと仏の美味が豊かな時間を約束します。

ビストロアッシュ:コスパの良い美味しいランチがオススメのカジュアルフレンチ!


至れり尽くせりの庶民派フレンチのお店がビストロアッシュ。雷門から南下し、2丁目の戸建てを西に田原長府方面へと向かうと見えてきます。
ファミリーレストランでも¥1000という予算で食べられる量は限られるこのご時世、前菜、メイン、デセールと、略式とはいえ立派にフランス料理を楽しめるなんて、素敵としか言いようがありませんよね。
ほのかにガーリックと香草が漂う鳥もも肉のコンフィ、赤ワインソースの酸味が肉汁と相まってかみしめる毎においしい仔牛のステーキなど、メインは堂々たるもの。お手ごろな価格だからと言って味に妥協は見られません。
マグカップにはいったキノコのポタージュスープも後を引くおいしさで続く料理の食欲を増してくれますし、パンやキャラメルプリンも上質なものです。ディナータイムは”うにのゼリー寄せ”¥1400、”ウズラのファルシ”¥2200などさらに料理が充実するほか、お一人当たり¥5400で2時間飲み放題とフルコースの料理がついた、フランス料理で宴会ができてしまうプランも用意されています。

BAR VERT(バー・ヴェール):サクッと飲みながら美味しいフレンチが食べれるバー!

bar vertさん(@bar_vert)がシェアした投稿


東武浅草駅隣接というアクセスの良さも魅力の大人の隠れ家的なお店がBAR VERT(バー・ヴェール)。
仕事上がりや散歩がてらにフラっと、お食事とお酒を召上って英気を養う時間。
これがあるとないとでは人生の豊かさが違ってくるといっては言い過ぎでしょうか。人によっては和食で日本酒だったり、中華にビールだったりでしょうが、ここでひとつワインとフランス料理店というのはいかがでしょう。気軽に食べたい物を注文し、ワインに酔いしれるのは本格フレンチとはまた違ったバールのもつ醍醐味です。
マスタードとジェノベーゼソースでいただく”ポークステーキ”¥1500や、ブルーベリーソースでいただく”かものロースト”など、
食材に合わせたソースを追求することによって、上品な装いを加えるその味はまさにフレンチ特有の魅力。”レバーパテ”¥500や、”完熟フルーツトマトのサラダ”¥900と、居酒屋でおなじみのレバー料理やサラダも、フレンチの技法が加わることによってぐっとワインとの相性が高まっています。フランス料理で飲む、というスタイル。あなたもぜひ一度お試し下さい。

びすとろラパン:浅草の真ん中でアルザス料理とワインを!

ヨシコさん(@yosibe1)がシェアした投稿


アルザス地方の郷土料理を楽しめる貴重なお店がびすとろラパン。浅草寺の西南端、ロックフラワー通りとグリーンロードの間の通りにあります。
アルザス地方はドイツスイスと境を接し、その食文化にもこれらの国とフランスがミックスされた魅力を持っているのです。
見渡すかぎりの緑と、からりとした晴天が広がる高原。そこに暮らすことでインスパイアされたアルザス料理はやはり、牧歌的な優しさを感じます。お店を象徴する2品が、”シュークルート”¥1400と”タルトフランベ”¥1000。
シュークルートはキャベツの漬物、いわゆるザワークラウトと、塊の豚肉、ソーセージをジャガイモとともにじっくり煮込んだもので、この滋味深い味はおでんにも通じるものがあり、アルザスワインが進んで仕方のない一品。タルトフランベはもっちりとした薄焼きの生地が香ばしいピザの一種で、ベーコンとオニオン、そしてフロマージュブランというチーズの組み合わせが絶妙の一言。こちらも次々と手が伸びてしまいます。
またアルザスにかぎらずフレンチの定番”フォアグラのポワレ”¥800も好評です。

トロワキュイアサヌマ:デートにオススメ!隅田川を眺めながら美味しいフレンチ

asanuma1

駒形橋で江戸通りからさらに隅田川寄りの路地にはいり、そのまま駒形2丁目まで南下すると、ビルの2階にかわいい豚さんの看板が。ここは人気ビストロ、TROIS CUIT ASANUMA(トロワキュイアサヌマ)です。
お客さんの目の前で、炭火やプランチャ(鉄板)で今まさにシェフの浅沼さんが焼いてくれるという素朴なリズムと、ふと眼を横にやると水面を細かくゆらめかせながら悠々と流れる隅田川。抑えめの輝度の照明も相まって、心なしかお店の中はゆっくりと時間が流れるようです。
隠れた人気メニューが”グリーンサラダ”。マスタードやゴマを合わせた癖になるソースで、盛が良いのに気づいたら空になる一皿。コースは¥4500から ¥6500で、生ハムの塩気と桃の甘みが引き立て合うマリネや、シラスと野菜が入って賑やかなペペロンチーノ、そしてメインはもちろん、目の前で焼かれる淡路牛からエゾシカまで多種多様なお肉です。
一品料理も、”生うにとモッツァレラのオムレツ”¥980など粒ぞろい。ランチタイムにはカレーがあるのもフレンチでは珍しいですがこちらも好評なんですよ。

ルディック:本場のパリの味を。ジビエにも定評のあるフランス料理


こじんまりとしたお店ながら、浅草のフレンチ通がひそかにお気に入りにしているルディック。コルシカ島などを渡り歩いて修業された大塚シェフらしく、お料理はそこはかとなくカラリとした南仏の雰囲気をまとっています。”サンマとギリシャ風野菜のマリネ”等の野菜たちは、すがすがしい太陽を受けた姿に、マリネ液やドレッシングの俄か雨に濡れて食欲をそそりますし、”子羊の煮込みローズマリー風味”からは、伸び伸びと育った羊に、畑でとれたトマトとローズマリーで今夜のご馳走を作る農家の奥さん…という情景が浮かんできます。
料理というのは自然の美しさと恵みを、そこに携わるもののみならずより多くの人に知ってもらうのにまたとない手段ですが、フランス料理からは特に強くそれを感じます。多くの人が机の上で仕事するようになった今も、農家の喜び、漁師の喜びを味わわせてくれる。そんなルディックの真骨頂が、要予約のジビエ料理。定番のエゾシカのみならず、ヒグマやライチョウなどなかなかお目にかかれないジビエ肉。いったいどんなお味がするのでしょうか。それは、ルディックに訪れてのお楽しみということで。

ビストロモンペリエ:蔵前の小さなビストロで丁寧なお料理を

Juka Jukaさん(@fromdixyu)がシェアした投稿


いくら素材や調理器具が同じでも、フランス料理を熟知した料理人が手掛けないと、素晴らしいフランス料理は生まれない…。裏を返せば、珍しい食材でなくとも、名店のエスプリと浅草の空気が加われば、ここでしか味わえないフレンチの装いに食材は見事に変身するということでもあります。
これって、同じく浅草名物の金つばや豆感、稲荷ずしなどにも共通していますよね。どうやら、飾り気のない食材からスタートして無二の味わいに至らしめる何かが、ここ浅草の地にはあるのかも。そう思わせてくれる名店がここ、ビストロモンペリエなのです。
“パテ・ド・カンパーニュ”¥1500、”テリーヌポワソン”¥1600などの冷菜を、ほどよい温度のワインで流せば、周囲の空気は浅草から一気にフランスに。”子羊のロースト”や”鮮魚のロースト”各¥2700は、野菜料理と共に大皿にたっぷりと供され、香草の香り高さも相まって、夢中でナイフとフォークが進みます。これらはまさにクラシカルなフランス料理の醍醐味ですが、それが実にすばらしく追及されているという印象を受けます。実力派ビストロモンペリエで、古き良きフランス料理の世界へいざなわれてみてはいかがでしょう。

ビストロカンパーニュ:ワインが進む!素材が引き立つビストロ料理

meet
ビストロカンパーニュはフランスの田舎料理と家庭料理に力を入れたビストロ。
使い込まれた木の扉をくぐれば、橙色の優しい光と、ユーモラスなフランス雑貨がそこかしこに顔を見せ、さながら童話の世界のよう。フランスのかわいらしさという一面が垣間見えてなんだかほっとします。
“本日のキッシュ”は、香ばしく焼かれて小麦のうまみたっぷりのキッシュ生地の中に、キノコ、葉野菜、オニオン、チーズ..と、山の幸がぎっしりで、思わず顔がほころびます。”お肉屋さんの前菜盛り合わせ”は、杉の板にポークリエットと、パテ、生ハム、サラミ..と、これでもかというラインナップ。ちょっとこれでは、ワインやビールが進みすぎて、ほろ酔い程度じゃ済みませんね(笑)
“カキと野菜のグラタン”は、カキの殻ごと、ベシャメルソースとチーズがこんがりと焼かれていて、運ばれてきた瞬間からテンションが上がりますし、”ブイヤベース”は、〆にリゾットを作ってくれるのも、日本人にとって泣かせる心配り。温かい雰囲気とワインが進むお料理なら、このビストロカンパーニュで間違いありません。

イマージュ:気軽なのに本格!住宅街でリーズナブルにフレンチを楽しむ


お手ごろな価格設定と雰囲気ながら、お料理とワインの組み合わせの妙を存分に味わえるお店がイマージュ。
ランチは¥2000で前菜5種とメイン、バゲット、デセール、ドリンクと充実の”イマージュコース”など多数用意されています。
目を引くのが”気まぐれチーズinガレット” ¥1000。そば粉のクレープであるガレットの中には、野菜とチーズ、目玉焼きといった具がたっぷり。お昼に本格的なガレットを楽しむというフランスに行かなければなかなか味わえなかったことが、浅草で楽しめるのです。
“有機野菜グリル”¥1000は、赤カブ、ナス、アンディーブといった多彩な野菜たちが、グリルされることによって凝縮された甘みを引き出されており、ニンニクの風味がアクセントのソースをまとって、私たちを今や遅しと誘います。
“タブリエ・ド・サプール”は、ホルモンのひとつであるハチノスをパン粉焼きにしたもので、あのハチノスがこんなおしゃれに?と、フレンチの意外な一面を知ることができます。ボディーの強いワインにピッタリでしょう。
常時、10種類の本日のお勧めワインが、味のイメージを風景やイラストで表現したポートレートとともに用意されているのは、ソムリエ小森氏の細やかなお仕事。今宵はどんなお料理に、そしてどんなワインに出会えるのかと、足を運ぶ回数が増えるごとに一層楽しみが増えるお店なのです。

フレンチダイニングコフレ:深夜まで楽しめる飲めるビストロ

カルパッチョ
フランス料理といえば、まさに晴れの日のご馳走で、おめかしをして背筋を正し..というイメージが根強いと思われますが、ここフレンチダイニングコフレにはテーブル席でにぎやかにトークに花を咲かせるグループあり、小さいお子さんのいるご家族連れもあり、カウンターに一人静かに食後酒を傾ける紳士ありと、お客さんが思い思いの時間を過ごしています。このス敷居の低さ、とっつきやすさを提供できるのは、シェフの遠藤さんの懐の深さでしょうか。
そんな気軽な空気にして、食材へのこだわりは真剣。横浜のシュタットシンケンのハムやソーセージは、”フランク”¥800や、”焼きベーコンとマッシュルームマリネサラダ” ¥1200など、随所に登場してお料理に素晴らしいコクをあたえ、お野菜も有機野菜を仕入れているので、お肉やお魚のソースに絡めて、残さずに召上る価値は確実にあります。
アサリとクリームを使った濃厚なソースと豚肉の脂の甘みが合わさって、舌も滑らかになること間違いなしの “Coffret風豚バラのアレンテージョ”などで宴気分を盛り上げるもよし、ハード、ソフト、ヤギと充実の”チーズ盛り合わせ”をテイストしつつ、ワインをチビリとやるもよし。フレンチダイニングコフレで気ままな時間をお楽しみください。

しみいる-Simi:l:自然派ワインと選び抜かれた食材のフレンチを


見た目は隠れ家的古民家のフレンチレストラン、しみいる。このお店、中身はもっとマニアックなのです。
まずワインは自然農法自然醸造で作られるヴァン・ナチュール。高級ワインたちの味わいが明鏡止水の水面とするならば、ヴァン・ナチュールのフルーティーかつ酸味がささやく味わいは、さながら小魚や落ち葉がところどころに波紋を広げる水面といったところです。この表情豊かなワインたちに合わせるお料理も、日本の素材を中心に、無農薬野菜、契約農家からのお肉、そして鮮魚と、フランス料理に合わせた食材選びというよりも、食材のおいしさをフランス料理の枠にうまく誘い入れたという印象を受けます。
自慢のテリーヌは、パプリカの黄色、菜の花などの葉野菜の緑、ホタテのベージュ…と目にも鮮やかで、部分ごとにワイン、そしてソースと異なったハーモニーを奏でます。
“ふっくらと煮た穴子の一皿”\1,800は、山椒による和のハーブ感がワインとどんなケミストリーをするのかワクワクしますし、”鹿モミジ肉のポワレ”\2,800は豊かなトリュフの香りに包まれて、ワインとは王道の組み合わせ。開店して日は浅いですが、早くも浅草フレンチの人気店です。

エヴ?-Et vous?:お箸でも食べれるフレンチランチが人気


住宅街の一角に飾り気なくたたずむフレンチのお店、エヴ?。
お手ごろな値段でコースやアラカルトが楽しめるというだけではこの人気ぶりは説明がつきません。その秘密の一端は、コース全編にわたってちりばめられた野菜を用いた味作りだと感じます。
サラダやパテに付け合わせで登場する白いソースは、ペーストにしたカリフラワーに黒コショウで仕上げた創意あふれるもの。野菜料理に野菜のソースでうまみが増幅するちょっとしたマジックです。仔牛のローストに深みのある大人の味わいのマデラ酒ソースや、最上級シャラン産鴨胸肉のローストのピンク色の焼き上がりなどは、フランス料理を食べに来たという明確な目的をもって足を運ばれたお客様を満足させるおいしさで、オクラやサヤエンドウの見た目の面白さや、サツマイモのお肉との意外な好相性など、ここでも野菜がいい仕事を。デセールも、スイカやスグリを使ったひんやりとおいしいグラニテや、自家製ティラミスなど、甘さ一辺倒ではなく果物や新鮮なクリームのさわやかな風味が、まるで食後の時間まで素敵な余韻にしてくれそうです。ちなみにEt vousはフランス語で「あなたと」の意味合いのよう。名前のように大切な人とゆっくり時間を過ごしたいですね。

▲ このページのトップに戻る

by

お店・スポットへ応援コメントお願いします。

ニックネーム

年代

性別

アイコンを選択

メッセージ